iMac入替! 27インチ5K Retinaへ 【前編】

約5年半程使用したiMacを入替えました。

Win機のディスクトップからAppleのiMacに乗り換えたのが
2011年7月でした、その年に発売されるiPhone4を購入する予定だったので
母艦としてのPCに同じAppleのiMacを選んだのでした。
銀座のApple Storeへ買いに行き、駐車場まで中央通りをあのデカイ箱を持って
歩きましたけど、購入した喜びが大きくて重さは感じなかったなぁ~(^_^;)

その時、購入したのは21.5インチディスプレイモデル、CPUは3.06GHz Core2Duo、メモリは4Gで
HDDは500Gでした、OSはSnow Leopardでした(懐かしい)
メモリは後に8G追加しました、この機種は自分でメモリ追加可能だったんですよね。
この時の感動はよく覚えてますよ、デザインの素晴らしさとディスプレイの美しさ、
操作性の良さ、それまでWindowsだったので多少不安はありましたが
使い始めるととても快適ですぐに馴染みました。
これまで一度も不具合無く信頼性も二重丸です!
ちなみにこの時はまだデジイチ購入前です、翌年の秋にNikon D7000を購入し、
その画像を見てiMacにしてて良かったなと思ったもんでした、
写真を趣味にすることでiMacは無くてはならない存在になりましたね。

【5年半一度も不具合無く付き合ってくれました】
b0247073_223524.jpg




ただ、カメラも高画素化が進んだ昨今、
5年前のPCではやはりスペック的に処理時間へのストレスを
感じることが多くなりました。
大量のRAWデータを扱うと
時間がかかります、USB2.0接続だと正直厳しいなと感じてました、
ただそれ以外は快適に使用出来てました。

2015年10月新しいiMacが発売されました、
今度買うなら27インチディスプレイだと決めてたのでそのスペックを見ると
なんと5K Retinaディスプレイ!これには凄まじく惹かれましたねぇ~(*´∀`*)
予算的なこともありすぐには買えませんが年明けには入替えをしたいなと
思ってました。
その間は購入された方々のレビューなんかを読まなきゃいいのに読んで
悶々としてましたね(^_^;)
やはり写真を趣味にされてる方々がこのディスプレイを絶賛されてます!
そりゃそうだろうなとワタシもこのディスプレイの解像感で
自分の写真を見てみたいと素直に思いました。
そして何度か実店舗でタッチ&トライもしてみました(^_^;)
もうこのPCだと間違いなく写真ライフが幸せになると感じました。
スペック違いで3機種あるのでそこら辺も吟味しつつ
周辺機器購入やメモリ増設などいろいろ考えました。

まず写真現像ソフトAdobeのLRを導入、
それに合わせ新たに写真用に2Tの外付けHDD(Thunderbolt接続用)を購入して
そのまでのHDDと入替えます。ちなみに旧iMacにはThunderboltが無いのでUSB2.0で運用です。
最後に最新OS(El Capitan)にやっとアップデートしておきました。

そして購入するモデルを決めます、スペック的に一番お安い「MK462JA」
カスタマイズは必要ないしFusionDriveはたしかに魅力ありましたが
まだまだ高価だし、自分の使途でそこまでは必要ないです。
一応「MK462JA」のスペックは⇓


・3.2GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ
・Turbo Boost使用時最大3.6GHz
・8GB(4GB x 2)メモリ(オプションで最大32GBに変更可能)
・1TBハードドライブ1
・AMD Radeon R9 M380(2GBビデオメモリ搭載)
・5,120 x 2,880ピクセル解像度のRetina 5K P3ディスプレイ


あとは価格コムをチェックして最安値店で店頭販売してるお店で
購入することを決めました。

事前に購入したのは増設メモリ「iRamの8G」を2枚とTime Machine用の外付けHDD「LaCieの3T」
さらにApple純正の「USB SuperDrive」
b0247073_22421349.jpg

b0247073_22421772.jpg

b0247073_22422039.jpg



準備万端整っていよいよ本体購入となりました。
価格コムでチェックし、
購入希望金額ラインに入ったので取り置きの電話を入れ、
先日14日、天気の悪い日曜日でしたが(^O^;) そんな事は関係なく、
ルンルン気分で午前中に買いに行きました。

自宅に戻り、早速開梱!
外側のダンボールを開くと前後に緩衝材が貼り付けてあります、
それに守られるようにiMac箱、それをさらに開けると
出たーーーー!27インチiMac、ようこそ我が家へ\(^o^)/
箱の中身は本体以下、これだけ(写真参照)相変わらずシンプルでいいですね。

b0247073_22441047.jpg


b0247073_22441344.jpg


b0247073_22441786.jpg




ディスプレイに張り付いてる保護シートを剥がし、
裏返しにしてまずはメモリを追加します。
電源コードの差込口内の上部にボタンがあるので
それをドライバーで深く押し込むと上のカバーが浮き上がります、
カバーを外して左右のレバーを手前に引けばメモリスロットが持ち上がるので
空いてる2箇所に新しいメモリを差し込んで戻せばOK、
あとはカバーをはめて終了、この日は静電気の心配もないので特に気を使うことは
ありませんでしたね、至って簡単、Appleでメモリ増設すると・・・お高いからね~。

b0247073_22462754.jpg


b0247073_22463062.jpg




机の上に置いて新旧iMacを並べてみます、
21.5インチと27インチ、ちなみに厚さは全然27インチのほうが薄く指先で軽く前後へ
角度調整できます、薄くなったからこそSuperDriveが別売りになったんですけどね・・・。

b0247073_2246359.jpg



21.5インチを机から下ろして27インチの位置を決め自分のポジションから眺めます、
おお〜イイじゃないの、この大きさ。
そこでLANケーブルを繋いでコンセントを挿し、
電源ON・・・(ちなみに電源ボタンは従来通りの位置にあるので違和感はなし)

重低音の起動音にビックリしましたが、これは明らかに音が良くなってますね、
そして画面中央にリンゴマークが出ます、ワクワクです(*^_^*)


<後半へ続く>

by opaphoto | 2016-02-18 23:00 | PC・スマホ・ 周辺機器 | Comments(0)