会津、ころり三観音・御朱印

先日、週末旅で巡った「会津ころり三観音」
その御朱印です。
こういうのは例えば回る順番が正確にはあるのかもしれませんが
特に気にもせず、巡り易い順で回りましたので
その順番でUPしました。



まずは鳥追観音(会津野沢)です。
寺名は金剛山 如法寺。
ここは正観音菩薩坐像でした、ワタシは最初に「正」は「聖」の間違いじゃないかと
思いましたが確かに正観音とありました。どちらでも良いのかもしれませんが
気になりますね、読み方は同じなので、うーん、なんだろ?
b0247073_22555978.jpg





次は立木観音(会津坂下)です。
寺名は金塔山 恵隆寺。
立派な千手観音菩薩立像でした。
b0247073_2256217.jpg





最後は中田観音(会津美里町)
寺名は普門山 弘安寺。
実物は拝観日以外だったので観られなかったのですが
写真で見たら綺麗な十一面観音さんでした。
b0247073_2256462.jpg




それぞれの右上の印にうっすらと数字や番の文字があります、
最初の如法寺にはハッキリと会津三十三観音、結願所、などが見えます。
実は会津にはその通りで三十三観音巡礼が出来るんですよね。
調べたら33観音+番外3観音となってました。
会津若松を中心にして割りとまとまってようなので
巡ってる人も結構居るみたいですね(^^)
ただ、御朱印頂くのが檀家の方だったりする場合があるようです、
ポツンと観音堂だけがあったりするとね、困りますよね、
どーなんでしょうか、もい巡礼したいなら
巡った方のHPやブログを参考にするしか無いですね。

しかし、それだけの数の観音堂があるということは
やはり仏都会津と言えます。
まぁ~京都や奈良と比べても意味ないですけど
衆中の祈りの心は場所がどこであれ変わりはありません、
むしろ京から遠く離れた地方だからこそ、何かと切実だったかも知れませんね、
厳しい冬の雪深い里に住む人々に寄り添い続けた優しい観音様達なんですね。

by opaphoto | 2016-12-09 23:00 | 御朱印(御朱印帳) | Comments(2)

Commented by rollingwest at 2016-12-10 10:56
昨年会津ころり観音めぐりをしましたが、まず最初に訪問したのが第一番・如法寺「鳥追観音」(西会津)でした。徳一大師が坂上田村麻呂の祈願で807年に創立した歴史的な古刹で慈悲溢れる願い事が叶、縁結びや子授け安産子育ての霊験あり若い男女に人気があるようです。
(PS)サイモン&ガーファンクル「冬の散歩道」を公開いたしました~
Commented by opaphoto at 2016-12-11 21:34
RWさん、こんばんは。
鳥追観音行かれたんですね、
どことなくみちのく感溢れる観音堂がステキでした。
S&Gの冬散歩ですね、この季節にピッタリです。