JAZZが流れる午後

久しぶりにCDを4枚仕入れました。

ワタシがJAZZを「いいなぁ〜」と思ったのは
ほんとにここ数年なんです、
いろんな本を読んだりしながら
少しづつじっくり楽しんでるって感じです、
節操無く「良い!」と言われるのは聞くようにしてますが
まだまだ語れるには程遠いです(^_^;)
モダン・ジャズ時代が好きなので最近のはまったくわかりませんけどね
あの時代のミュージシャンはとても魅力的な人が多いので
飽きることないです、
ワタシは特にスタン・ゲッツが好きですねぇ
天才的なテナーサックス奏者として有名ですが
これからの季節だとあのボサノヴァ歌手のジョアン・ジルベルトと
出したアルバム「ゲッツ ジルベルト」は最高です(^^)

さてと、今回は・・
チャーリー・パーカー「サヴォイ・レコーディングス」

以前、クリントイーストウッド監督「バード」は
思い出に残る映画の1本です、
主演したフォレスト・ウィテカーが素晴らしかったんだよなぁ

そしてバド・パウエルの2枚
「ジャズ・ジャイアント」と「シーン・チェンジス」
マイルス・デイビス「カインド・オブ・ブルー」

いずれも名盤です、聞いてると・・
う〜ん、やはりウィスキー飲みたくなるね(^^)
あとマンハッタンに行きたくなる(^_^;)

今日の一枚は、マイルスのアルバム・タイトルの
「カインド・オブ・ブルー」で(^_^;)
しかし1曲めの「So what」・・カッコイイ!!

b0247073_1543390.jpg

by opaphoto | 2012-06-23 15:45 | 日々雑感 | Comments(2)

Commented by at 2012-06-24 03:52 x
JAZZは一時期ちょこっとだけはまりました。
なかなか奥が深すぎて、メジャーどころを聴いただけでしたがww
マイルス・デイビスとジョン・コルトレーンなんかはよく聴きましたー。
Commented by opaphoto at 2012-06-24 23:57
JAZZってBGMで流しててまったく邪魔にならないんですよねぇ
若い頃にマイルス聞いて挫折、理解不能でしたが
理解しなくていいと思うようになったら耳心地がいいというか(^^)
ただ、JAZZだけじゃなく相変わらずいろいろ聞きますけどね!