2014・山形夏旅日和【4】ー いい酒といい肴 ー

夕暮れの鶴岡駅前からタクシーで市の繁華街の中心、本町方面に向かいました。
店名を告げると、運転手さんはご存知なようで
道中軽い観光案内など交えながら向かってくれました。
昼間訪れた天主堂が川の向こう側にあるようですが見えません。
車窓を流る風景を見た感じではスナック系のお店が多いようです、
今日は月曜だから残念ながらお休みの店が多いですよ、と教えてくれましたが
とりあえずスナックへ行く予定はないので曖昧に返事しておきます。
繁華街といっても規模は小さいです。


そうこうしてるうちにタクシーがお店の正面に停車!
あの太田和彦さんがBS11「ふらり旅 いい酒 いい肴・鶴岡篇」で
紹介していた名居酒屋「いな舟」です\(^o^)/
店構えを見て、おおっ!テレビで見たまんま(当たり前です)ちと感動します。
駅からここまで時間があればのんびり歩いて来るのもいいかもですね。

【鶴岡駅の夕景】
b0247073_22391843.jpg







【前夜寿司店で頂いた酒は初孫(魔斬)でした】
b0247073_22412165.jpg




特に予約も入れてなかったんですが、まぁ大丈夫だろうと思いつつ
暖簾をくぐリます、すぐ目に入るのは左側の広いカウンター
10席ほどと右手に小上がり数席。
カウンターの中から見覚えのあるお顔、山形美人の女将さんが笑顔で迎えてくれました
・・・テレビのまんま・・(当たり前ですが(^_^;)
生憎カウンター席はほぼ満席なので、小上がりへ、
カウンターが良かったのですが、少し出遅れましたね・・これはしょうがないっす。

カウンターにいる先客の足元を見ると皆さんザック持ち、
恐らく羽黒山詣での帰りに寄った観光客のようです。
女将さんがお品書きを持って来たので、とりあえずご挨拶(^^)
この時点で終わった食材があるということなので、オススメの
お任せコースでお願いしました。
とりあえず暑いので生ビールを注文し、それを飲みながらお通しをつまみつつ
お店の雰囲気を味わいます、なんか初めて来たのに懐かしい感じがします(^_^;)
女将さんが常連客と話してる庄内弁がまたイイですねぇ~
「〇〇ですのぉ」ってテレビで聞いて知ってましたが
やはり生の方がいいですのぉ~(^_^;)


b0247073_22441368.jpg



b0247073_22442264.jpg


【弁慶飯】
b0247073_22442948.jpg



出される郷土料理の数々は素材の味を活かす優しい味付けで美味しいです、
新鮮で旬なお刺し身や煮魚料理もいいです!となると・・
やはり日本酒ですねー、お薦めを聞くと・・・「栄光富士」
チビチビいきたいので辛口をぬる燗で頂きます、さすがこの地の酒は
この地の料理に当然合います。いい酒、いい肴で幸せです(^^)
次から次にお料理、「鯛のかぶと」まで出てきます。
となると・・お酒追加(^_^;) 次のオススメは「大山」
うーん、ヤバい、コレもいけちゃうなぁ~(*^_^*)

途中、太田和彦さんの番組話で盛り上がりました、
やはりテレビの宣伝効果は凄いらしく、
放送後は全国から訪ねて来られるそうです、飲兵衛どもが・・ワタシもか(^_^;)
さて、シメは「弁慶飯」味噌オニギリを菜っ葉で巻いた郷土料理は胃にやさしいっす。
すっかり満足したのでお勘定を済ませ、美人の女将さんに見送られ「いな舟」を後にしました。

外へ出ると、久々に感じる「夜」の気配、
つまり・・暗いんですけどね(^_^;)
コレがイイです!この暗さが懐かしい、
夜は暗く怪しい方がいいんです、そんな暗い夜道を
ほろ酔いでトボトボ歩いてると遠くに見えるBARの灯りが
妙に素敵に見えるんです、誘蛾灯に誘われる蛾のようについふらふら・・
コレが正しい夜の過ごし方なのかもしれません(*^_^*)

