カテゴリ:異国への旅( 22 )

夏旅のタイ・見仏巡礼記 最終回【バンコク】

「ワット・ポー」を出て、すぐ近くの通りを

チャオプラヤー川方面に向かいます、

道は川岸の建物の前で行き止まり、その中の通路を進みます、

土産物屋や食堂が並んでますが

そこを抜けると船券売り場があります、

チケット購入し桟橋を渡るとターティアン船着場です。

事前に調べておかないとわかりづらいかもですね、

ここから渡し船に乗り対岸の「ワット・アルン」へ向かいます、

乗船時間はわずか数分、船賃はたったの4バーツ(約12円)

21時位まで頻繁に往復してるようです、

夜のライトアップも人気ですからね。




b0247073_23175768.jpg


続きはこちらでーす (^^)

by opaphoto | 2017-11-01 23:00 | 異国への旅 | Comments(4)

夏旅のタイ・見仏巡礼記 11【バンコク】


最終日・・・

今回の旅でまともな雨の日になりました(^_^;)

これはこれで仕方ない、雨のバンコクもまたイイじゃない!

ってことで、とりあえず予定通りに行動します。


旅行会社からのプレゼント「BTS・1日フリーパス」を利用します、

BTSはバンコク市内を走る高架鉄道です、

今回は利用しなかったけど、MRT(地下鉄)もあります。

渋滞を考えれば鉄道利用がいいけど、

ただ東京みたいに網羅してるわけじゃないから、その点が不便でした、

特に最大の観光エリアである王宮界隈へのアクセスが悪いのです。

そこで利用したのが・・・「チャオプラヤー・エクスプレス」です。




b0247073_18404696.jpg


続きはこちらでーす (^^)

by opaphoto | 2017-10-29 23:00 | 異国への旅 | Comments(0)

夏旅のタイ・見仏巡礼記 10【バンコク】

この日も朝から良い天気、

午前中の国内線でチェンマイ空港からスワンナプーム空港へと

向かいました、さようならチェンマイ。


1時間弱のフライトでスワンナプーム空港に着きます、

現地スタッフの送迎付なのでのんびりです。

係の方は流暢な日本語を話すタイのオバはんって感じで、

なかなか楽しかったです。

で、ホテルに向かう車内で早速バンコクの洗礼を受けました、

それは渋滞、どうしたの?って言うくらい停止時間が長い(^_^;)

信号の間隔なのかなぁ~、ドライバーさんは慣れたもんでガンガン割り込んで行きますね、

皆んな慣れているのかお互い様なのか、特に煽られる(苦笑)こともなく、

そのうち急に流れ出したりしながら進みます、

ワタシらは初めて見る街の景色を楽しんでたので

渋滞も苦になりませんでした。




【さよなら、チェンマイの町】
b0247073_22132885.jpg


続きはこちらでーす (^^)

by opaphoto | 2017-10-26 23:00 | 異国への旅 | Comments(2)

夏旅のタイ・見仏巡礼記 9【チェンマイ】

夕方の町中へ出ていきます、

夜の気配が少しづつ空の色を変えてゆく中、

のんびりとピン川方面へ歩きました。

心配だった夕立も無く、ホントにチェンマイでは

天気に恵まれました、雨期にも関わらず。

やはりこういうことはこの地の神々に感謝するしか無いですね。


ピン川はホテルから見れば、足繁く通った旧市街地とは反対方向、

この日の夕食はそのピン川沿いにあるレストランで頂く予定なのです。

ぶらぶらと歩くと通りを吹き抜ける風の匂い、

照明に照らされる店の看板、

いつもの町のいつもの日常が肌で感じられます。



b0247073_22413582.jpg


続きはこちらでーす (*´∀`*)

by opaphoto | 2017-10-18 23:00 | 異国への旅 | Comments(0)

夏旅のタイ・見仏巡礼記 8【チェンマイ】

ショッピングセンターMAYAの前から乗ったトゥクトゥクは細い路地を抜け、

人通りの少ない道へ入ります。

なんか休日のひっそりとした裏通りな感じでしたが、

そもそもこの日が休日か平日なのか、すっかり忘れてます(笑)

