午後の庭園美術館

うんざりするくらい暑い土曜の午後、

ドライブがてら出かけたのが「松山庭園美術館」です。

場所は千葉県匝瑳市、

匝瑳・・・難しい字ですね、これで「そうさ」と読みます。

この美術館の近くにある匝瑳高校は

あのチイチイこと地井武男さんの出身校です、

もう亡くなられてから随分と経ったような気がしますね。


松山美術館は「猫展」が有名ということで、

ネコ好きな方はその期間に行って見る価値はありそうです、

今回の猫展は7月30日まででした。

個人のアトリエ兼住居の一部を開放し、

主にコレクションなどを展示する美術館ということでした、

で、その方が此木三紅大(コノキミクオ)氏・・・

芸術家の方ということですが知りませんでした(^_^;)


b0247073_22205803.jpg




ナビの指示通りに東関道を走り成田の新空港ICを出ます、

こも出口を利用するのは初めてなので、

道を間違ったかなと思うくらい空港施設内を走り抜けます、

そこからは一般道をだらだらと進み、

途中から狭い道へ入り、更に車1台がやっと通る農道を走ると

その途中に美術館の入り口と駐車場がありました。


目の前になんとも長閑な田園風景が広がります、

日本の正しい心の風景とでも言いましょうか、

青田波をぼんやりと眺めていると暑さが少し和らぐようです。

松山美術館はありました。

たぶん、この米はあの有名な多古米なんでしょうね。


入館料を払い中へ入リます、小径に沿って

庭園内を歩きます、

とてもユニークな石像や鉄くずでの彫刻など多くの展示物が

庭のあちこちに置かれてます。

離れの建屋が幾つかあり、一見日本庭園の趣ですが

その中央には青い芝生が気持ち良く広がってます。





b0247073_22211226.jpg



b0247073_22212158.jpg



b0247073_22212900.jpg



b0247073_22214181.jpg



館内に展示されているのは、猫の絵画や彫刻、

写真などなど。猫展ですから当然ですが猫だらけです(^^)

いろんな方の作品をひと通り見て回り、

芝生の庭に面した縁側に座って

しばらく午後の芝生を眺めてました。


庭園から一段下がった離れの建屋が子猫カフェになってまして、

覗いたら実際子猫が居ましたね、狭いので数人入れば満席です、

順番待ちの方がいました。

その上が休憩所として開放されてまして

そこから田んぼの風景を眺めていると

風が心地良くて昼寝したくなりましたね。



b0247073_22215101.jpg



b0247073_22215952.jpg



b0247073_22220796.jpg



b0247073_22221669.jpg





しかし、こんな場所にポツンと美術館があるとは、

全く知りませんでしたよ。

千葉は深いなぁ~(笑)


帰りは「道の駅多古」で多古米買って帰りました。



by opaphoto | 2017-07-23 23:00 | 美術館・博物館・イベント | Comments(0)