RED WING 857

どこで買ったのかとかはよく覚えてないのですが・・・
この靴の刻印を改めて見れば1982年5月製造。
若かったなぁ〜オレ(^_^;) 22歳かよっ!
で、当時金のないワタシが無理してでも欲しかった憧れの靴、それが
レッドウイングのワークブーツ、アイリッシュセッター(^^)

もうかれこれ30年を超えた付き合いになります、
正直、こんなに履き続けるとは思いませんでしたねぇ〜
もともとアメカジ大好きなワタシが「生涯この一足あればいい」
と大袈裟に選んだのでした(^_^;) その後、当然他の靴も買いますけどね‥・(笑)

で、購入して履いてみると
革が硬い、白系の靴下が赤茶に汚れる、無骨・・・(^_^;)
履き心地そんなに良くない!と一時思いましたが
でもしばらく履き続けるとあら不思議!
少しづつ足と靴が馴染んできます、そして最終的には
極上のフィット感。
そうなるともう手放せません。
この靴がワタシにとって「ただの靴」を超えた瞬間です(^_^;)


まぁさすがにくたびれ感ありますが良き相棒です(修理前)
b0247073_18344494.jpg








ある時期から大事に履いていたんですが
でも確実に消耗します、
まずソールが磨り減り、そしてタン部分が破れ、それが進みました、
で、今回ソールの張り替えと
タンの部分のちぎれた箇所に革を当ててもらうために
修理に出すことにしました。



アイリッシュセッターのタグ、右にある「MADE IN U.S.A」の表記で80年代、
ちなみに「MADE IN AMERICA」なら70年代となります。
b0247073_18363872.jpg




刻印の数字は左が製造月、右が製造年ですのでこの場合82年5月製。
b0247073_18364297.jpg




スクエアステッチと呼ばれる四角い縫い目、これは80年代前半までしかありません。
b0247073_2093843.jpg





変なショップには出したくないので
ネットでそんなお店を探してますと
隣の松戸市内に1軒、良さげなお店を見つけました。
「靴修理のブレンハイム」
で、今からひと月前ほどに修理に出したのです、
オリジナルソールへの張り替えと修理で14500円也、
早速お願いして一ヶ月、本日修理完了品を取りに行きました(^^)



さすがにここまですり減るとね・・・(^_^;)
b0247073_18385646.jpg




で、新しいソールでの記念撮影(^^)
b0247073_18401870.jpg




お店のご主人(と言ってもお若いです!)に挨拶して
きれいになったアイリッシュセッターと再会、
ソールも眩しく、きちんとミンクオイルを施され艶やかになりました、
タン部分もアテ革で縫いつけて頂きしっかりなりました!
ご主人に「これ30年くらい前ですよね!」と話しかけられ
しばしお話(^^)
なんでも靴屋始めて今までに2〜3足しか実物見てないですよ
とのことでした。
改めて簡単な手入れ法を教えてもらい、久々にミンクオイルを購入、
またなにかあれば修理お願いしますと伝えお店を出ました。



ミンクオイルで月一はお手入れ(^^)
b0247073_18414594.jpg




自宅に戻り足を入れて室内を歩くと快適です、
新しいソールっていいですねぇ〜(^^)
この靴がデッドストック品でもこれまでどおり履き続けていきます、
「靴」ですから(^^)
でもいままでよりも少し手入れはちゃんとしてあげようと思います、
そして長く(一生)履き続けたいと思ってます。

by opaphoto | 2013-03-31 22:00 | モノ 道具 | Comments(2)

Commented by bigshot21c at 2013-04-01 23:51
ウチのは1991年9月なので、だいぶ先輩ですね。
私も23歳?昔はそのくらいの歳でやっと(無理して)買えたような?(^^
2、3ヶ月くらい前に、私も修理しようかと思っていろいろ調べてて、
こちらのお店も候補にしてました。
その後バタバタと検討中断してたけど、また考えます(笑)
Commented by opaphoto at 2013-04-02 23:32
まこさん、毎度です。
おおっ!まこさんの相棒も足に馴染んでそうですねぇ〜(^^)
しかし、同じ年齢の頃に購入してますねぇ(^_^;)
ぜひ修理してあげて下さーい!