8月の祈り

梅雨が戻ってきて、すっかり夏らしさがどこかへ

行っちゃいましたね、お陰で朝晩涼しくよく眠れますが(^_^;)

いろんな意味で「らしさ」が無くなりつつ昨今ですね。


8月は広島、長崎の原爆の日、終戦の日、

そして祖霊を迎える盂蘭盆ということで

なにかと日本は祈りに包まれました。


少年時代、玄関脇に吊るした提灯の仄かな灯りで、

死者の魂を迎えるというなんとも不思議な感覚は

いまも良く覚えてます、

沢山の提灯の中から間違わずに家がわかるのだろうかと

思ったりもしたもんです(^_^;)


カミさんの実家では提灯ではなく

野菜、例えば茄子や胡瓜に爪楊枝で四本足を作り、

玄関先に出しておくんです、祖霊はその馬に見立てた野菜に乗って

戻るということでしたね、それを聞いてイメージするのが難しかったなぁ~(笑)

いや~風習とは面白いものですね。



b0247073_22023844.jpg

by opaphoto | 2017-08-16 22:03 | 日々雑感 | Comments(0)