2017 山歩記・梅雨の山歩きは花の名山へ( 入笠山)

先週末は山歩きでした。

梅雨の時期の山歩き、天気次第では展望に恵まれず、

雨具必須ですが、この時期ならではの楽しみもあります、

それは花々の一斉開花、足元の小さな花々を愛でるのもまた一興です。


先月辺りからどこを歩こうかなと検討してました、

梅雨の時期のイメージで思いついたいくつかの山の中から

ちょうど今、日本すずらんが満開との情報で

入笠山に決めました。


当初の予定は7月1日の土曜日でしたが、

予報が悪く一日中傘マーク・・・さすがにそれだと辛いです、

で、翌日の日曜だとかなり回復します、

一時雨のマークがありますが一日通して曇りベースなら大丈夫そうなので、

日曜日に決めました。

しかも予報的に行楽客も少なくて渋滞無いかもと期待しちゃいました。


早起きして5時過ぎに出発、

首都高も中央道も順調で諏訪南インターまで行けました。

久しぶりに笹子トンネル超えましたね、

甲府盆地を抜けながら左側に見える南アルプスの峰々、

相変わらずカッコ良かったなぁ~(^^)


諏訪南インターからナビの指示に従い

「沢入登山口」までウネウネとつづら折れの道を上がります。

しばらく走るとマイカー規制中の看板がある駐車場に到着、

監視員のオジサンが軽自動車の中から出てきました。

ここから登ることを伝えると駐車場所を教えてくれます、

25台位は停められそうな広場ですね、

もちろん無料、きれいなトイレもありました。

ワタシらが着いた時点で15台ほど停まっていたかな。






b0247073_23154265.jpg








入笠山へのメジャーなアプローチはゴンドラリフトです、

観光バス利用の行楽客も大勢訪れる山なんですね、

またマイカー規制されてますが、それがないと

山頂直下まで車で入れますので・・・歩き甲斐はあまり無いというか(^_^;)

でも、ほとんどゴンドラ客ということは

入笠湿原までは静かな山歩きが出来そうです。


車内で着替えて準備完了、

駐車場からすぐの登り口から歩き出します。

この頃から青空が覗くようになり、日差しが樹林帯に射し込みます、

なんでも朝方まで雨だったらしいのですが

急速に回復してくれてます、

期待してなかったけど、これなら展望が楽しめるかもと思いながら

登りました。




b0247073_23161055.jpg



b0247073_23161761.jpg




b0247073_23162281.jpg




b0247073_23163054.jpg




b0247073_23163795.jpg




とても歩きやすい登山道は人が少なくてとても静かです、

湿原エリアがあるので

そのしっとり感は至る所に溢れていて

シダや苔などの瑞々しい緑に癒やされます、

あちこちから湧き上がる鳥の鳴き声を聴いてると

この森の豊潤さがわかりますね。

時折吹き抜ける風が心地良くて、スッと汗が引きます。


上りが終わり平坦な道を進むと、

目の前になんとも周りの風景に馴染まない鉄の扉が出現、

「手動出入口」と書かれた細い板切れが下げられてます。

扉の左右にはネットがどこまでも伸びてます、

これが鹿よけのドアでした(^^)

なんでも鹿の食害が酷いらしく、

アヤメの群生で有名な櫛形山も全滅しそうになったと聞きました、

今現在は回復途中なのかな。

増えすぎるのも困りもんですね、狼はもういないし(^_^;)





b0247073_23164295.jpg




b0247073_23164892.jpg




b0247073_23165666.jpg



ドアの中へ入ると木道が敷かれ、ミニ尾瀬のような雰囲気です。

ボランティアの方々なのか、除草作業中でした、

丁度団体さん達がゴンドラ乗り場の方へ戻っていきましたね、

天気も回復し、雲は多いけど青空が広がりました、

これから更にゴンドラ客が増えそうです。






b0247073_23170258.jpg




b0247073_23173395.jpg




入笠湿原でしばらく休憩してから

山頂を目指して歩きます、途中またしても鉄ドアのある花畑に入ります、

花畑の中をクネクネと上ります、途中で葉の陰に隠れるように咲く

すずらんを探しますと、あちこちに見つけました、

小さくて可憐な花ですね、心が癒やされますよ(^^)