「いな舟」さんから歩いて5分ほど・10分はかからない位?
次に向かったのは「南蛮居酒屋89」「89」は「やぐ」と読みます、
オーナーのお名前「矢口さん」です(^^)
鶴岡市では古いBARなんですね。
太田さんのテレビを拝見した時にそんな「89」の歴史を語られてて
それを見ながらカミさんといつか機会があれば行ってみたいなと話してたんです、
すぐにそうなりましたけどね(^_^;)
先代の店主であるご主人が20年前に他界され
それ以後お一人でこのお店を守り続けてこられた御年77歳の店主兼
女性バーテンダー、年齢を感じさせない矍鑠とした仕事ぶりを見て驚きました、
テレビでは御夫婦でありながらも仕事は見て覚えろというご主人に
かなり厳しく鍛えられ、グラスの磨き方も怒られながら覚えたとおっしゃってました。
・・その御本人とこれから会えるのかと思うとワクワクです(*^_^*)


b0247073_2248275.jpg



早速ドアを開きますと、カウンター内の矢口さんと目が合います!
挨拶して中へ、先客は2名、カウンターの奥に座ります。
8名も座れば満員となりそうな店内、
なんとなく聴き覚えのあるトランペットが流れてます・・なんか知ってるなぁ〜・・
って、これクリフォード・ブラウンの名盤「with strings」じゃないですか!!大好きです(*´∀`*)
ワタシもこのCD持ってまーす、事故で亡くなる1年ほど前録音されたスタンダードナンバー集、
当時ブラウニー(愛称)は24歳です・・つまり25歳で亡くなってるんです。
トランペットってすごい楽器だなと思わせてくれたクリフォード・ブラウン、そんな
天才トランペッターは永遠に25歳のまま輝き続けてるんです・・・あれなんか違う話に
なってきたので・・音楽の話は別の日に違うカテゴリーで(^_^;)


b0247073_22475372.jpg



放送されてたテレビでは気づかなかったけど、ここはJAZZが流るBARだったんですね、こりゃいい!
しかもブラウニーのトランペット・・こりゃ〜飲み過ぎ注意だな・・(^_^;)
矢口さんに挨拶してとりあえず「冷っこいの」を注文しました、
「冷っこいの」はスカイボールですね、ウォッカトニックを冷やした銅のマグカップで出してくれます、
暑い山形の夏にはぴったりじゃないでしょうか(^^)・・・まぁ夏以外でもね。


b0247073_2248141.jpg



その「冷っこいの」を一口飲んで口中爽やかになった時に、
先客の御夫婦の旦那さんから、「先程、いな舟で・・」などと云われ、
こちらも思い出して、「あ~カウンターにいらっしゃった!」みたいな流れで
大いに盛り上がりまして、楽しい時間を過ごせました、
東京都下にお住いだそうで、今回の山形旅は夜行バス利用の強行日帰りコースだとか(^^)
やはり太田さんの番組を見たらしく参考にされたそうですが
別に太田さんファンでは無いみたいです(^_^;)
バスの時間ギリギリまでいらっしゃいました、楽しい出会いでした。

b0247073_224838100.jpg



さて、その後はワタシら夫婦と矢口さんで静かな時間を過ごします、
相変わらずブラウニーのトランペットが心地良いです(*^_^*)
あ〜やはりワタシはモダンジャズが好きだなぁと思いつつ
この店のオリジナルカクテルを頂きます。
いろんな話をしていると、まるで時間が止まってるようです、
カウンターを照らす灯りが「山寺」で見た不滅の法灯のような輝きを放ちます、
ある意味、矢口さんのこのお店も不滅であってほしいと願わずにはいられません。


b0247073_2249395.jpg



b0247073_224956100.jpg



いきなり店内に置いてあるボンボン時計の音が鳴ります、
さっきまでは気づかなかったのに・・。
止まってた時間が動き出したようです(^_^;)
帰る時間だと知らせてくれました、矢口さんがタクシーを呼んでくれます、
最後に心温まるお土産まで頂き、お礼を言って店を出ました。
「先代マスターはいつもカウンターの中に一緒にいてくれてるんです」
そう言った笑顔がとても素敵でした。
「矢口さん、また会える日まで、どうかお元気で」

外へ出ると路地は相変わらず「正しい夜」の中にあります、
そんな「夜の闇」の心地良さをタクシーのヘッドライトがかき消しました。

「89」の店内を少し撮影させて頂いた中にご主人と御一緒のイラストがコースターに描かれてました、
その原画が壁には飾ってありました、それを見た時に
流れてたブラウニーのアルバムの中にある名曲「Memories Of You」を思い浮かべました。
鶴岡の夜はとことん静かです。


Memories of you...
b0247073_22502430.jpg




<続く>

※掲載画像の撮影機材はすべてRICOH GR DEGITAL Ⅳ。

by opaphoto | 2014-08-19 22:53 | 旅日記 | Comments(0)