2017 山歩記・房総陽だまりハイク(烏場山【花嫁街道】)

凄まじい寒波が日本海側を中心に全国を襲ってますが、
首都圏はとりあえずこの土日は晴れの天気です。
この土曜日は祭日と重なり残念でしたが(^_^;)
まぁ、それはともあれ南房総辺りは春満開な気配です、
そんな訳で月イチ登山、2月は烏場山を歩いてきました。

烏場山はカラスバヤマ、酉年の今年には合ってます(^_^;)
烏場山というよりは「花嫁街道」の方が
ハイカーの方々には馴染みがありますね、
この時期の陽だまりハイクの定番コースです。
ワタシももう過去に何度かな、4~5回は歩いてますかね、
一度はワンコ連れで行きましたし(^^)

いつものように館山道、今回は君津ICで降りて下道を走ります、
この道は釣りで何度も利用したので馴染みの道です。
途中から房総スカイライン~鴨川有料道路を通ります、
亀山ダム、片倉ダム、金山ダム、懐かしいダム湖が点在するエリアですね、
BASS達は元気かな(^^)

海沿いの道に出て和田浦方面へ向かいます、
和田浦駅の手前から細い道を入り、更に奥へ、
すれ違い困難な道を突き当りまで進むとそこが
花嫁街道入口になります。
6~7台位、停められそうなスペースがあるので
適当に駐車、一応、トイレも完備されてます。
この日の先行車は4台でしたね、思ったより少ない。
でも、もともと静かな早春の山歩きが楽しめるコースなんですよね、
たまーに団体さんに出会うと大変ですが(^_^;)

b0247073_20514229.jpg




さっさと準備して歩き始めます。
とても歩きやすく、地元の「歩こう会」の方々が
整備してくれているので案内板も以前より増え、
快適な山歩きが楽しめます、ホント感謝ですね。
最初に多少の登りもありますが、まず息が上がる事はありません、
ある程度まで上がれば、あとはわずかなアップダウンがある程度で
ほぼフラットな道のりです。
木漏れ日が優しくて気持ちいい、マテバシイの林を抜け、
時折、木々の間から見える遠くの稜線や、
はるか先に広がる太平洋の海原に目を休めながら
のんびりペースで進みます。

b0247073_20522844.jpg

b0247073_20523478.jpg

b0247073_20525556.jpg

b0247073_2053263.jpg




烏場山山頂手前の明るく広い見晴台で休憩タイム、
このコースで一番展望が良く、南向きなので日差しが降り注ぎ、
ベンチも沢山ある。そんなとても気持ちのよい場所です。

b0247073_20534833.jpg


b0247073_20545067.jpg



この場所から少し登れば烏場山山頂、一気に上がります。
そして頂上到着、標高267m、魅力溢れる低山です。
遠くに富士山が見えますが残念ながら山頂に雲がかかってました、
その富士山のずっと手前に特徴的なピークが・・・
おっ、前回登った伊予ヶ岳、房総マッターホルンじゃないですか、
こうして見るとカッコいい岩峰ですね。

b0247073_212345.jpg


b0247073_20593290.jpg


b0247073_20554867.jpg


b0247073_2056164.jpg



いつものように山頂にある花嫁の石像を撫でて記念撮影、
ついでに三角点にTouch。
この山頂は狭いので長居は無用、下山します、
下山は黒滝方面へ降りていきます。

気持ちの良い山歩きですっかり心身とも浄化され、
軽快に下ります、途中、小さなピークの金比羅山を過ぎます、
こんな山の標識があったかなと思うほど地味です(^_^;)
だらだらと歩いてやっと黒滝の上に到着、
これで山歩きは終わりました、滝音が聞こえます、
以前来た時はチョロチョロだったけど今回は流れ落ちてますね、
黒滝への階段を下り、滝の前に立ちます。
しばらく滝見学、そして撮影(^^)

b0247073_20563415.jpg


b0247073_2056552.jpg


その後は渓流沿いを歩いて公園に出ます、
そこで咲き誇る梅の花見を楽しんで
5分程歩けば車を停めた花嫁街道入口に戻ります。

b0247073_205793.jpg



さっさと片付けて出発です、
途中、菜の花が咲いてて、あ〜春色だなと幸せな気分になりました。

b0247073_20571830.jpg



帰りのルートは和田浦から半島横断して館山方面へ、
富浦ICから館山道に乗りました。

早春の陽だまりハイク、
何度歩いても楽しい花嫁街道でした、
特にキツい所もないしね(^^)
のんびりと歩けます。
この時期はどうしても歩きたくなる、
そんな温暖な南房総の春色を感じる山歩きでした。

さて、次は3月かぁ、どこに登ろうかなぁ〜(^^)

by opaphoto | 2017-02-12 21:18 | 山歩記 | Comments(0)