2015 GW・新緑の聖地見仏巡礼旅 最終回

【 竹生島(宝厳寺)】

5月5日の火曜日、GW旅最終日は朝から気持ちの良い快晴、
絶好のドライブ日和です(^^)
この日に向かったGW旅最後の目的地は
琵琶湖の聖地・竹生島。
以前から一度は行ってみたいと思ってた島です。

まず京都市内を抜け、大津市へ向かいます、
地図で見ると大津市は琵琶湖の南西部、
市内に入ると地方の港町的な雰囲気が漂ってます、
161号線に出て、並行するJR湖西線と共に北上していきます、
しかし、右に見える琵琶湖の広さ!
これは海ですね(^_^;)

湖西線から付かず離れず到着したのは
奥琵琶湖エリアの近江今津。
近江今津駅もすぐ近くに有ります。
この時は駅近だったんだと思っただけでしたが
後々、電車で来てればと後悔しちゃうことに・・(^_^;)
まぁ、話を進めます。

b0247073_16573552.jpg





さて目的の竹生島の位置は琵琶湖の上の方、
奥琵琶湖エリアの真ん中辺りに
浮かんだ島ですから当然船で渡ることになります。
渡船は西岸からは今津港、東岸は長浜港を利用します、
で、感じたのは圧倒的に長浜港から訪れる方が多かったですね!
島を出るときに長浜行きは相当並んでましたが
今津行きはガラガラでした。

b0247073_16575312.jpg



利用した琵琶湖汽船の場合、
竹生島往復は一時間に一本位出てます、
で、GW中は増便がありました。
乗船時間は25分、竹生島滞在時間は75分、往復料金は2590円。
もちろん滞在時間は自由なので船の時間に合わせればいいだけです。

出船時間が来て船に乗り込みます、釣りではないのになぜかワクワクします(^_^;)
出港すると湖上はかなり強風でしたが
あまり影響はありませんでした。
デッキで風に吹かれてると海風と違いさらっとしてて気持ちいいです。


b0247073_16583369.jpg



遠くに見えてた竹生島がどんどん近づいてきます、
竹生島といえば「弁財天」の聖地、
そして湖底に龍神が住むと云われてる神聖なる超パワースポットです。
いろんな寺社の池によく弁天堂があるんですが、
有名なところだと上野寛永寺の不忍池ですかね、
あそこにも弁天堂が建立されてますよね。
不忍池が琵琶湖、そして竹生島が弁天堂としてなぞらえてあるんですね、
今回やっとその本家本元へ来ることが出来ました、感慨ひとしおです\(^o^)/


b0247073_16585079.jpg




島に近づくとバスボートが1艘プカプカとBASS釣りしてるのが見えます(^_^;)
ここはBASS釣りの聖地でもありましたね(^^)
一度も釣りしたことないですけど、この広さなら当然バスボート必要ですよ、
今、もし釣りするなら・・・ガイド頼んだほうが手っ取り早い、そんな気がします(^_^;)


b0247073_1659441.jpg



竹生島に上陸。
今津港から乗船した方は少なかったのですが
島に上陸したら結構人が居ます、長浜からの観光客が多いのですね。
いきなり売店が数軒並んでます、
その奥にある拝観券発売所で購入して竹生島宝巌寺の境内へ入ります、
というか上陸した時点で島全体が境内、宝巌寺そのものなんですよね。


b0247073_1702886.jpg





下から見上げると島の斜面に沿ってお堂などが建立されてます、
よく造ったなぁ~と感心しますね、
石段を上り、まずは竜神拝所へ入ります、
神社の売店がありいろいろ販売してました、
そして名物の?「かわらけ」を買い求める観光客が並んでます(^_^;)
下に見える鳥居に目がけてかわらけ投げをしております、
所内の中央に竜神の祭壇があり両脇に一対の蛇像が置かれてます
竜神は蛇を従えてるのかと思いながら
その祭壇越しに見える琵琶湖を眺めておりました。


b0247073_16592395.jpg



竜神拝所を出て見上げる石段の上に国宝建造物、都久夫須麻神社本殿。
都久夫須麻神社は宝巌寺から分かれたわけですが
元は宝巌寺の本堂の場所だということです
明治の愚法 神仏分離はこの小さな島にも影響を及ぼしてます(>_<)

b0247073_1704046.jpg



あと、やはりここへ来れば万城目学の「偉大なるしゅららぼん」を思い出しますねぇ~、
琵琶湖に纏わる面白い話でした!この竹生島を始め周辺地が小説の舞台なんですが、
この竹生島に湧く琵琶湖の御神水がありまして
それが物語の中で重要な意味を持ってるんですよね。

b0247073_1705069.jpg



とりあえず神社でお参りして、重文の舟廊下を渡ります、
ちなみにこの時は唐門や観音堂、舟廊下など修理中でして、
平成25年から始まってて完成は平成30年とのことです。
舟廊下から国宝の唐門を出て更に急な石段を上ります、
途中で振り向くと美しい琵琶湖が光に輝いて見えてました。