その感覚が楽しいんですよね。


トゥクトゥクが徐行しゆっくりと停車します、

運転手がキョロキョロしてました、

聞くと、ちょっと通り過ぎたみたいなことを言ってます、

振り返ると入口が見えているので、そこで下車しました。

多分、運転手さんは当たり前のように境内へ入るつもりだったのでしょう。


「ワット・クー・タオ」その入口に着きました。

なんとなく閑散とした通り沿い、住宅と商店が混在するその奥に

ひっそりとその寺院はありました。

寺院の外周は樹木の濃い緑に覆われ、まるで外界との結界を示すカーテンのようです。

そんなに広くない境内でした。

寺院内へ入ると、

なにやら信徒の方々が正装した姿でせっせと動き回っております、

花飾りのようなものを作っていたような。

特にワタシらに興味を示すわけでもなく、

例えば日本で言うところの「法事」的なものなのでしょうね、

子供たちが楽しそうに供物を持って歩いてましたよ、

親戚一同が集まっている感じでなんとも平和な光景でした。



b0247073_22245622.jpg


続きはこちらでーす (*´∀`*)

by opaphoto | 2017-10-15 23:00 | 異国への旅 | Comments(0)

夏旅のタイ・見仏巡礼記 7【チェンマイ】

トゥクトゥクの運転手はおっさんが多いと勝手に思っていましたが、

手を上げて止まったのは若いお兄ちゃんでしたね、

爽やかな笑顔で挨拶してくれました。


そのお兄ちゃんに行き先を告げ、値段交渉して

走ります。先に値段を決めてるのであとは最短最速のルートで

走ってくれます、そう考えると適当に遠回りしてメーター上げるタクシーより

(全部が全部そうじゃないけど)安心だったりします、

停止するとちゃんとエンジンストップしてましたね。

途中からスーパーハイウェイ11号線っていうのを走りました、

スーパーハイウェイと言っても有料道路じゃなく広くて信号の少ない一般道、

まぁ、バイパスみたいな感じです(^_^;)

ただ交通量は多いですね、この道路沿いには大型ショッピングモールなどがあるみたいで、

郊外に住む富裕層御用達道路らしいです(笑)

しばらくすると左の小道へ入り、すぐに寺院の門をくぐり中へ入ります、

車が入るギリギリの所まで行ってくれます、それが普通なんでしょうね(^_^;)

「ワット・チョット・ヨート」に到着しました。


タイ語でチョットは7つ、ヨートは尖塔という事で、

7つの尖塔を持つ寺院という意味です。

事前に調べた情報では

ランナー王朝最盛期の9代目王ティロカラートにより、1455年に建立されたそうです、

1455年、ちなみに日本はその頃、室町時代ですね。

インドの仏教開祖の地、ブッダガヤにある大菩提寺マハーボディ寺院をモデルにして

建設されたそうで基壇には様々な姿の天上の神々が刻まれています。

ということは、ここで仏教の聖地ブッダガヤの雰囲気が味わえるわけです、

まさに今回の巡礼にふさわしい寺院です、ワクワクします(^^)


降りた場所は裏側になるみたいですね、正門はスーパーハイウェイ沿いなのでしょう、

すぐに5体の仏像が出迎えてくれました、金の袈裟がステキですが、この5名様、

ずべて仏陀、やはり仏陀主義なのです。

そしてここにもまた綺麗な花が飾られています、蝋燭の炎とお香の煙が風に揺れてます。





b0247073_10025821.jpg


続きはこちらでーす (^^)

by opaphoto | 2017-10-09 23:00 | 異国への旅 | Comments(0)

