2015 春・週末旅 桜色の京都慕情 其の四

二日目の朝、雨音で目が覚めます。
あ~予報通り雨が降ってます、
しかも少し寝過ごしちゃいました(^_^;)

桂駅から嵐山へ向かう電車は意外と混んでます、
さすがです、観光客は雨なんかじゃヘコタレません(^^)

渡月橋を渡りながら山桜を愛でます、
嵐山の目抜き通りをぶらぶら歩き、
途中のバス停からタイミング良く来たバスに飛び乗ります!
行き先は大覚寺。
当初は歩いていく予定でしたが雨なんで・・・。


b0247073_21184063.jpg





b0247073_21184368.jpg



b0247073_21184681.jpg




さて、大覚寺、ここは桜というよりは・・・仏です(^_^;)
空海宗祖と仰ぐ真言宗大覚寺派の本山、
そして空海の庇護者、嵯峨天皇が建立した、空海好きには外せないお寺です(^^)
そして空海といえば仏像!会いたかった仏像達がいらっしゃいます!
それは五大明王像です(*´∀`*)
この大覚寺は日本で最初の五大明王を空海が自らの手で祈祷されたと有りますから
ここを見ずして五大明王は語れませんね。
雨の日はお堂内ぶらぶらに限ります(^_^;)

b0247073_2121014.jpg



なんとなく地味な玄関から入り、
受付で拝観料金を支払い、御朱印帳を預けて中へ、
人はいますが混んでません、雨の恩恵かな(^_^;)
諸堂を結ぶ回廊を歩きます、
さすがに歩いてて気持ちがいい。
宸殿から見る勅使門と印象的な一本の桜が京都っぽさを
演出してます、ステキです。
御影堂からいよいよ五大堂へ、
お堂へ上がります、目の前に5つの厨子が開かれ
ライトアップされた五大明王と対峙します!
ちなみにこの大覚寺には五大明王像は3セット(そういう言い方でいいのか?(^_^;)
有りまして、五大堂の五大明王像は戦後に新造されたものです、
ならあとの2セットは?となるわけですが・・・
この後にいく霊宝館にちゃんと安置してあります(^^)
ちなみに霊宝館は春と秋の公開ですので
もちろん公開中です\(^o^)/

b0247073_2121336.jpg


b0247073_21215232.jpg



とりあえず五大堂の五大明王像にご挨拶です、
中尊に不動明王、左右にそれぞれ2軀
向かって左に降三世明王・金剛夜叉明王、
右に軍荼利明王と大威徳明王、
いつも思うんですがこの姿、すさまじい造形、素晴らしいですねぇ~
そして・・・カッコいい!!!
そういえば初日の醍醐寺でも憧れだった五大明王に会えたし
こりゃ今回は五大明王と桜の旅だなぁ(人´∀`)
居心地のいいお堂なんで
時間の許す限りボケ~と座って観ておりましたよ、
至福の時間でした、見せ方もいいし大満足です。

b0247073_2122920.jpg



五大堂を出ると目の前に大沢池、
雨でなければ大沢池一周歩きも楽しいんですけどね、
大沢池から見る大覚寺の伽藍を撮影したかったけどなぁ~
それはまた次回の楽しみに・・紅葉の頃にでも(^_^;)
しかし、大沢池まで含めて広大ですね、
雅な大伽藍、この空間設計、まさに嵯峨の地に大覚寺有りですね。


b0247073_2123958.jpg



b0247073_21231136.jpg



b0247073_21231393.jpg



次に安井堂天井雲龍図などを見つつ、
御影堂の裏にまわり霊宝館へ入ります。
霊宝館というより収蔵庫って感じですね、
実際、以前はそう云われてたそうです。
現在、春季特別名宝展でして4月3日~6月1日まで
お宝が公開されております。
この日は4月5日なので始まったばかりなんですね。


b0247073_21243634.jpg



霊宝館に入るといきなり飛び込んでくるのが
大覚寺御本尊、仏師明円作 重文の五大明王像、
さらに室町時代の五大明王像(3軀が重文)も展示されてます、
そして五大明王の中には入ってませんが愛染明王もいらっしゃいました!
愛染明王もカッコいいんですよねぇ~(*´∀`*)
他も見応え充分で大満足でした。

更に広い伽藍の迷路を進み正寝殿、秩父宮御殿など
巡り、受付へ戻ります、
その前に売店見物、いやいろんなモノ売ってますなぁ~と
見つつ、ついつい五大明王のポストカード購入っす(^_^;)
撮影できないものは購入しないといけませんからね!
撮影といえば大覚寺内の回廊など仏像以外は
ほとんど撮影可能でしたね
それだけでもまた再訪したいと思わせてくれます、
次回は晴れの日に来て大沢池一周しなくちゃ!

b0247073_2125172.jpg



b0247073_21252398.jpg



大覚寺を出てもまだ雨は止む気配なし、
門前の蕎麦屋でランチを済ませ、
次のお寺へタクシーで向かいました。

<続く>

by opaphoto | 2015-04-15 21:25 | 京都&奈良&近畿 | Comments(0)