b0247073_171764.jpg



上りきると開けた場所に出て、正面に宝巌寺の本堂(弁財天堂)が見えます、
そして参拝者が並んでました・・。
左を見ると納経所がありここも若干並んでますので
先に御朱印を頂き、参拝の列に並びます。
皆さん、弁財天には何かとお願いすることが多そうですね(^_^;)
やっと順番が回ってきて手を合わせます、
竹生島の弁財天・・効きそう!(^^)
というのも日本三大弁財天の中でも竹生島のそれは頭に「大」が付き
「大弁財天」と呼ばれてるらしいです!
ちなみにあと二つはどこかというと
鎌倉の江ノ島と安芸の宮島です、
宮島だけまだ行ってないなぁ~。

b0247073_1714887.jpg



本堂内を見仏してからお堂を出て
更に少し上り、三重塔へ。
ここでしばらく休憩して眼下の琵琶湖を眺めます。
この島へは弘法大師空海も伝教大師最澄も修行で訪れたと云われてます、
今回、高野山から比叡山と巡った旅、
この竹生島でお二人が繋がったと勝手に喜びました(^^)
そんなことを考えながら、なんとなく時計を見てビックリ、
予定してた船の出船時間が迫ってるじゃないですか!
慌てて下りますが・・・間に合わず(T_T)
次はまた75分後か・・・と思ってたら
GW中の増便があるそうで、20分ほどで次の船が来ました、
この日頂いた竜神パワーを少し使った気分です(^^)

b0247073_172191.jpg



今津港に向かう船から竹生島を眺めます、
近江風土記にある竹生島伝承では
この島は、とある山の高さ比べのいざこざで「切り落とされた首」なのです(^_^;)
面白いですね、そう見えなくもない所が(^^)
竜神と大弁財天の聖地、竹生島、今回の旅の最後の聖地巡礼が終わりました。


b0247073_1713791.jpg




今津港に着き、来た時と同じ161号線で京都中心部へ戻ることにします、
しばらく順調に進みましたが途中から渋滞が始まり、そのうちトロトロ状態、
・・・・しかも停車時間がどんどん長くなってる(T_T)
横を琵琶湖サイクリングを楽しんでる方々が
何台も何台も軽快に抜けていきます、あー自転車いいなぁーーー!

停車中の車内で渋滞情報などいろいろ調べたら・・
なんとかなり先で事故発生してるらしい、正面衝突とか・・
事故処理が長引いてるみたいです、
その影響でどんどん渋滞が伸びてます、
しかも運悪く161号線には迂回路がなく、大津までは我慢するしかありません。

それでもこのまま進むのは相当時間かかりそうなので
地図を見て遠回りだけど367号線を走ることにします、
161号線のUターン出来る場所まで我慢して進み、とりあえず発車した今津へ戻ります、
無駄な時間だったなぁ~(>_<)
今津から若桜街道で中へ入り367号線で京都中心部へ戻ります、
ということは、前日と同じ三千院の前を抜けていくことになります。

緑溢れる長閑な田園風景と安曇川の流れを見ながら
日本の原風景の中を車は快調に進みました、
途中、滋賀県から京都府へ入ります、しばらく進むと大原です、
目に優しい風景が続きます、たしかあのベニシアさんもこの辺りに住んでますよね、
結果的には渋滞のお陰で(^_^;) いい風景に出会えましたね。

三千院の近くまで来ると馴染みの道です、
で、そこから渋滞が始まりますが
なんでもお祭りでお神輿が出てるみたいですね、
そりゃ~しょうがない!(^^)

b0247073_1723476.jpg



京都中心部へ着いたのは夕方近く、娘の用事に付き合ってから
イノダコーヒー本店へ行ってみました。
禁煙だと伝えると通された席はメモリアルルーム、
創業当初のデザインらしく、席に座るとタイムスリップしたみたいです、
今夜、東京へ向け出発するので酒は飲めませんからコーヒーを飲みます、
ついでにサンドイッチを頂きました、美味しかったです。
最後の京都時間をのんびり過ごし、夜の三条通をトボトボと駐車場へ向かいました。

b0247073_1722592.jpg



21時頃に京都を出て東京へ向かいましたが
途中、あちこちで大渋滞にハマり
御殿場辺りで夜明けを迎えました・・・( ´゚д゚`)
あんなに眩しい朝日を見たのはずいぶん久し振りでしたね。

というわけで、2015年のGW旅も終わりました。
開創1200年の高野山から始まり、最後は琵琶湖の竹生島まで
巡礼と称したぶらぶら旅ですが、今回もまた素敵な時間を過ごせました。
静かなお堂の中で仏像と対峙していると
色んな意味で「元気」を貰えるんですが、
今回は高野山と比叡山、それぞれ御本人から直接「力」を頂いたような気分です\(^o^)/
空海さん、最澄さん・・・有難うございました m(_ _)m
そして・・・またいつか逢いにいきまーす(^_^;)

<終わり>

by opaphoto | 2015-07-04 17:05 | 京都&奈良&近畿 | Comments(2)

Commented by bigshot21c at 2015-07-04 18:50
35mmの画角が心地良い旅行記でした。(^^
すっかりご自分の感覚にフィットしているようですね。
それにしても…京都、行きたいなぁ(苦笑)
Commented by opaphoto at 2015-07-05 22:05
まこさん、ありがとうございます!
35mmはいい画角ですね、
今回単焦点を使用してみてしみじみ感じました、
家族揃っての京都旅行、もうそろそろでは?(^_^;)