夏旅のタイ・見仏巡礼記 6【チェンマイ】

ワット・プラシンを出て、更に西へ散策しながら進みます、

次の寺院は歩いて行ける距離なのです。

大きな通りと堀を超え四角い旧市街地の外へ出ます、

城門の遺跡はスワンドーク門です。

広い通りの歩道をぶらぶらと歩きますと、

いきなり雰囲気ある仏塔が左側に見えました、

とにかくチェンマイは寺院だらけなので、

今回の目的からすれば、時間が足りない町なのです(笑)





b0247073_21504371.jpg


続きはこちらです(・∀・)

by opaphoto | 2017-09-28 23:00 | 異国への旅 | Comments(0)

夏旅のタイ・見仏巡礼記 5【チェンマイ】

チェンマイ3日目の朝が来ました。

カーテンを開くと良い天気です(^^)

早速朝食を済ませ、チェンマイ最終日の見仏巡礼へ出かけました。


ちなみに朝食はホテルでのお馴染みバイキングです、

タイ風もあれば日本風も有りましてなかなか充実してました。

普段の朝食と言えばトースト1枚&コーヒーなので、

旅に出るといつも食べ過ぎることになります(^_^;)


ホテルから通りへ出て左、西の方向へ歩きます、

少しだけど、この町というかこの国のリズムみたいなものと、

自分の身体が馴染んできてるような感覚があります、

わずか数泊の旅でも感じますね。




【正面に見えるステープ山、先日行った「ワット・ドイ・ステープ」が見えてました】
b0247073_21535943.jpg


続きはこちらです ヽ(´ー`)ノ

by opaphoto | 2017-09-25 23:00 | 異国への旅 | Comments(0)

夏旅のタイ・見仏巡礼記 4【チェンマイ】

この日訪問する最後の寺院に近づいたら

急に賑やかになりました、狭い道路、一般車の間を

多くのトゥクトゥクが観光客乗せて走り抜けていきます、

ツァー客を乗せたバスも停まってました。

さすがに寺院だらけのチェンマイの中でも特に有名な寺院なのです。

大勢の観光客が吸い込まれていくのは・・・「ワット・チェ・ディ・ルワン」

ワタシらもその入口に着きました。

ここは入場料が必要です、40バーツ也(約120円)・・・安い!




b0247073_16554818.jpg


続きはこちらです ヽ(´ー`)ノ

by opaphoto | 2017-09-16 23:00 | 異国への旅 | Comments(0)

夏旅のタイ・見仏巡礼記 3【チェンマイ】

昼食はメニューの写真を見て「ガオラオルーアッムー」しました。

スープの中にいろいろモツやら薬味やらが入ってまして、

さっぱりしてウマそうな感じです。

店内のテーブルに座って待っていると、

凝った模様のアルミの器に細長い氷が盛られ

そこにストローを刺して目の前に置かれます、

「・・・何これ?」

で、近くで食事中の地元の方を見ると

同じものが置いてあります、

これは日本で言うところの「お冷」なんですね。


しばらくすると氷が徐々に溶けて

底に水が溜まります、それをストローでズズッと飲むわけですが、

ここで「絶対に水道水は飲んではいけない」との言葉が

頭をよぎります、タイの方も飲みませんからね。

どうも水道管内部が雑菌だらけという話を聞きましたね。

よもやこの氷が水道水で作られてるとは

さすがに思えませんが、もしもの事を考えてヤメときました。

でも、他の店でクラッシュアイスが入った飲み物を

普通に飲んだんですけどね、まぁ、大丈夫でしたが(^^)


ガオラオルーアッムーは辛く無くモツの臭みなどもありません、

とてもさっぱりしているのに旨味が凝縮してる感じで

とても美味しかったです。

御飯が付いてるのですが、お店の人がスープに入れて食べてね!

みたいなことを教えてくれたので、そうやって食べたら

もうね、普通にウマいっす(^^)

しかも身体に良さそうなんですよね、薬膳料理って感じで。



【とにかくストロー文化です、コンビニでペットボトル買ってもストローくれました】
b0247073_19521534.jpg


続きはこちらです(・∀・)

by opaphoto | 2017-09-10 23:00 | 異国への旅 | Comments(2)