タイ展へ行ってきた

2017年の今年は「日タイ修好130周年記念」ということで、

上野の東博で特別展「タイ ~仏の国の輝き~」が開催されています。

会期は7月4日~8月27日。


これはとても楽しみにしてた展示会だったので

三連休の初日、炎天下の中を早速出かけてきました。

券売所でチケットを買って(大人1600円)

一番奥の平成館へ向かいます、

なんか思ったより人が少なくて助かりました、

よく冷えた館内に入りホッと一息、

この日の暑さを思えば一日中館内に居られる気がしましたね(^_^;)




b0247073_22480504.jpg





b0247073_22494742.jpg



タイ展は全5章から構成されてました、

古代、スコータイ、アユタヤ、シャム、最後はラタナコーシンの各時代。

アユタヤやシャムって名前に馴染みがありますね、

スコータイとアユタヤはタイの仏教美術に花を咲かせた地でもあります。


日本も仏教国なのでタイにはシンパシーを感じますが、

ざっくり云えば微妙な違いがありまして、

基本的にタイは上座部仏教、日本は大乗仏教。

どういう違いか?気になる方は調べて下さい(笑)

でも元は一緒でインド仏教ですからね。

そこから各地へ伝わリ、

下が、スリランカ、タイ、ミャンマー、カンボジア、ベトナムなど、

上が中国、朝鮮半島、そして日本へ。

元は一緒でも伝来後は各地それぞれの受け入れ方があるわけで

その中で様々な仏教美術が生まれたんでしょうね。


ちなみにインド仏教は13世紀初頭には消滅してヒンドゥ教に取り込まれました、

ブッダもヒンドゥの中の誰かの化身となってるそうです、

ヒンドゥは神が化身するという考え方なのですねぇ、

最高神の一人はあの有名なシヴァ神です、

日本で言えば神仏習合なわけですね、

インド神話も読むと結構面白そうです。


ヒンドゥの神が仏教に取り込まれたのが

日本でも馴染みのある梵天とか帝釈天、毘沙門天とか、

あの弁財天もそうなんですね、ヒンドゥだとサラスヴァティーという神ですが、

・・・・言いにくいって(笑)

そんなわけで意外とヒンドゥの神々って日本でも名前を変えて身近にいたのです(^_^;)


さて、タイの仏像と云えば・・・まずあの口角を上げた微笑み、眩しいくらいの金ピカ、

そして巨大さ、となるわけですが、今回有名な巨大涅槃仏は・・さすがに無理ですね(笑)

とりあえず金ピカスマイルだなと期待して会場入りするといきなり出迎えてくれたのが

「ナーガ上の仏陀坐像」なんとも渋いお姿でした、その造形は巨蛇がとぐろ巻いてる上に

座って、光背の形はまるで威嚇するコブラそのもの、鎌首挙げた蛇が7匹が

仏陀の背中から飛び出てますよ、いったいこれは何なのか?ということですが、

実は風雨から七頭の蛇(ナーガ)が仏陀を守っているという説話の再現なのですね、

いや~素敵な話じゃないですか!

気品ある仏陀の顔がまた素晴らしいのです、そしてもちろん、

かすかな微笑も魅力的です。

さすがに今回のチラシを飾った目玉のひとつですね、

いきなり良いものを見せてもらいテンションUPです。



【拾った画像です(^_^;)】

b0247073_22511025.jpg



スコータイのコーナーに入ると魅力的な仏像が増えます、

特に仏陀遊行像(ウォーキング・ブッダ)には思わず見入りました、

まるでご近所散歩的な雰囲気(^^)

なんか楽しいことでも思い出しているような表情、

腕のアンバランスな長さに見ているこちらの感覚が狂います、

纏った袈裟が揺れ動いているみたい、

全身から感じたちょっとした気だるさ、南国は暑いからねぇ~(^_^;)


更に他の展示物に、またもやナーガ(蛇)が出てきました、

そしてタイと云えばの定番、象も出てきましたぁ。

タイで象は特別な存在ですからね、特に白い象は仏陀の化身とされているそうです。

あ~白い象のフィギュアが欲しくなるなぁ(笑)


アユタヤ王朝時代の仏像もまた見ごたえありました、

いろんなものに金が施され輝いてます、

アユタヤ王朝はビルマの侵攻で徹底的に破壊されましたが

その遺跡は世界遺産になってます、

もしもそのまま残っていたら・・・まさに黄金郷だったかもね。


江戸時代の交易で栄えた長崎のお寺から出品されていた

アユタヤー時代の仏陀立像には驚きました。

また、展示されてるアジア航海図を見て当時の船旅を思い、

さらに西洋鍼路図を見てタイ式マッサージの根源なのかと

思ったり、異国渡海朱印状にはロマンすら感じましたよ。


最後に見た騎象仏陀三尊銀像、白銀の象の神々しさ、

三体の仏像には優雅さすら漂ってます、

日本で象に乗ってるといえば帝釈天でしたね、

あ~ワタシも象に乗りたいなぁ~(*´∀`*)


そうそう、この展示会ではなんと撮影可能スペースが設けてありました!

それは大仏殿の大扉でしたね、

金箔や漆が施された繊細な彫刻でうさぎや鳥、樹木などが描かれていて

それはそれは素晴らしいものでしたよ、まさにタイの国宝なのです。

観音開きの片方が今回、初めて海を渡って日本へ来ました。

その扉の奥に、大仏の写真が壁一面に貼られてまして

現地同様の雰囲気が味わえるような演出です。

大扉の奥の大仏・・・ステキな演出でした。

フラッシュ機能OFFにせず撮影してたオジサンが

注意されてましたね(笑)

ちなみに大仏の写真を撮影されたのは三好和義さんです。



b0247073_22520652.jpg




さて、展示室を出たらお馴染みのミュージアムショップ、

早速拝見です(^^)

見仏師匠であるみうらじゅん&いとうせいこう両氏のコーナーが有りまして、

またいろんなグッズを制作してくれました、

お馴染みのモノから新しいモノまで見てるだけで楽しくなります、

そんな新しいモノの中で、思わず立ち止まって手に取ったのが

壁掛け時計(笑)イラストモノってつい手が出ちゃうんですけど、

それと時計が合体したわけですね、

これが高いなら諦めるけど、上手い具合お手頃価格なのです・・・買っちゃいました(笑)

ワタシの部屋で時を刻んでもらうことにします。



b0247073_22534343.jpg



この展示会用の写真は

あの楽園シリーズの写真家 三好和義さんの撮影なので

楽園の写真集もいつくか販売されてました。

三好さんもあの室生寺の頃から神社仏閣撮影が増えたような気がします、

アングルとか、とても参考になるんですよね、さすが写真家視点。

青い海、青い空なイメージの楽園シリーズですが

仏像のいる世界観もある意味「楽園」なのかもなぁ~と思うので

今後も仏教楽園シリーズを続けて欲しいですね。


という事で、タイ展、とても楽しめました、

言葉は違うけど、今までより身近にタイを感じることが出来ました(^^)



で、ついでと言っては何ですが(^_^;)

身近に感じたとこで実際にタイへ行ってきます\(^o^)/

2017年8月下旬、今年の夏旅は久々に異国です、

海を超えて初の見仏巡礼旅、チェンマイ、バンコク、アユタヤを巡る予定です、

タイの心に触れられる旅が出来ればいいなと思ってます。

そして料理も美味しいのでそれも楽しみ(^_^;)

では、サワディークラップ!(笑)



by opaphoto | 2017-07-18 23:00 | 美術館・博物館・イベント | Comments(0)