2016 GW・緑風と祈りと光の見仏巡礼記【その8】

『第三日目 京都&滋賀・比叡山延暦寺(横川地区)~園城寺(三井寺)~三室戸寺』

5月2日、この日も朝からいい天気です(^^)
まず向かうのは比叡山、
三度目になります(^^)
一度目は冬旅で訪れました、その時は根本中堂がある東塔エリア中心。
二度目はGW旅でした。釈迦堂や伝教大師御廟がある西塔エリアから再度、東塔エリアへと巡りました。
そして今回は・・・比叡山最奥、横川(よかわ)エリアです。
これでとりあえず比叡山の全てのエリアを訪れることが出来ました。ヽ(´ー`)ノ


五木寛之「親鸞」を読んだのですが、その物語の中で若き親鸞が修行した地、
それが横川でしたね。その物語に感動したので
その空気を肌で感じたいなとも
思っていました。
そんな訳で今回のGW旅の予定でまず最初に決まったのがこの新緑の比叡山横川への拝礼でした。

この日も車移動、名神高速に乗り京都東ICで降ります。
下道を走り、比叡山ドライブウェイ田の谷ゲートから比叡山入りです。

この比叡山ドライブウェイは途中にチェックゲートがあり、
その移動内容によって細かく料金が設定されてますので
行かれる方は事前チェックした方がいいです、適当に走ると
最大で料金が4000円近くなります(;一_一)
以前利用した時は比叡山山頂Pの往復でしたが、それで普通車1670円。
そこに停めて比叡山シャトルバスに乗って西塔エリアまで行き、
帰りは散策がてら歩いて戻りましたね。このシャトルバスも
一日券で800円、それを買わずに1回乗車で横川まで片道で740円、往復考えると・・・。
今回は一番奥の横川エリアなので、田ノ谷料金所から往復だと3210円、
でも、田の谷峠から入り、往復せずに琵琶湖側にある仰木料金所まで抜ければ
2380円。そこで色々考えて1番安く済むのが・・・仰木料金所で出るルートでした。
比叡山の次は大津市なのでそんなにロスにはならないと判断しました。
あっ、ちなみにいろいろ割引券とかあるみたいなのでHPの確認は必要ですよ。
以上、比叡山ドライブウェイ情報でした。ヽ(´ー`)ノ

b0247073_22143897.jpg




車はどんどん高度を上げて「お山」へと上ります、
京都市内が見えたかと思えば、今度は琵琶湖が見えます、
やがて山頂パーキング、国宝殿はここからすぐです、食堂&土産屋もあります、
とりあえずトイレ休憩、予定通りに東塔&西塔はスルーで
比叡山の中を走り抜けます、途中、まだ見ていない瑠璃堂に寄ろうかどうか
迷いました、西塔エリアの外れにあるその瑠璃堂は
あの信長の焼き討ちで兵火を免れた唯一の堂宇、室町後期の建立で
当然重文です、ただ往復2~30分かかるのでヤメました(^_^;)
新緑の清々しいドライブを楽しんで車は横川エリア入口の駐車場へ入ります。

b0247073_22152640.jpg


b0247073_22153295.jpg




拝観受付で拝観料を支払い、横川に入ります。
東塔や西塔とはまた違った雰囲気を感じますね、
ひっそりとした静けさがあります、慈覚大師円仁によって開かれ、
この地で修行した名僧は親鸞、日蓮、道元、源信など、
しかもその時代ですからね・・・完全に俗世と隔離された
特別な場所だったのでしょう、京都から歩いてくれば
少しは何かがわかるかもしれませんが・・・ワタシのような凡夫には無理ですね。

b0247073_22161487.jpg



入口から歩いて龍ヶ池を超えると右上に横川中堂が見えます、
そして左に折れ、石段を上がった先に根本如法塔が
新緑の木々の中に浮かび上がるようにその姿を観せました。
いや~この存在感、やはり新緑が似合うなぁ~と思いますね、
この如法塔は2014年「そうだ京都行こう」のキャンペーンに使われましたからね。
やっぱり絵になるわ~(^^)
しばらく、のんびりと眺めていました。

