2016 山歩記・明星ヶ岳~明神ヶ岳(箱根)

なんとなく「月イチ登山」を自分に課したことも有り、
今月、つまり今年最後の山歩きをどこにするか、考えてました。
去年もそうだったけど、なんとなく締めは富士山眺められる山歩きがイイ。
昔から富士登山には全く興味なく、富士山が見える山に登るのが好きでした
まぁ、関東周辺の山だと結構どこからでも見えちゃうんですが(^^)
天気予報をチェックすると週末はまさに陽だまりハイク日和というこで
17日の土曜日に出かけてきました。

幾つかの候補の中から、登ったことのない山にしました、
箱根外輪山の明星ヶ岳から明神ヶ岳コース。
ウチからだと、どこでも登山口へのアプローチはかかるんですよね、
今回は小田原駅から箱根登山鉄道で強羅駅まで、結構長旅です。

久々に早起きした朝、暗いうちからワンコ散歩行って、結構余裕あったんですが・・
いきなり予定の電車に乗り遅れ。
スタートで約30分ほど出遅れちゃいましたね(´Д`)
この時期は日暮れが早いので朝の30分は貴重なんですけどね。
とりあえず券売機でお馴染みの「休日おでかけパス」を購入します、
小田原駅はぎりぎりフリーエリア内なのでお得なんですよ。
ただ時間優先な場合は新幹線もありますけどね。

久しぶりの小田原駅、ここから箱根登山電車に乗り換えです、
箱根湯本駅で更に乗り換え、強羅駅までスイッチバック3回で到着です。

b0247073_23294787.jpg





b0247073_23301592.jpg


b0247073_2330247.jpg


b0247073_23303574.jpg



実は遠い昔、強羅駅からバスに乗り換え
金時山に上り、夕日の滝方面へ下り、夕日の滝キャンプ場で
キャンプした事があります。たしかGW中だったかな、
山用のテントやら寝袋やらを購入したので、
嬉しくてとりあえず出かけたんですよね、家族三人で。
で、その時のザックが60Lで、まぁ~いろいろキャンプ道具やら何やら
容量いっぱいに入れ過ぎて、今思えば恐らく20K近かったかも。
ヘロヘロになってキャンプ場に着いたことを思い出しました。
GWなので登山電車もバスも座れなかった・・・天気も曇ってて
富士山も見えなかったし、キツいだけの山歩きでしたが
だからこそ記憶に焼き付いてます、そんなもんなんですね。
今だと同じ山道具でも軽量化が進み雲泥の差、当時の半分くらいかもね、
その恩恵は計り知れません、が、なぜか登山のキツさだけは
変わらないんですけどね(笑)

そんな思い出の強羅駅でしたが改めて立ってみて・・・あれ?こんなんだったっけ!
多分、駅舎も建て替えられたんでしょうね、
それはわかりますが、ただ周りを見渡しても何一つ記憶の襞にひっかかって来ない、
もう完全に忘れてしまいました、ただここからバスに乗ったという言葉の記憶だけ、
カミさんに聞くとワタシ同様、何も思い出せないと。
まぁ、それはしょうがないので目の前で売ってた温泉まんじゅうの小さいのを買って
食べました。
強羅駅からぼちぼちと歩き始めます、
線路を超え、歩行者専用の細い道を下っていきます、
やがて早川に出て、橋を渡りますと案内板が有りました、明星ヶ岳方面へ、
しばらく行くとまた案内板が出てるのでその通りに進みます。
老人ホームを過ぎたあたりから坂道になり、
やがて左手に明星ヶ岳登山口の案内板、ここから山道へ入ります。

b0247073_23312358.jpg


b0247073_2331272.jpg



快晴の空から明るい日差しが降り注ぐ笹林の中を
登ります、息が弾み汗が出ますが急登ではありません、
つづら折りの山道です。
何度目かのカーブでふと樹林越しに真っ白な雪を被る富士山が見えました、
あ〜富士が見えた、これで元気が出ます!
富士山はそんな山です。

