2014GW・風薫る巡礼の旅・京都&奈良 【その1】

GWの京都へ、三年連続です(^_^;)
2012年は娘の引っ越しを兼ねてたんで「東寺」へ
行っただけでしたがその時の新緑溢れる京の都の気持ち良さに
魅せられ翌年は4日間、青もみじ巡礼旅を堪能しました。

今年も新緑の中の寺巡りがしたくなったんで
この時期の京都の定宿に泊まれるか連絡するとOK!(娘のトコ(^_^;)
京都にいるうちは最大限利用しないとねぇ。
ただ娘の友人たちにも人気の宿なんですが(笑)
ちなみにGW中、娘はほとんど仕事です。

ウチからの移動は去年と全く同じ、30日の夜スタート。
景色の見えないナイトドライブで約500K、午前2時頃に京都着です、
ひと眠りして7時起床。
去年も感じたんですがこのパターンだと移動の記憶があまり無くて、
夢見てたように目覚めたらいきなり京都!って感じでイイですね(^^)

さて、今回最初の見仏の地は
宇治の「平等院」です。
車で40分ほど走り、表門に近いパーキングへ駐車しました。
平等院は今年4月から鳳凰堂正面三棟の修理が終わり拝観が再開されまして
連日大勢の方が訪れているらしいです、そうでなくても普通に人気あるので尚更ですね!
まだ後ろの尾廊部分が修理継続中で完全に完成するのは10月のようです。

b0247073_22104899.jpg

【Nikon Df+Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21 ZF.2】




こりゃ~早めに行かないと混雑必至(~_~;)ということで
開門は8時半でしたが9時に到着・・ちと遅れた!
表門から拝観料を支払い入園、すぐに鳳凰堂内部拝観受付に向かい
ここで更に追加の拝観料を支払い拝観時間の記されたチケットを入手します、
拝観時間は「10時10分」5分前に集合とのことでした・・
あ~やはり少し遅かったか!9時半から一度に50名まで20分間なんで
ワタシらの前にもう100名いたのか・・(~_~;)


b0247073_2212282.jpg

【Nikon Df+Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21 ZF.2】


とりあえず園内で鳳凰堂を撮影したり、
鳳翔館(ミュージアム)見たり、
浄土院と不動堂でお参り&見仏し、御朱印貰ったりしてると
1時間はあっという間でした(^^)
その頃になるとかなり人も増えてます、団体さんとかも来てるし、
やはり平等院を最初にして正解でした、当初は午後からの予定にしてましたが
それだったら何時間待ちだったか・・恐ろしいっす(^_^;)

b0247073_22134083.jpg

【Nikon Df+Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21 ZF.2】

b0247073_22135096.jpg

【Nikon Df+Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21 ZF.2】

b0247073_221359100.jpg

【Nikon Df+Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21 ZF.2】


塗り替えられた平等院鳳凰堂は撮影してて楽しかったですねぇ~
阿字池の彼岸に建つもうお馴染みの風景なんですが
これが極楽浄土の姿ならばやがて訪れる「死」への恐れも納まり
身近で亡くなった人達もきっとあの世で「幸せ」にしていると
感じることが出来たのではないでしょうか、
今も昔もその思いだけは同じかなと思います、
そんなことをなんとなくぼんやり考えながら・・
どっから撮っても誰が撮っても平等院鳳凰堂・・
引いたり寄ったりボカしたり・・あ~構図難しいなぁ〜と。(^_^;)

内部拝観の列に並んで、いよいよ生きながら
極楽浄土・阿弥陀さんの元へ参りまーす\(^o^)/
まずは手前の平橋を超え小島へ、そこから反橋を超え鳳凰堂へ、
うーん、興奮最高潮!!
そして出ました!ドカーンと丈六の阿弥陀如坐像、国宝っす(*´∀`*)
平安の大仏師・定朝の傑作ですね。
光背が素晴らしい、天蓋のギリギリまで伸び、さらに突き抜けていくような・・
もう見ているワタシも吸い込まれそうなこの無限感、カッコいい!(^^)
天蓋の装飾も浄土級の美しさ・・(なんだ浄土級って?(^_^;)
そしてその壁に眼を移すと・・いましたぁ~!!
大好きな雲中供養菩薩達です、冬に六本木のサントリー美術館で会いましたが
やはりここで見てこその優雅さを感じます、一体ずつ見てるだけで楽しくなりますねー、
相変わらず踊ったり楽器演奏したり、もう雲に乗らせたら孫悟空以上のカッコ良さ(^_^;)
いつまでも見ていたいこの世界観、素敵です。
そしてまたその中央にいる阿弥陀さんへ眼を移します、
阿弥陀如来の眼に引き込まれます、
その眼差しはどこを見てるのか・・阿字池の対岸を見てるようで、実はどこも見てないような・・
「無」という言葉が浮かびます・・、悟りとは「無」なのか?
「無」ってなんだ?あー煩悩だらけのワタシにはわからん(~_~;)
わからんけどとりあえずワタシもこの浄土から対岸の生きてる人々を見ると(^_^;)
コチラに向けて夢中に写真なんぞ撮ってる人々、
順番待ちでウロウロしてる人々、端で座り込んでるオバちゃん達、
制服姿の学生達、恋人同士、家族連れ、単独の旅人・・・
みんな煩悩にまみれておるのう・・(ほっとけ!!)(^O^;)
そして、あっという間の20分、反橋、そして平橋を渡り
悟ることのない煩悩ワールドへ戻りました(^_^;)


b0247073_22174546.jpg

【Nikon Df+Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21 ZF.2】

b0247073_22175467.jpg

【Nikon Df+Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21 ZF.2】

b0247073_2218668.jpg

【D7000+AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR】



境内の藤棚はなんでも枝整理で剪定したらしく花房はほとんどありませんでしたが
わずかに咲いてる藤の花を見てると煩悩だらけのこの世界も愛しく思えます。
鳳凰堂の阿弥陀如来へ心のなかで一礼し、表門から出て少しだけ参道を歩きました。
・・・眼に飛び込んでくるのはまさに宇治茶だらけ(^^)
観光客も駅の方からどんどん来てます。
駐車場へ戻ると「満車」表示!

b0247073_22183293.jpg

【Nikon Df+Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21 ZF.2】

b0247073_22184491.jpg

【D7000+AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR】

とりあえず宇治を出ることにします、
宇治橋を渡り次の目的地方面へ向かいました。


<その2へ続く>


【平等院で頂いた御朱印】

b0247073_22213674.jpg
b0247073_22213965.jpg

by opaphoto | 2014-05-08 22:30 | 京都&奈良&近畿 | Comments(2)

Commented by rollingwest at 2014-05-09 06:50
このGWは奈良京都に行かれたのですね。小生は10年前に2年半ほど関西勤務だったので色々な寺社・史蹟・観光地を巡りましたが、また当時の思い出が蘇って来るようで懐かしいです。10円玉デザインで憧れだった平等院鳳凰度にも10年前にリニューアル直後に訪ねました。源氏物語の痕跡を探しながら宇治川の雰囲気いい散歩道を歩いたことが懐かしいですね。
(PS)こちらも5月に本編記事・洋楽記事ともにリニューアルしておりますのでまた遊びに来て下さいね。
Commented by opaphoto at 2014-05-09 22:04
rollingwestさん
こんばんは!
関西勤務とは羨ましいです、
四季折々の名刹巡りが楽しめますね!