フォトハイキング雑感

三脚を持参しないフォトハイキングの場合、
山歩きスナップって感じで気楽に撮り歩きが楽しめます。

ただキッチリと風景写真に拘るなら三脚組むのがベストでしょう、
特に2000m以上の登山、一泊二日の山旅や縦走なら
ダイナミックな山岳風景、朝夕時などやはり三脚必須です、
満天の星空も撮れるしね!

日帰り低山ハイクの場合は気楽なだけに装備も気軽で
サクサクリズムよく撮影したほうが
気分的にもいいような気がします、
カメラに標準ズームのみが軽快です。
交換レンズを持参し、被写体に応じて交換したりしてじっくり撮るのも
いいでしょうけど・・そうなると時間がいくらあっても足りません!
ただでさえ撮影してるとコースタイムをかなりオーバーしますので
時間に余裕を持って行動しないと終盤慌てることになります、
山で慌てるとろくな事になりませんからね(^_^;)
まずは山歩きを楽しみながら切り取っていく・・
今回歩いてみてそんな感じがいいかなと思いました!

ただ低山でも山は山なので、
滑ったり転んだりは十分気をつける必要あるし
その場合のカメラやレンズの保護もちゃんと
考えることが大事です。
あと日帰り低山ハイクの場合はあまり天候の急変は気にすることないですが
雨が降ったら・・どうするか?程度は考えていたほうがいいですね!
防塵防滴ならそんなに気にする必要はないでしょうが、
カメラバッグのレインカバーくらいは常備してたほうがいいでしょうね。
雨もまた、なかなかいいシャッターチャンスがありそうだしね(^_^;)

さて、レンズ1本がベストだけど
標準よりもっと広角でダイナミックにとか、可憐な高山植物をマクロで・・
とか、もうその辺はきり無いですけど(^_^;)
行く山ごとに悩んでベストな最小限の組み合わせで対処するしか無いでしょうね、
たとえば大三元全部持参なんて・・相当気合い入れないと無理です(^^)

今回の結論、とりあえず日帰り低山フォトハイクは
「のんびり気楽に、装備は気軽に、山歩きスナップを楽しみましょう」
ということで。(^^)

b0247073_2334834.jpg

by opaphoto | 2013-02-14 23:04 | カメラ レンズ 機材 写真 | Comments(0)