b0247073_23333973.jpg



開けた場所に出て、木々の邪魔が無くなり
快晴の下、見事な富士山が見えます、ここは大文字焼きが行われるその「大」の所です、
下から見上げたときには大の形が見えましたが
近くに来るとただの見晴らしのいい場所ですね(^^)
ここで少し休憩、羊羹を頬張り元気回復\(^o^)/
そこからは細い道に入り鬱蒼とした樹林帯の中を登ります、
こういう登りが一番キツイです。
やがて稜線の分岐点に到着しました。明神ヶ岳は左へ、右は塔ノ沢方面です、
塔ノ沢から縦走で歩くコースもありますが、なんせ距離が長い、
トレランのコースにもなってるようです、今回数名のトレランな方に出会いました、
お一人は外人さんでしたね、敬意を込めて変態だと言っておきます(笑)
歩いてもキツイのに走るって・・・(^_^;)

b0247073_23343071.jpg


b0247073_23361339.jpg


で、ここから明神ヶ岳に向かうんですが・・・あれ?明星ヶ岳山頂って何処?
なんとなく事前に調べて見晴らしの良くない場所にひっそりとあるみたいなイメージでしたが、
それらしい案内板もないし・・・、なんとなく塔ノ沢方面に向かって探しますが
見当たらず、ここで地図を見間違い、明神ヶ岳方面に行く途中にあるかもと勝手に思い込みました、
でも、あとで調べたら塔ノ沢方面に行った所に在ったようです。
あ〜もっと分かり易いのかなと思ってたけど、ちゃんと調べておけば良かった。
まぁ、しょうがないですが、凄く近くまで行ったということで(^_^;)

b0247073_23392249.jpg



稜線歩きは適度なアップダウンを繰り返しながら進み、
最後は徐々に高度を上げ明神ヶ岳に到着しました。
歩いている間、向かう先に富士山が見え隠れするので
なんかとても楽しく歩けましたね、
また右を見下ろせば相模湾、眼下の町並みは小田原市街地から平塚辺りからその先まで一望、
遠くに浮かぶように大島も見えます。
見上げれば雲一つない紺碧の空、
唯一、風を心配しましたが・・・なんとほぼ無風、
恵まれ過ぎてる山行となりましたよ、とりあえず富士山に感謝です。

b0247073_23393452.jpg



頂上時間はたっぷりと取りたいのですが、
なんせ登山口スタートが11時近かったので
コースタイム通りに歩いてますが時間が遅い、
下りのことを考えると30分がギリでした。
そのお陰かどうか、結構人が居ましたが
丁度、下山する人も居てすぐに休憩場所確保出来ました。
しかし、明神ヶ岳の山頂、気持ち良いですね(^^)
美しい富士山を見ながらのおにぎりはいつも以上に格別です。
お湯を沸かして飲んだ温かい豚汁が身体中に沁みましたよ(^。^)

b0247073_23404297.jpg



山頂の方々が徐々に下山していきます、
団体さん、少人数グループ、ご夫婦、カップル、
そして山頂にワタシら夫婦だけが残ります・・・
明神ヶ岳からの富士山、独占中!そして
シャッターチャンス到来(^^)
残り時間わずかでしたが楽しめました。
山頂時間が終了、下山です。

b0247073_23414435.jpg



登ってきた道を鞍部の分岐まで戻り、
そこから一気に下ります。
少しづつ日が傾き、徐々に光が色を変えます、
山の帰り道、刻々と迫る夜気の気配を感じながら歩きます。

b0247073_23453855.jpg



最後は住宅地の脇道を抜け、細い通りに出ました、
日帰り温泉に立ち寄る予定で事前に調べておいたのが
「勘太郎の湯」
今回、参考にさせて頂いたいくつかのブログに書かれてたんですが、
たしかに下山口からちゃんと案内板が数カ所ありまして、
その通りに導かれると到着します(笑)
これなら入る予定じゃない人もついつい寄っちゃいそうですね。
ワタシ達には助かりましたけど。

b0247073_23461069.jpg



この後は次回「下山後の楽しみ」に続きます(^^)

by opaphoto | 2016-12-18 23:00 | 山歩記 | Comments(0)