2016 自転車日和・印西~手賀沼 花見サイクリング

印西市には有名な一本桜があります、
それは樹齢三百年を超える「吉高の大桜」
ヤマザクラで開花はソメイヨシノより約一週間ほど遅く、
満開の状態は2~3日と短いので
タイミング良くないと見ることが出来ない桜です。

その大桜、今年の開花はどうかなとソメイヨシノの満開前後から
チェックしてました、
印西市が毎日HPで大桜開花状況を画像でUPしてるんですよね、
それを見るとずっーと「蕾」(^_^;)
数日前に二分咲⇒三分咲・・・おいおい、週末どーなんだ?と
ヤキモキしてると・・・いきなり満開!(゚∀゚)?
しかも土曜日という絶好のタイミング!
どっちにしろ晴れ予報が出てたのでサイクリングは決めてたんですが
これで「吉高の大桜」をメインにした
2016年最後の桜を愛でる花見サイクリングということで
ルートを決めました。

b0247073_2250443.jpg




今回は自宅発でまずは印旛新川沿いを走り佐倉ふるさと広場、
印旛沼に沿って捷水路脇を抜け、「吉高の大桜」
その次に大井競馬の「小林牧場桜並木」から最後は手賀沼、
小さい方の手賀沼の用水路沿い約2k、280本の桜が護岸工事されてない
川岸を彩る日本の原風景的な「今井の桜」まで。
およそ7~80kのコースなりました。

自宅を出て馴染みの道を進み、まずはアンデルセン公園を目指します、
走り出してすぐに感じる風の心地良さ、
この日は初夏を思わせる陽気となりました、
思わず口笛を吹きたくなるような気分(^^)
サイクリングが一番楽しいと思える季節の到来を感じます。
アンデルセン公園はまだ開門前ですがその凄まじい入場待ちの人列・・
さすが人気の公園です。昔行った時はガランとしてたけどなぁ〜(^_^;)
やがて印旛新川の支流に出てそこからは川沿いのCR&遊歩道を進みます、
そして「道の駅やちよ」で小休止。

b0247073_22524679.jpg



そこから印旛沼を目指し、新川を漕いでいきます、
川岸の河津桜はすっかり葉桜へと変わり、その眩しい新緑の中を
漕ぎ進むと時折ウグイスの鳴き声が「ホーホケキョ!」
いや~上手く鳴けてます(^O^)
CR沿いに所々残るソメイヨシノを愛でながら軽快に漕ぎ進みます。
耳にも目にも楽しいまさに自転車日和です。

b0247073_22532030.jpg



そしてチューリップフェスタで賑わう佐倉ふるさと公園に到着、
ここで大休止です。
所狭しと出店が軒を連ね、沢山の人々がウロウロ(^_^;)
きちんと整地された中に咲き誇る色とりどりのチューリップを中心とした花々、
それ越しの風車構図で多くの方々が撮影中です。
何度も訪れてるこの公園ですがここまで賑やかなのは初めてでしたね。
サイクリングな方々も大勢いました、この陽気で皆さん楽しそうでしたよ。
ただ人が多過ぎて座ることも出来ず・・・少し休んで先へ進むことにします。

b0247073_22542493.jpg



印旛捷水路に沿って漕ぎ進み、成田スカイアクセス線と交差した辺りから
左へ折れ、道なりに進み急坂を上り、しばらく進むと車両通行止めの看板と監視員、
でも、当然ながら自転車は問題なく進めます、これが気持ち良いよねぇ~(*´∀`*)
ちなみに車で訪れた方々は市が用意した駐車場から2~30分歩くことになりますが、
それは捷水路とは逆側になります、こちらの道を利用するのはサイクリストくらいかな。
交通規制内に入るとすぐ右側に見えてくるのが有名な吉高の大桜です、
思わずその見事さに見入ってしまいました。
大桜の周りは菜の花、チューリップなど
春色に溢れてます(^^)
農作物の直売所や小さなカフェもあり、
その敷地内で臨時の軽車両パン屋さんも出てます。

b0247073_2255239.jpg


b0247073_22555243.jpg


b0247073_22572054.jpg


b0247073_22575721.jpg


ここ桜の側で座れるスペースが有ったのでランチタイム、
そしてフォトタイムとたっぷり時間を取って過ごします。
吉高の大桜は引いてみても近くで見てもその存在感は素晴らしく、
じっと見てると何か語りかけられてるような気になります。
この大桜には時間性を超えた神々しさすら感じられます。
引っ切り無しに多くの方が訪れ感嘆の声を上げてました。
ワタシらは最後にぐるっと一周していろんな角度から堪能し
大桜を後にします、満開のタイミングが難しいので
来年は見られるかどうかわかりませんが
ぜひまた訪れたい、そんな「吉高の大桜」でした。

