2015 房総紅葉ウォーキング

昨日の土曜日、房総の有名紅葉ポイント
養老渓谷へ行ってきました。
今回歩いたのは養老渓谷定番コースのひとつ
「大福山~梅ヶ瀬コース(約10K)」
前日の大荒れの天気も影響してかなり散ってまして
見頃を過ぎた感がありましたが
その御蔭かどうか人も少なくて、
むしろ静かな里山渓谷歩きが楽しめました。



b0247073_2244422.jpg






朝早くから久々の館山道を下り、
養老渓谷駅の駐車場へ。
空きスペース停車後、・・・と言ってもワタシらの車だけで停め放題(^_^;)
駅舎へ入り、ウロウロしてる猫の駅員に挨拶して
係のおばちゃんに駐車場代(1日500円)を
支払い領収の紙切れを貰います。
それをダッシュボードの上に置いてのんびり歩き出しました。

b0247073_2227562.jpg


そこへちょうどタイミング良く下りの電車が来ました、
前回この小湊鉄道のサイクルトレインを利用して
上総中野駅まで行き、そこから五井駅までサイクリングしたことを
思い出します。そうそう今度はそこからいすみ鉄道へ乗り継ぎ、
終点まで行って房総横断したいと思ってたんですが
今年は無理でしたね、来年春にでも走りたいもんです。
とりあえず電車を撮影してから大福山へ向かう車道を歩いていきます
過去に何度か歩いてるお馴染みのコースなんで
先が読めるから気分的に楽なお散歩って感じです、
天気も良く日差しも心地良くて
時折吹きぬける風にも冷たさはありません、
師走だってことを忘れちゃいます。

b0247073_22291268.jpg



b0247073_22291532.jpg



b0247073_22292380.jpg



b0247073_22304984.jpg




ひたすら車道を歩き大福山展望台に到着、
螺旋階段を上って展望台の上へ、
ここで標高285m・・低ッ!
でも連なる山並みや東京湾越しに見えるビル群など
見晴らしはいいです、
ひと休みしてから少し車道を進むと梅ヶ瀬渓谷への案内板があります、
そこを左へ入り下っていきます、ここからやっと山歩きな感じになります、
下から上へと登る逆ルートも有りますがワタシらはいつも楽な方、一択です(^^)

b0247073_22311930.jpg


b0247073_22314715.jpg



もみじ谷を眺めながら下っていると沢音が聞こえてきます、
辺りがしっとりとした空気に変わり
程なく水辺に到着。
そこからは何度も沢を渡る渓谷歩きです、
所々に残る紅葉を愛でながら沢の飛び石に合わせ
渡ります、ここはそんなに深くないのでちょっとしたハイキングシューズで
大丈夫ですがちょうど上がってきた女性の方は普通のスニーカーだったので
大変そうでした・・・(^_^;)

b0247073_22332327.jpg


b0247073_22332927.jpg


b0247073_22333255.jpg


b0247073_22334564.jpg



数年前にここを歩いた時はまさに紅葉の見頃で
かなり多くの人がいまして、
三脚担いで歩いてる方をよく見ましたけど、
今回はそういう人居ないなと思ってたら
いきなり出会います、三脚セットして流れる水の中の落ちたもみじの葉を
撮影してました、水の流れに浮かびあがるモミジの赤でしょうかね(^^)
絵画的なイメージ狙いでしょうかね。
それ以降3名ほど三脚で気合入れて撮影を楽しんでる方に会いました。
カメラは・・・Canonの勝ちです(笑)

b0247073_22355191.jpg



渓谷歩きが終わり、大福山へ向かう分岐点(女ケ倉)まで来たら、
あとは養老渓谷駅へ向かう車道歩き、
すぐのトンネルを超えた駐車場前を歩いてる時に、
あ〜この駐車場でカメラ(オリンパスのCAMEDIA)を置き忘れたんだよなぁ〜と
思い出しました・・・その時はウチの柴犬わんこも一緒に
歩いたので思い出たくさん記録されてたんですけどねぇ〜(^_^;)
そういう意味では忘れられない思い出として心の中に残ってますけどね。

b0247073_22362518.jpg



養老渓谷駅前は地元の方の直売テントが賑わってました、
覗いたら美味しそうな手作り草餅があったので
購入して駅のベンチで食べから帰宅しました。

b0247073_22364910.jpg



紅葉で有名な梅ヶ瀬渓谷ですが
新緑の春、光り溢れる渓谷歩きもまたオススメらしいです(^^)

by opaphoto | 2015-12-13 22:45 | 山歩記 | Comments(0)