2016 夏旅・瀬戸内山陽を巡る旅【3】ー広島市内ー

広島城が見えるホテルの部屋で少しくつろいでから
旅の夜のお楽しみである居酒屋へと向かうことにします。

二駅ほど広電に乗り、降りてから繁華街を抜けます、
この界隈はかなり賑やかですね。
しばらく歩いて、静かな裏通りへ入ります、
すぐに目的のお店は見つかりました「むろか」です。

広島の名居酒屋です、料理はコースのみ、
と言っても三千円コース(飲み物別)で大満足でした。
予約しないとまず入れないということで
ひと月も前に予約入れておきましたよ(笑)
それでもカウンターの角でしたからね、
いやはや、人気のお店です。

b0247073_18371145.jpg




b0247073_1838484.jpg

b0247073_18383043.jpg

b0247073_18383326.jpg

b0247073_18383834.jpg




まず入店して目に飛び込んでくるのは御主人のテキパキとした
仕事ぶり、客は満席、活気があります。
こりゃ~期待出来そう、ということでまずは生ビール、
三種類の中から「キレ」を選びます、あと「コク」ともうひとつなんかだったな?
出されたビールグラスが薄くてよく冷えてます、もう我慢の限界!喉鳴らして飲みます、
あーーーーウマい!
暑い中、宮島を歩き回った疲れが抜けていきます。
ひと息ついたら、いいタイミングで前菜から料理が運ばれてきました、
これがまた美味しい。
満席ですがなんかゆったりとした気分で落ち着きます。

少しずつ出される料理に舌鼓を打ち
瀬戸内の恵みを頂いていると
ミニトマトのカープヘルメット登場、これ上手い!
いや~笑ったなぁ~(^^)
忙しそうな御主人も絶好調なカープの話題で少し談笑。

ビールで喉を潤したので、やはり旅呑みではそこの地酒を飲むのが
楽しみです、まずは・・・・「雨後の月」
やはり、ここで飲むと格別だねぇ~、美味しい。
しかもあまり量を飲まないワタシにはちょうどいいサイズのグラスだし、
ジックリと料理を楽しみつつ飲んで、さて次は・・・しばし悩んで「神雷」
キリッとした感触で旨味があります、初めてのお酒ですがとてもイイですね、
料理にも良く合います。
日本酒は二合まで、次はまたビールを頼みました、
ホントに喉が渇く夏旅なのです(^_^;)

しかし、三千円のコースでこんなに出てくるの?というくらい
終わりなく出てくるイメージでした(笑)
最後のデザートまで、もう大満足です。
広島の「むろか」いい時間が過ごせました、またここで飲みたいなと
思わせてくれる名居酒屋でした。

b0247073_18401395.jpg



そして翌朝、ホテルを出て軽い朝食の後に
トボトボ歩いて向かったのは原爆ドームです、
今歩いてるこの町にかつて落とされた原爆・・・
想像するだけで心が重くなります、
さすがにいい加減な気持で写真は撮れないなと感じてしまいます。

b0247073_18394179.jpg



b0247073_18404996.jpg



元安川を渡る橋の手前に原爆ドームはありました、
初めて実物を見ましたが、うーん、これは胸に迫るものがありますね、
しばらく呆然と眺めてました、そして合掌します。
以前、長崎の浦上天主堂で見た被爆マリア像は痛々しく、
モノ言わぬだけに尚更憐憫を感じましたが
原爆ドームにも似たような感情を持ちました。
暑い夏のヒロシマの空を見上げながら
公園内をのんびり散策してから
広島駅へ向かいました。

b0247073_18405313.jpg



< 続く >

by opaphoto | 2016-09-11 23:00 | 旅日記 | Comments(0)