LIKE A ROLLING STONE    BOB DYLAN

タシはそんなにボブ・ディランを聴きこんでないのですが、
とにかく昔からその名前は知ってます、一方的に(^_^;)

フォークに目覚めた頃、
よしだたくろう(ひらがなだった頃)が大好きで、
そこから岡林信康、そしてボブ・ディランへと広がっていきました。
よしだたくろうに影響を与えたボブ・ディランの
曲がどんなものなのか・・・初めて聴いた「風に吹かれて」
その印象はどうかと言うと・・・よくわからないというのが正直なとこでしたね、
その深いと言われる詩の世界を訳詞だけで理解するには無理があるというか、
年齢的にもね(^_^;)
まぁ、気に入ったという感じはなく、なるほど、こんな感じかと
思った程度でした。
恐らくワタシより上の世代の方がボブ・ディラン好きは多いと思います、
ビートニク世代というか、思い出すのがジャック・ケルアックの「オン・ザ・ロード」
なんか、カッコいいというだけで若い頃に読んだ記憶あるなぁ、
80年代に日本では佐野元春とか、
このビート・ジェネレーションを意識したスタイルでしたね。
たしかに一時期憧れたけど、なんか刹那的なイメージもあったりしたもんです。
・・・・えーと、広がり過ぎるから話を戻して・・・(^_^;)
とにかくフォークギター始めたばかりのワタシには
すぐにレコード買いあさり聴きまくるということはありませんでした。

b0247073_23473233.jpg




でもね、なぜか時代の折々で出会うんですね、
その後、洋画好きの友人と観に行った映画がありましてね、
「ビリー・ザ・キッド/21歳の生涯」
主演はクリス・クリストファーソンでしたけど、
とにかくこのビリー・ザ・キッドになんか憧れたというか、
実在したということで尚更親近感を持ったわけです、
21歳でこの世を去ったアウトローの生き様に少なからず
影響受けたんでしょうかね。
で、この映画の主題歌があの「Knocking`On Heaven`s Door」
ボブ・ディランもナイフ使いの役で出てましたが
この曲が良かったなぁ〜。それで印象が変わったんですよね。

b0247073_23484626.jpg



やがて「ザ・バンド」に心酔し、ボブ・ディランのアルバムとか
遡って聴くわけですが、
そんな時に思わず購入したアルバムが「HIGHWAY 61 REVISITED」
放題は「追憶のハイウェイ61」
この一曲目の「LIKE A ROLLING STONE」にヤラれましたね。
詩は難解ですが、曲が良かったな!
当然CDでも買い直しまして、今も持ってます。
ディランのCDって実はそんなに購入してないんですけどね。

ザ・バンドとのアルバムがとにかく好きで
実際レコードで購入したのが「地下室 ザ・ベースメント・テープス」
「偉大なる復活」「プラネット・ウェイブス」
でした、すべて2枚組でしたね。

1986年3月、ボブ・ディランが当時人気だった
トム・ペティ&ハートブレイカーズを従えてジャパン・ツアーを行いまして、
その日本武道館公演に行きました。
初めて観るボブ・ディランに感動したのですが正直、
セットリストとか覚えてません!
でもなんか満足した記憶はあるので
LIKE A ROLLING STONEは聴けたはずです(^_^;)、「天国の扉」も・・・?。
多分、トム・ペティも自分の楽曲演ったはずですけど・・・どうだったのか。
一時期聴いてたけど、もう忘れてしまいました。
80年代って、どうしてもそんな感じになるんですよね、70年代は凄く覚えてるのに。
余談ですが1986年3月のライブでしたがこの2ヶ月後、ワタシは結婚しました、
もう遥か昔のことですねぇ〜。

【その時のチケットとパンフレット、しかし、5000円って安かったなぁ〜】
b0247073_23494352.jpg

b0247073_23494743.jpg

b0247073_234950100.jpg



そして今年、2016年、ボブ・ディランは日本公演を行いました、御年75歳ですよ、
ワタシが二歳の時にデビューしたボブ・ディラン、
その伝説はまだ続いてるんですよね、あの突き放すような歌唱で
今も我々に問いかけているようです、50年も前に作られた曲が・・・

How does it feel Like a rolling stone?








by opaphoto | 2016-07-27 23:00 | 音楽転々♬ | Comments(2)

Commented by rollingwest at 2016-07-28 07:27
ビートルズ、ローリングストーンズと同じ1962年にデビューし50年以上経過した今でもなお、ポピュラー音楽や大衆文化の世界で大きな影響力を持ち続けている伝説ミュージシャン「ボブ・ディラン」の代表曲「ライク・ア・ローリングストーン」、いいですね~!言葉でメッセージを伝えることに拘り続ける「フォークソング」というスタイルにディランは音楽性の限界を感じ、サウンドそのものが自由である「ロック」という新しいスタイルの魅力にいち早く気がついていた彼は実に偉大です!
Commented by opaphoto at 2016-07-30 16:41
かつて一部のファンに「裏切り者」と呼ばれても、
大きな扉を開いたボブ・ディランの選んだ道は
間違ってなかったこと、
それを歴史が証明してくれましたね。