細い農道、帰る人来る人の中をのんびりと進み、
大通りへ出ます、印旛日本医大の脇を抜けて
64号線を進みます、途中でお寺発見、予定外ですがしばし立ち寄ります、
山門から薬師堂、小さな梵鐘もありました、
本堂の中を覗いてみると厨子は閉じられてます、
その中に薬師如来が居るはずです、なかなか雰囲気のいいお寺さんでした、
自転車だとこういう出会いも楽しめるからイイですね、
気になったらすぐ寄れるし、多分車で走ってたら通り過ぎちゃうんだろうなと
思います。

b0247073_22583280.jpg



そこから少し進むとなんとなく牧場臭が漂ってきました(^_^;)
右方面に桜色が見えます、
そこが小林牧場だと確信し、大通りから細い道へ入り
小林牧場の桜並木のほぼ真ん中へ出ます。
沿道には出店が並んでます、そして沢山の車が桜の下に路上駐車してます、
牧場敷地内の道路なのでこの時期だけ開放されてるんでしょうね、
ただそのスペースは限られてるので空き待ち車が徐行して何台も巡回してました、
中には諦めて出て行く車もあります、いやはや・・車で来ると大変やなぁ~(;´∀`)
ただ正直申せば期待した割には・・・あれ?こんなもんか的な(^_^;)
並木の距離もそこまで長くないし、出店が出てるのでなんか俗化された感じだし、
並木沿いに駐車された車の列にもうんざり、
大井競馬場のトレセン牧場ということで
柵の中に馬が居て・・みたいな牧歌的な雰囲気はなく、
車両が入れるところまで回ってみましたが
当然午後のこの時間帯にお馬さんには会えません(;´∀`)
トレーニングは早朝ですからねぇ~。
でもまぁ来てみないとわからないものですね、
屋台から漏れるいろんな匂いから逃れるように
次へと向かいました。

b0247073_22585445.jpg


b0247073_22585878.jpg



印西市役所の前を抜け、59号線から手賀沼方面へ、
282号線を使って進みますが
この道、路肩が狭く走りにくですねぇ~
やがて左側に手賀沼が見えますがその後は上り坂、
息が切れます、上り坂の後は快適な下り坂、上手く出来てますよね、
人生と同じだな(;´∀`)
やがて左側が開けます、田んぼの先に左右に伸びる桜並木が見えました、
適当なところで左へ下ります、農道には沢山の車が駐車してます、
「今井の桜」に到着です。

b0247073_2259525.jpg



説明に因りますとこの今井の桜というのは
江戸時代の手賀沼の氾濫に対し沼の開発が行われ、名内川が灌漑用水路として
整備されたもの・・・現在はこの用水路は「金山落し」と呼ばれてます。
つまり今井の桜ではなく正式には今井にある「金山落しの桜」ということですね、
ここの特徴は護岸工事がされてない自然の川岸風景が残る土手に植えられた
2Kに及ぶ桜の風景になります、周りに人工物がほとんど無いのもイイですね、
ここは良い!桜祭りとかいって提灯とか下げてないのもいい(^_^;)
ただただ自然のままに・・それが一番です。
これはまたぜひ再訪したい場所ですね。
土手沿いの道も整備されてないのがまたいいです、
自転車では走りづらいのですが押して歩けば良いのです。
この道を整備する必要は無いですね、
なんとなく童心に帰るような懐かしい風景に出会えました、
自転車を押してぶらぶらと桜を愛でます。
桜の花びらを散らす風の中に若草の萌えるような匂いがしました、
初夏を思わせる日差しの強さに季節の移ろいを感じます。

b0247073_230241.jpg


b0247073_230295.jpg



帰りは一気に鎌ヶ谷まで走ります、文章だとたった一文ですが
ぐだぐだと結構疲れましたね(;´∀`)
そこからはよく知った道なので適当に流しながら帰宅。
一日たっぷり漕いで多少ガタガタですが(^_^;)
夕食のビールがいつものように激旨なので良しとします(*^。^*)
楽しい花見サイクリングでした!

これで一応、今年の桜は終わりかな、
今年も沢山の桜が見られました。

b0247073_231052.png

by opaphoto | 2016-04-11 23:01 | 自転車 | Comments(2)

Commented by rollingwest at 2016-04-12 05:44
先週末は最後の花見が楽しめてよかったですね。昨日は寒かった~、北国では雪が舞ったようですね。新潟では桜満開に雪のコラボが見られたようですが寒くてお花見どころではなかったでしょう。寒暖の差が激しかった今年の冬を象徴するような春の気候です。
Commented by opaphoto at 2016-04-12 21:41
RWさん、毎度です。
首都圏の桜は終わりましたね、山桜だとまだ楽しめるかな(^^)
次は新緑ですね。