b0247073_22164391.jpg


b0247073_22171350.jpg


b0247073_22171764.jpg



次に訪れたのが「元三大師堂(四季講堂)」です。
元三大師こと良源、諡号は「慈恵大師」こちらのほうが有名かな。
そして厄除大師としても有名なのです。
実はここで御札を購入するのが第一の目的でした!
その御札とは・・・一度見たら忘れられないインパクト抜群なモノです。
京都の祇園とか西陣とかの民家の玄関上に貼られた御札を
何度か見たことがあったんですが、
それこそが「角(つの)大師」と呼ばれる御札でした、
一見、悪魔です(笑)2本の角を持ち痩せた鬼の像画、良源が鬼に变化して疫病を追い払ったと言われてます、
かつて疫病が京都を襲った時にこのお御札を貼った家の者は守られたと言われてるそうですよ!
こういう話、大好き(*^。^*)

b0247073_22175935.jpg


b0247073_2218236.jpg


b0247073_22181843.jpg



早速、お堂に入りまして拝礼を済ませ、
まずは堂内の納経所で御朱印を頂きます、
その間に売られている御札を確認しますと
目的の角大師の御札の隣に鬼が正座してる御札があります、
横に悪魔降伏と書かれてます。
興味深く見ていたのでお寺の方が説明してくださりましたよ(^_^;)
丁度、他の方も居なかったのでじっくりと。
で、まず「角大師」は玄関の上に貼るのがいいそうです、
外から入り込む災いを払い、家(家人)守ってくれるそうです。
うーん、イイね!(^^)
で、もう一枚の悪魔退散と書かれた御札は「降魔(ごうま)大師」
この御札は家の中から外へ向けて貼るそうです。
つまり窓とかの開いてる所へ向けて貼り、災いを外に吐き出してくれるそうです。
この2枚で一組ということでした。見た目は鬼ですが元三大師が变化したお姿なので、
そうやって見るとありがたいですねぇ~。
あと他にも2種類(豆大師と元三大師)もありましたが、
さすがに4種類も貼るのは・・・ねぇ~(笑)
ということで2枚を授与していただきました、
ちなみに1枚500円です。
自宅に戻り、早速貼ったんですが、
これを貼るとまるで我が家が京都の小路に入り込んだようです(笑)
知らない人が見ると悪魔崇拝とか新興宗教か?と訝られそうですが・・・(^_^;)
そういう意味でも効果ありそうです(笑)

元三大師堂を後にして、次に向かったのが「恵心堂」です。
ここも小さいけど雰囲気あるお堂で楽しみにしてたんですが
行ってみると・・・テントが手前に張られてる・・・(^_^;)
うーん、何か儀礼的なものが行われるんでしょうね、
このテントがなければ雰囲気抜群だったんだけど、
しょうがないですね。

b0247073_2219822.jpg



最後に向かったが横川の中心、「横川中堂」
堂内入って左側にある納経所に御朱印帳を預け、早速拝観です。
外陣から内陣を見下ろす感じで覗きます、
根本中堂同様に薄暗い中に本尊の聖観世音菩薩、
その脇を固めるのが毘沙門天と不動明王。
珍しい三尊ですがこれこそが横川ならではなんですね。
聖観音は穏やかな優しく、左手に閉じた蓮華をお持ちです。
この横川地区の雰囲気に溶け込む、素敵な仏像です。
とにかく凄く落ち着きますね、ありがたいことです(^^)

b0247073_22193977.jpg


b0247073_22194366.jpg




その後、堂内を一周して、納経所で御朱印帳を受け取ります、
横川中堂を出て、またトボトボと出入り口を目指します。
比叡山横川地区、独特の空気感に溢れ濃密な祈りを感じます。
各お堂はひっそりと佇みながらも
元三大師のパワーを放っているようでした。


b0247073_2220326.jpg



車へ戻リ、新緑眩しいドライブウェイを
琵琶湖方面へ向かいます。

横川地区は東塔、西塔地区よりも更にいろんな意味で奥深い印象を受けました。
昔だと現世を離れた感じがしたんじゃないでしょうか?
ここで学び修行した親鸞はやがてお山を降りて自分の信念を貫く長い旅を始めます。
まぁ親鸞に限らず多くの僧侶の祈りの痕跡を
物言わぬ道端の石仏に少しだけ感じることが出来ました。





b0247073_2220109.jpg



< 続く >

by opaphoto | 2016-06-08 22:00 | 京都&奈良&近畿 | Comments(0)