「ちひろ美術館・東京」へ久しぶりに行ってきた。

日曜日に現在開催中の企画展が目的で
ちひろ美術館へ行ってきました、それは・・・
「村上春樹とイラストレーター 〜佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸〜」
5月25日から8月7日まで開催されています、
村上春樹主義者には堪らない企画展ですよねぇ〜(^^)
ホントはもっと早く行く予定でしたが、実はちひろ美術館監修で
この展示展の図録というか企画本が6月末に発売されるということで
それを待ってたんですよね。
予定通り発売されたので3日の日曜日に出かけてきました。
最初は電車行く予定でしたがあまりにも暑い・・・
ちひろ美術館は練馬区下石神井・・・気温が上がるエリアです(^_^;)
炎天下に歩きたくないので車で行きましたよ。

日曜の首都高はスイスイでした、早稲田出口から一般道でしたが
渋滞もなく新青梅街道沿い、美術館のすぐ近くの駐車場に
停められたのでとても楽でした。

【素晴らしいイラストレーションが村上作品の楽しみを更に広げてくれますよね】
b0247073_23434932.jpg




b0247073_23385499.jpg


ちひろ美術館の入口に到着します、
入ってすぐの受付で入場料を支払います、
村上春樹さんの文庫本持ってきたので100円引きでした(^^)
ちょうどランチタイムだったので
すぐ横の絵本Cafeで席を取ってまずは腹ごしらえ、
美味しそうなイタリアンビールが置いてありますが
車なので無理、で、なんか美味そうだったケーク・サレ プレートの
コーヒーセットにします、一見お洒落ですがなかなかさっぱりして
美味しかったですよ、でも、五目炊き込みご飯にもそそられましたけど。

b0247073_23391766.jpg

b0247073_23411051.jpg



あと期間限定の特別メニュー「ホットケーキのコカコーラがけ」がありました、
デビュー作「風の歌を聴け」に登場する一品です、
こうして現実に提供されると物語の実感が湧きますね、
でも、さすがに注文はしなかったけど・・・ワタシの前に並んでた方は
注文してました、うーん、何事も経験だし、やはり食べてみれば良かったかな(^^)

で、絵本Cafeということで企画にあった本が並んでます、
手に取ったのが大好きな「羊男のクリスマス・村上春樹&佐々木マキ」
佐々木マキさんが描く羊男のイメージが完璧なんですよねぇ〜、さすがです。
絵本と言いながらも物語は完全に村上春樹さんの世界観、面白いです。
さらにもう一冊、「ぶたのたね 佐々木マキ」
これ何度も読んでますが(^_^;) マジで面白い!ぶたが木にいっぱい成るんですからね、
そんなの普通想像出来ないですよ、ワタシとしては足の遅いオオカミに
妙に同情しちゃうんだけど、子供だけに読ませるにはもったいない絵本ですよ(^_^;)
ちなみに続編もあるんですよね、「また ぶたのたね」
この「また」って付けちゃうのが好きです。

b0247073_23414439.jpg



すっかり楽しい世界に浸り、お腹も膨らんだので、
早速、展示室へと入ります、1階は「和田誠&安西水丸」2階は「佐々木マキ&大橋歩」
しばし考え、表記されてる順番にします、ということで2階から。
佐々木マキさんの展示会は以前、吉祥寺で開催された時も観に行きました、
村上春樹さんの初期の頃の作品を書かれてますが
「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」「ダンス・ダンス・ダンス」
いずれも素敵なイラストレーションです、ホントに1枚でいいから原画が欲しい(*´∀`*)
続いて大橋歩さん、銅版画なんですよね、摺師の方の力量もあるのでしょうが
見事に感情表現されていることに驚きます、
村上春樹さんのエッセイに、なくてはならないほど馴染んでます。
ゆっくり拝見し、1階へ。

b0247073_234201.jpg



こちらは室内に入るとちょうど
「ビル・エバンス/ワルツ・フォー・デビー」が流れてましたよ、
うーん、イイ!(^^) 和田誠さんのイラストレーションにはやはりJAZZが似合います、
しかし、かすかに流れるJAZZを聴きながら観るというのも作品次第では合います。
実は和田誠さんの作品でポストカードで欲しいのがたくさんあるんですけどね、
作品名としては「中国行きのスロウ・ボート」「ブルーモンク」などが大好きです、
出来れば原画で欲しいけど絶対無理なので(^_^;)
今回ミュージアムショップに置いてあるかなと探したんですが・・・ありませんでした、残念でした。

そして最後は安西水丸さん、やはり最後は水丸さんで締めたかったんですよね(^_^;)
もう、ただただ亡くなられたことがホント残念です、最後に村上春樹さんから依頼されてた
セロニアス・モンクのイラストレーションをワタシも観たかったなぁ〜、
水丸さんの描く海がとても好きなんです、
ほとんどは千葉の千倉の海ですが、例えば観る人によっては
それぞれの思い出の海をそこに見ているような気になります、
そして灯台があるんですよね、
とてもピュアな視点で描かれたイラストレーションは
何度見てもイイなぁ〜と思っちゃいます。

ゆっくり観たんですがあっという間でしたね、
最後はお楽しみのミュージアム・ショップ。
いろいろ物色していくつか購入しました、
欲しいモノだらけでしたよ、本はぼちぼち揃えることにして我慢しましたが
なかなか珍しい物を購入しました(^^)
とても楽しめた企画展でしたね、
それぞれ人気のイラストレーターですから、
それを一度に観られるのはとてもお得感がありました。

【今回の企画展の本、安西水丸さんのポストカードとマグネット】
b0247073_2342271.jpg


【上は佐々木マキさんのマグカップ(かみさん購入)下が安西水丸さんの小皿】
b0247073_23422287.jpg



やっぱりイラストレーションはいいなぁ。

by opaphoto | 2016-07-04 23:00 | 美術館・博物館・イベント | Comments(0)