2016 夏旅 ー御朱印編ー

今回もまた訪ねた神社仏閣で御朱印を頂いてきました。

旅の始めに用意した御朱印帳は四冊、

神社用、寺が西日本用と奈良用二冊、

なんで奈良用が二冊もあるのかといいますと・・・

今まで使用してた奈良用があとひとつ頂けばいっぱいになるので

次から使用する奈良用も持参したわけです、

まぁ、荷物になりましたがしょうがないのです(^_^;)

と言うか、今回はある程度の荷物を往復宅急便利用したので

楽ちんでしたけどね。


というわけで、訪ねた順番で紹介します。


【広島・厳島神社】

厳島神社の神紋、二重亀甲紋の剣花角、これが三つ、

ちなみに出雲神社はこれが一つです。

神社の神紋も調べるといろいろ面白いと思います。

b0247073_21541899.jpg






【厳島・大願寺】

厳島弁財天を祀ります。

こちらの寺紋・・・厳島神社と同じものですね、

弁財天と書かれるだけでなんかいい事ありそうな気分になります(^_^;)

梵字も決まってますね。


b0247073_21544700.jpg



「厳島・弥山本堂」

弥山という山自体が巨大な境内でした、

頂上付近に点在するお堂の数々、まぁ、弥山という名前自体が

あの須弥山から取ったものですからね、神聖なる山でした。

そんな弥山の本堂で書いて頂いた、本尊、虚空蔵菩薩のサインです(^^)

弘法大師御開基とありますが、まさに虚空蔵菩薩の御真言を唱える修行中に

悟りを得たのです、ワタシの大好きな菩薩さんです。


b0247073_21574838.jpg


今回初めて旅した尾道はある意味、寺町でした、

思ったより寺の数が多く、しかも暑かったので

半分も行けなかったなぁ~(^_^;)



【尾道・持光寺】

大きな石門が印象的でした、こちらの御本尊は阿弥陀如来、

螺髪が伸びた感じで、俗に言うアフロヘアな阿弥陀様でした。

b0247073_21572419.jpg



【尾道・光明寺】

浪分千手観世音、浪分ということは津波などを鎮めるということで

海を身近に感じる場所ならではですかね。

b0247073_21581085.jpg



【尾道・丁寧寺】

南無釈迦牟尼佛、右下の印が観光スタンプっぽくてイイなぁ。

b0247073_21582730.jpg



【尾道・千光寺】

尾道で一番有名なお寺さんかもしれません、

山肌に建つお堂群、特に本堂から見晴らしは素晴らしく

尾道市内を一望できました。

ここではいくつかの御朱印がありましたが

奮発して三つ書いて頂きました・・といっても二つは

その印の図柄に惚れました(^_^;)

まずは、「大悲閣」

b0247073_21590485.jpg



次が本尊の千手観音印、33年に一度だけ御開帳されるプレミア仏です。


b0247073_21591434.jpg



最後は無視できないこの印影、弘法大師空海っす。


b0247073_21592481.jpg






【尾道・浄土寺】

こちらも大きなお寺でした、宝物もたくさんあありましたね。

「大悲殿」


b0247073_21593454.jpg




尾道はここまでです、

次は奈良、今回訪ねたのは2箇所だけ、元興寺と興福寺、

興福寺は何度も頂いてますが、やはり日付が違いますので

また新たな気持で頂きました(^^)

今まで使用した奈良用の御朱印帳が元興寺で終わり、

興福寺から新たな奈良用の朱印帳で頂きました。

地味から派手へって感じでしょうかね(^^)


b0247073_22001211.jpg





【奈良・元興寺】

ここで頂いた御朱印は「智光曼荼羅」

元興寺に伝わる智光が感得した曼荼羅、ここならではな御朱印です。


b0247073_21594703.jpg





【奈良・興福寺】

最後は興福寺、二つの塔同時公開記念の御朱印は・・・ありません、

五重塔とか書かれてもね(^_^;)

さて、新たな朱印帳は以前、室生寺で購入した大きなサイズのモノで

豪華な装丁の朱印帳ですよ、普通のよりお高いですが奮発して買いました(^_^;)

当然、一枚目には室生寺の朱印を頂いてます、

なので、興福寺は2番目となりますね。

そこで、書いていただいたのは興福寺定番、久しぶりの「令興福力」

藤原鎌足が信仰した「維摩経」の中の一文が由来とのことで、

「福を起こす力を持つ寺となる」

まさに興福寺ですね。


b0247073_21595741.jpg




以上でございますヽ(´ー`)ノ



by opaphoto | 2016-10-30 23:00 | 御朱印(御朱印帳) | Comments(0)