2015 GW・新緑の聖地見仏巡礼旅 その2

【高野山・金剛峯寺~奥之院~壇上伽藍~霊宝館~大門】

いよいよ高野山の聖域・奥之院へ向かうために降りたバス停は「奥之院前」
ここからだと1K程歩けば御廟に到着します、
帰りは「奥之院口」まで2K程歩く予定です。
とりあえず入り口の近くにある甘味処で焼饅頭補給っす(^^)
ベンチに腰を下ろし見上げれば快晴の空、
気持ちいいです。

石灯籠の続く巡礼路をトボトボ歩いて御廟へ向かいます。
やがて無数とも思える石塔と空を覆うような杉木立に包まれます、
木漏れ日の陰影を辿りながら進んで行くと
右手に御供所、その隣に護摩堂が見えてきました。

納経所があるので早速、例の御朱印帳のことを聞いてみると
ヒノキ製は直ぐに完売したそうでもう無いと言われましたが
杉製はありましたので早速そちらを購入しましたぁー\(^o^)/
で、先ず1ページ目に奥之院の御朱印を頂きます、
スラスラと書かれた文字は・・・「弘法大師」おおっ!カッコいい(^^)
御廟のある奥之院で弘法大師空海のサイン貰っちゃいましたー、有難うございますm(_ _)m

b0247073_21133476.jpg




b0247073_2114995.jpg



b0247073_21144664.jpg



b0247073_21144965.jpg



隣の護摩堂にも参拝します、丁度タイミング良く
後ろに設営されたテント内に座られてたご婦人たちが
一斉に読経開始、チーンと打ち鳴らす鐘の音が辺りの空気の中に
溶け込んでいくようです、この音は人々の邪念を払うと言われてますが
素直にそう感じますね。荘厳な気配が漂い始めます。

b0247073_21182171.jpg



b0247073_21155234.jpg



水向け地蔵達の前を抜け、御廟橋の手前に立ちます!
橋の向こうは高野山奥之院の中でも最も聖域とされている場所です、
あ~この風景、やっと来たなぁ~と、しみじみと感動します、
TVや写真などで何度も見てるあまりにも有名な御廟橋から燈籠堂が見えるこの構図。
この橋を渡れば奥の御廟に弘法大師空海がいらっしゃいます(*´∀`*)
ここは絶対写真撮影禁止エリアですのでワタシはカメラを仕舞いました、
でも先の方で記念撮影中の方が見えますが・・・(ー_ー;) 

そして御廟橋を渡りました。

燈籠堂に入ります、薄暗い堂内、揺れる燈籠の灯り、
ただ静かです。
中央に座り御挨拶をして、お堂を出て裏へ回ります、
立入禁止の柵の手前で立ち止まります、
御廟です。
うーん、何も言えません!
何も言うことの出来ない空間です、
ただただ感謝です。

御廟橋を渡ります、振り返り、静かに一礼します。
いままでいろんな御影堂を観てきましたが
さすがにここは違いましたね、
下手なコメント言うに及ばず・・・(^_^;)
弘法大師空海は生きてます。

b0247073_21163859.jpg


b0247073_212049.jpg


b0247073_21201244.jpg



今度は奥之院口まで歩きます、
数多い供養塔に歴史上の有名な名前が刻まれてます、
苔生した石、空へと伸びる杉はまるで死者の想いを天に届けるようです、
数百年に渡る人々の祈りの蓄積、慰霊、
いろんなことを感じながら歩きました、
自分と向き合える、そんな時間が過ごせたように感じました。
中の橋を超え一の橋を超え奥之院を出ます。

b0247073_21202656.jpg



b0247073_21202928.jpg



鈍感なワタシもここで初めて空気が変わったと実感しました!
やはりこういう場所はあっていい、人は畏敬の念を忘れてはいけないと
痛感しましたね。難しいことではなく自分が一番大切な人を思うその気持が
祈りであり、それがこの聖地、奥之院にあると思いました。
素敵な時間を過ごせました。

b0247073_21244283.jpg



b0247073_21204370.jpg



奥之院口でバスを待ち、もう一度金剛峯寺へ戻ります、
御朱印を買ったばかりの御朱印帳に頂きました。

次に目指すのは、金剛峯寺から徒歩5分ほど
壇上伽藍です。

<続く>

by opaphoto | 2015-05-13 21:22 | 京都&奈良&近畿 | Comments(0)