b0247073_23174656.jpg




b0247073_23175235.jpg




b0247073_23175907.jpg




b0247073_23180488.jpg




花畑を登りきり、鉄ドアから出て

一気に山頂へ、15分程急登を登りますと

広い山頂へ出ました。


雲は多いけどダイナミックな展望が楽しめます、

入笠山の山頂標識で記念撮影、少し順番待ちです(^_^;)

風が少し強いので帽子を飛ばされないように気をつけました、

皆んな、広い山頂のあちこちでシート広げて休憩中、

ワタシらも正面に富士山が見える場所でおにぎりタイムです。






b0247073_23181167.jpg




富士山から右へ目を向ければ鳳凰三山(地蔵、観音、薬師)

更に左にカッコいい甲斐駒ケ岳、間ノ岳と仙丈ヶ岳もかろうじて見えます。

富士山から左だと茅ヶ岳、大菩薩、金峰山、甲武信ヶ岳、一度登った山々が見えてます、

そして裾野の広がりが美しい八ヶ岳、

山頂部分は雲に隠れていましたが、

快晴の赤岳山頂から縦走したことを懐かしく思い出しました。

山は変わらないなぁ~、ワシらは歳取ったのに・・・(^_^;)

更に雲が邪魔されながらも中央アルプスや北アルプス方面も望めました、

眼下には諏訪湖も見えましたね。

この360度の展望は素晴らしいですね、これなら冬場の方が展望良いでしょうね。

山頂時間は贅沢時間ですからね、

たっぷりと取ります。







b0247073_23183611.jpg




b0247073_23184126.jpg




b0247073_23184612.jpg





b0247073_23185284.jpg





下山は仏平峠へ下ります、

15分程で着きまして、そこからは車道歩きで

マナスル山荘へ向かいました。

マナスル山荘でコーヒーを飲んで

山バッジを購入してから入笠湿原の手前から

登ってきた道を駐車場の在る沢入登山口まで歩きました。

山頂方面から黒い雲が湧いたので急ぎましたが

ポツポツと少し小雨が降った程度でまた回復してましたね。





b0247073_23193218.jpg




b0247073_23193741.jpg




b0247073_23194943.jpg




b0247073_23195938.jpg




b0247073_23200598.jpg




b0247073_23200923.jpg




b0247073_23201472.jpg



下りでいつも使用するLEKIのトレッキングポールの1本、その先端部分が

どうしても伸びず・・・1本だけ使用して下りました、

うーん、もうかれこれ20年以上使用してるから

いよいよマズイかなと思いつつ、帰宅してから見ることにしました。




b0247073_23201859.jpg





帰りの道中、中央道は相変わらず小仏辺りで渋滞、

八王子辺りまで断続でしたね、結構皆んな出かけてたのねぇ~(^_^;)

早めが良いかなと現地2時頃に出たんだけどなぁ~、甘かった。


梅雨時期も天気次第で楽しい山歩きが出来ます、

これからは高山植物も楽しめるし、

梅雨が開ければいよいよ夏山シーズン開幕ですね(^^)

さてと、次はどこに登ろうかなぁ~。







b0247073_23204836.jpg

by opaphoto | 2017-07-04 23:00 | 山歩記 | Comments(2)

Commented by rollingwest at 2017-07-07 06:07
今年はまだ1回も山に行っていないのです。先週、新潟の巻機山を計画していたのですが新潟の豪雨であきらめました。山陰・九州は豪雨水害で大変なことになっていますね!最近は夏の山は避けるべきかなと思い始めています。
Commented by opaphoto at 2017-07-09 15:36
RWさん、こんにちは。
この時期は事前に計画立てても天気次第ですからね、
山は逃げませんので再チェレンジして下さい(^^)
梅雨明け十日と言いますからその頃の夏山は
安定してると思いますけどね。