真夜中のカウボーイ(1969年)

1969年の映画なので随分古い映画になりますが、

物語としては今観ても何ら遜色ないと思います。

ハッピーエンドでは終わらない結末、だけどそこに

少しだけ何か希望があれば救われるかもしれない、

観終わった後そんな思いを抱いた名画でした、

が、何時観たのか、その記憶が曖昧です。

年齢的に多分テレビで観たはずです、

荻昌弘の月曜ロードショー、水野晴臣の水曜ロードショー・・・?

それともそれ以外なのか、そのことについては全く覚えてませんね、

もちろんレンタルビデオ屋なんて随分後の話だし(^_^;)


青春時代にとても影響を受けたアメリカン・ニューシネマの数々は

72~3年以降の作品は映画館で観てるものが多いのですが、

それ以前のものは後年になってそれこそレンタルとか、名画座とかで

観ていますね。

さすがに60年代は怪獣映画に夢中だったので・・・(^_^;)

この『真夜中のカウボーイ』もレンタルで何度か借りて観てますし、

テレビで放送されてるのも観ているし、

そう考えると結構な回数を観てるはずです(^_^;)

その都度新鮮な感じで観られちゃうのは

自分の年齢が変わっているからなのかも知れません。



b0247073_18233914.jpg





都会に夢を抱く故郷を飛び出た世間知らずな田舎の若者と

都会の片隅で生きる貧しく足の不自由なペテン師との出会い、

希望と絶望が交錯するニューヨークでの日々、

やがて二人は新天地を目指し、フロリダへ向かいます、

そこへ行けば何かが変わる、そんな漠然な思いを胸に、

それを希望と呼ぶにはあまりにも切ない、そんなラストシーンでした。


主演はジョン・ボイドとダスティン・ホフマン、

この頃、ジョン・ボイドの出演作品は多かったような気がしますね、

あの名作「帰郷」もそうでした、これは思い出に残るいい映画だったなぁ~、

ジェーン・フォンダが素敵だった。

ダスティン・ホフマンはこの映画の2年前に「卒業」で一気にブレイクしましたね、

そこからの活躍は言わずもがなです。


ふと思いついて当時のアカデミー賞を調べてみたんですが、

これが第42回でした、1970年に発表、授賞式が行われています。

その時、主演男優賞にジョン・ボイドとダスティン・ホフマンの二人が

ノミネートされていましたよ!

同じ映画で主演男優二人ってスゴいですよね。

でも、受賞したのは「勇気ある追跡」のジョン・ウェインでした。

うーん、まだジョン・ウェインがいた時代かぁ、

その作品名は「勇気ある追跡」、そうか、それなら仕方ないですねぇ、

面白い映画だったもんな、後年リメイクされましたね、2010年だから

つい最近って感じです、

ジェフ・ブリッジス主演「トゥルー・グリッド」。

これも面白かったなぁ~、なんか基本的に西部劇って好きなんですよね。


話を戻して・・・

「真夜中のカーボーイ」はこの時、

作品賞、監督賞、脚色賞を獲ってますね。

ちなみに脚本賞は・・・・「明日に向かって撃て」なんですよ、

これも大好きな映画です、他を見ると

おっ、脚本賞にノミネートされてるのは他に「イージーライダー」があります、

サム・ペキンパーの「ワイルド・バンチ」も、いや~見てるだけで楽しいなぁ~。

歌曲賞を獲ったのは「噂の男」じゃなくて「明日に向かって撃て」の「雨にぬれても」でした、

これも名曲です、

バート・バカラックですからね、仕方ない結果ですね、

・・・・って、今回は「真夜中のカーボーイ」でしたね、ついつい(^_^;)

いい映画は音楽も良いのです。

映画の冒頭に流れるのはニルソンの「噂の男」

この映画の希望はこの歌にあるのかもしれないなぁ~と

思わせてくれますよ(^_^;)





あのトゥーツ・シールマンスのハーモニカが奏でる「真夜中のカーボーイのテーマ」もイイですね、

情緒溢れる音色はラストシーンに印象的に流れます。

ハーモニカって意外と都会的なイメージにも合うんですよね。





なんか途中から1970年のアカデミー賞の話が多くなりましたが、

どっちにしても古い話ですよねぇ~(笑)

でも、映画はイイ!

映画のない人生なんて壊れた羅針盤で航海をするようなものだ・・・比喩ヘタ(笑)



by opaphoto | 2017-08-02 23:00 | シネマの記憶 | Comments(4)

Commented by tapara at 2017-08-05 00:29 x
おーぱさん、

俺等がこの映画を観たのは、たぶん3番館のようなところの4本立てくらいだと思います。
映画が終わり外へ出ると、すでに夕方も過ぎ夜となっている。
そこで、裕次郎映画を観た昔のあんちゃんのように、タバコに火を付けて、ふっと吐くなどと息巻いていたものです。

60年代終わりから70年代初頭にかけて、この映画や「いちご白書」みたいのを、ニューシネマなどと呼んでいましたが、いまになって振り返ると別に”ニュー”でもなく、それぞれが順当に作られた優れた作品だったのでは、という気がします。

ブログの途中、確かに本題から外れてアカデミー賞話に転げて行きますが、これがご愛嬌、オーパさんの記事はぜひこうあってほしいものです。

ロッキーあたりから、アメリカンニューシネマの”ニュー”が取れて、アメリカンシネマになっていったのかしらね。
Commented by rollingwest at 2017-08-05 11:37
「真夜中のカーボーイ」主題歌はハリーニルソンの「Everybody's Talkin'」でしたね。ニルソンといえばやはり「ウィズ・アウト・ユー」ですが、真夜中のカウボーイのテーマ曲も映画の方がアカデミー賞3部門受賞しているのですからもっと評価されてもいいと思いますが、あまり知られていない気がします。
Commented by opaphoto at 2017-08-08 22:00
taparaさん、こんばんは。
昔、3本立てを観た記憶は何度もありますが
4本立ては知りませんでした、オールナイトですかね。
ワタシは「イージーライダー」辺りから覚えてるんですが
主役が死んでいくという所がある意味新鮮でした、
主役は絶対死なないと思ってたので(笑)
それが「ニュー」なのかと。
ロッキーは実にストレートなアメリカ映画でしたね、
やっとベトナム戦争の呪縛から開放されたような映画でしたが、そのあとコッポラの「地獄の黙示録」が公開されまして
あ〜やっぱりアメリカの傷は深いなと(^_^;)
Commented by opaphoto at 2017-08-08 22:09
RWさん、こんばんは。

ニルソン曲は「噂の男」と「ウィズ・アウト・ユー」しか知りませんが、どちらも名曲ですね、今聴いてもそう思うから
ホンモノです(^_^;)
ワタシはこの映画を想う度にセットでこの楽曲が流れ出します、あの頃の映画ってそういうのが多いんですよね。
映画と音楽