佐賀の銘酒 鍋島

ワタシの本家が在る佐賀県嬉野には「東一」という蔵元があり、
何度か購入して飲んだことがあります、
その印象は妙に馴染む味でした、
ひと口目のフルーティな感じがいまいち苦手なんですが
なんだかんだ言っても飲めちゃうという(^_^;)
故郷贔屓ではないけど、美味しいお酒だなと思いました。

以前は佐賀の酒がとても高い評価を得てるとは
思ってなかったので、いろいろ知ってからは驚いた次第です。
その筆頭たる蔵元が佐賀県鹿島市の富久千代酒造、
醸す銘柄が「鍋島」でした。

このお酒、まず普通に売ってるのを見たことなかったので
飲んでみたいけど飲めない、そんな酒でしたが、
銚子の方に店頭販売してるいい酒屋さんを見つけました。
カミさんの実家や親戚がいるエリアなので
良く行きますから、そのついでに寄れるなと思ってたんです。

b0247073_22491840.jpg





で、先日、親戚の新年会に行ったついでに
初めて行ってみました、銚子市野尻町に在る「酒のたかしま」さんです。
「鍋島」と「〆張鶴」のみ、店頭販売ということです。
JR成田線、椎柴駅の近くでしたが
こんな所にと言っては何ですが、こんな酒屋さんがあったとは驚きでした、
雰囲気のいいお店でしたね。
店内見渡すと冷蔵ショーケースの中に地酒が溢れてます、
すぐ目に飛び込んできたのが、やはり鍋島でした、
沢山の種類が四合瓶、一升瓶ともに並んでました、
こんなに種類あると逆に悩むほど(^_^;)
とりあえず定番っぽいヤツを四合瓶で2本選び購入しました、
白っぽいラベルの「特別純米酒」と
オレンジラベルの「純米吟醸」
そう言えば「緑川」も有りましたね、なかなか良い品揃えです。
あっ、焼酎も「佐藤」とか普通に売ってました。

b0247073_22493629.jpg



帰宅後、冷蔵庫に入れ、翌日、早速飲んでみました(^^)
まずはオレンジの純米吟醸から。
口に入れると、やはりというか、一瞬、フルーティな甘さが来て
それがすぐにキリッとした旨味になりスッとキレて行く感じですかね。
後味が良いです、なるほどこれは美味しい酒ですね(^_^;)
ぬる燗でも飲みましたがワタシは冷から常温が好みかなぁ。

次は特別純米、
これもまず冷やして飲みました、
なんか甘さと辛さと微発泡な酸が来る感じで、
ひと口目の印象はワタシの舌には華やか過ぎる印象(^_^;)
でも、キレが良いので飲み飽きないタイプですね、
燗にすると華やかさが更にアップした感じでした、
これも冷やから常温が好みです。

というわけで二種類しか飲んでませんが、
なるほどこれが「鍋島」なのかと思いました、
日本酒のまさに今を代表する銘柄でしょうね。
普通に買える店を見つけたのでそのうち他の種類も飲んでみようと思いますが、
それは墓参りとかの用事で実家へ帰った時になると思いますけど(^_^;)

by opaphoto | 2017-01-31 23:00 | 酒を飲みましょ | Comments(2)

Commented by bigshot21c at 2017-02-03 20:34
おーぱさん、こんばんは。^^
鍋島ですねー。私も同じの買って飲みました。オレンジラベルの五百万石。釣庵の方に私も書きましたが、同じお酒の、おそらく同じロットの人様レビューはなかなか興味深かったです。^^
鍋島。お気に召したら、いつでも我が家の近所にお越しください(笑)
Commented by opaphoto at 2017-02-03 21:23
まこさん、毎度です。
やっと鍋島を飲めました(*´∀`*)
どちらも3日も立つと、とてもまろやかになりました、
その変化が面白いですね、鍋島がご近所で入手できるって
羨ましいです(^_^;) ぜひ、機会があれば。