2016 夏旅・瀬戸内山陽を巡る旅【4】ー尾道ー

広島駅から山陽本線の各駅旅です。
車窓の景色を楽しんでると時々静かな海が見えました、
広島駅から尾道駅までは約1時間半の乗り鉄を楽しんで
尾道駅に着きました。

ここが尾道かと感慨深げに駅を出ると
目の前に尾道水道その向こうに向島が見えます、
連絡船乗り場があり、対岸からこちらへ小さなフェリーが
航行してました。
次に振り返り駅を正面に見て見上げると
まず目を引くのが城で一番高い所にありますが、
こんな城が有ったのかと調べると歴史的価値はなく(^_^;)
ただの城の形をした建築物らしいです、
どうりで観光案内とかに載ってないわけです。
現在は廃墟化してるというこで・・・
イメージ的に尾道の景観には合わないかなと思います(^_^;)

b0247073_2138692.jpg





b0247073_21382114.jpg


b0247073_21385627.jpg



さて、尾道といえば、ワタシはやはり大林宣彦監督作品の
尾道三部作が浮かびます、もっと古い映画も沢山ありまして
この町を舞台にしたモノは意外と多いんですよね。
だから、そこが懐かしさに繋がるってるのかな、どこかで見た景色として。
大林監督は尾道の出身地なので愛着溢れる映像で尾道の町が描かれてます、
その後に新尾道三部作も作られてますからね。

b0247073_21481239.jpg



ちなみにワタシは全部観てないのですがこの全六作品の中で観たのは
「転校生」と「あした」かな。
でもその2作品だけでも尾道の魅力は十分伝わりました。

b0247073_2139932.jpg



最近ではやはり「しまなみ海道サイクリング」でしょうか(^^)
いつか走りたいと思ってますのでその日が楽しみです、
尾道から四国の今治まで島伝いに走るコースは
世界中のサイクリストが知る美しいコースとして有名です。
片道約70K、村上海賊の島々を巡りながらのんびりと走れば
かなり楽しいサイクリングになりそうですね。
今回はとりあえず、そんなしまなみ海道のスタート地点でもある
尾道を観光するのですが、次回ここを訪れる時はサイクリングになると思います。

b0247073_21393759.jpg



駅近にある予約したホテルに荷物を預けます、
連絡船待ちの方々に混じり、サイクリングな方もいます、
たしかに対岸の向島までは連絡船で行ったほうがオススメみたいな
記事を読んだことがあります。
しかし、この尾道水道の雰囲気はイイねぇ~(*´∀`*)

b0247073_21404150.jpg



さて、ワタシらは傾斜に建つ家々の間の路地を抜け、坂や石段を上り、
寺巡りを楽しみたいと思います。
事前に調べたらとても寺が多いんですよね、
さすがに全部を巡るのは無理そうなのでそこは掻い摘んで。

トボトボと暑い日差しの中を歩き、線路を超えて坂を上がります、
もうこの感じが尾道なんですよね、イメージ通りで(^^)
見下ろせば穏やかな尾道水道を行き交う船が見える、
なんとも情緒溢れる景色です。迷路のような路地を抜けて歩くと
なんか童心に返るような気がします、
ワタシの故郷にもどことなく似ていて郷愁を誘います、
初めてなのに懐かしい、そんな尾道です。

b0247073_21411876.jpg



最初のお寺は「持光寺」特徴的な石の山門が面白い、
のんびりと境内を散策して御朱印を頂きます、
次に見えて来たお堂は「光明寺」
寺と寺の間が近いです、鎌倉よりかなりコンパクト感がありました。
続いて「丁寧寺」、路地を歩き民家の軒先を抜け、墓場が見えるとお寺が有る、
その繰り返しみたいな感じです、
そして所々にこだわりを持ったお店がありました、カフェであり雑貨屋であり、
丁寧寺の三重塔が見えます、この塔越しに見る尾道水道が好きなんですよね、
いろいろ切り撮りを楽しみました、
撮るということで言えば、なんともフォトジェニックな町ですね、
素直に見たものを撮る、そんな楽しい旅撮りが楽しめました。

b0247073_2147062.jpg


b0247073_2142299.jpg


b0247073_21414869.jpg



・・・・ただね、暑い!モーレツに暑い!夏旅だから暑くていいんですけど、
ジリジリジリジリジリ・・・・(;´Д`)

丁寧寺から少し行くとロープウェイ乗り場があります、
これで大宝山展望台まで一気に登って歩いて下ることにします、
料金は320円。わずか数分ですが尾道の町並みを楽しんで展望台到着、
売店があるのでひと休み、そこから少し下れば「千光寺」です。
尾道で一番有名な寺社ですね、ロープウェイ使えばとても楽だし、
ここには有名は観音様がいますが開扉はなんと33年に一度です、
たしか数年前に開扉したはずなんで・・・うーん、ワタシが生きてる間は
無理かな(^_^;)

b0247073_21431146.jpg


b0247073_21454619.jpg



大宝山の斜面に建つお堂の数々、玉の岩と呼ばれる巨岩が特に目を惹きました、
岩上に如意宝珠がありまして、なんでもこの岩の穴に光を放つ宝玉があったという伝説、
この山を大宝山、寺は千光寺、港を玉の浦と縁のある名称になってるわけですね。
ちなみにこの千光寺では4種類ある御朱印のうち3種類も頂いちゃいましたよ。
しばらく本堂からの展望を楽しんで下りました。

b0247073_2146973.jpg


b0247073_21461897.jpg



< 続く>

by opaphoto | 2016-09-18 23:00 | 旅日記 | Comments(0)