カテゴリ:音楽転々♬( 51 )

Biggest part of me   ー Ambrosia ー

まずこの曲をFENで聞いて、その後にアンブロージアというバンドの曲だと
わかり、アルバムを買いました・・・結構気に入って聞いてたんですが
なぜか今でも印象に残ってるのはこの曲だけです(^_^;)

あとで洋楽好きな先輩にいろいろ教わリ、プログレバンドだと知り驚いたんもんでした、
だってこの曲にそんな要素はありませんからね(^_^;)
当時はAOR(アダルト・コンテンポラリー・ミュージック)全盛期でして
この曲もそのAORの大ヒット曲として認知されてましたね。
ディスコブームとAORの時期ってなんか一色単になってて
どっちが先か後かよくわからんですけど
ワタシにはそんなジャンル分けはどーでいいんですけどね(^_^;)

しかし、今聞いてもイイですねぇ〜(*´∀`*)
なぜかあの頃の西新宿の高層ビルの灯りを思い浮かべます、
4つほどしか建ってなかった摩天楼に都会的な華やかさを感じてましたけどねぇ〜。





b0247073_004398.jpg

by opaphoto | 2014-07-29 23:55 | 音楽転々♬ | Comments(2)

ラスト・ワルツから始まる旅(THE BAND)

愛すべきアメリカンバンドの巨星「THE BAND」
ロビーロバートソンを中心に
集まった5人組です。

一応メンバーは
ロビー ロバートソン(ヴォーカル、ギター)

リチャード マニュエル(ヴォーカル、ピアノ、ドラムス)

ガース ハドソン(キーボード、シンセ、アコーディオン、サックス)

リック ダンコ(ヴォーカル、ベース、ギター、フィドル)

リヴォン ヘルム(ヴォーカル、ドラムス)

ワタシが年齢的にも音楽馬鹿な頃に買ったアルバムが1978年発売された「The Last Waltz」でした。

ラスト・ワルツ 特別編 [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン



【ザ・バンドっぽくない(^_^;)「アイランド」のアルバムジャケット、昔、部屋に飾ってましたね】
b0247073_14134064.jpg


続きはこちらです (^o^)/

by opaphoto | 2014-06-27 23:34 | 音楽転々♬ | Comments(2)

ローリング・ストーンズは転がり続けてる!

今、まさに来日中ですが
スゴイですよねぇ~あのパワーはどっからくるのか・・。

以前から思ってたのですが
キース・リチャーズが生きてるのが不思議です(^_^;)
1943年生まれですから71歳、でも普通の人生とは違いますからねぇ~
ドラッグバリバリの破滅型ロックンローラーだと
思ってましたし実際そうです!壮絶な死に方でレジェンドになると
若い頃に思ってました、ドラッグのやり過ぎで体中の血液を入れ替えたとか・・
聞いてたし・・(*_*)
60年~70年代の多くのロック・スター、例えばジム・モリスンやジャニス・ジョプリン、ジミ・ヘン、
ディアン・オールマン・・・あまりにも早く人生を駆け抜け、ホントに「星」になっちまいました。
キースもそんな雰囲気プンプンでしたからねぇ~
だからキースを生で見ることはないし、そのギターの生音を聞くこともないと
10代のワタシはそう信じてました。

【昔、よく購入してた隔月刊誌「Switch」
88年12月号はキースの特集、ワタシの宝物です(^^)】
b0247073_028284.jpg





続きはこちらでーす (^_^)/

by opaphoto | 2014-02-28 23:25 | 音楽転々♬ | Comments(0)

ポール・マッカートニー

日本公演が大盛況のようですねぇ〜
年齢を感じさせないパフォーマンス、
往年のファンは感動してるようです。
ワタシの友人も観に行ってます・・昨日だったっけ!
今回がおそらく最後だから・・
これは観ないといけないと言ってました(^_^;)
・・・更に長生きしてもう一度来たりして!

さて、ポール・マッカトニーといえばビートルズですが、
ワタシが洋楽に目覚めた時にはもう解散してました、
数年後初めて買ったビートルズのレコードは
いきなりラストアルバムの「Let it Be」でしたよ(^_^;)

その頃、「ビートルズ祭り」とか言って
3本立てのビートルズの映画を上映してまして
何度か観に行きましたね、
「ヘルプ」や「ビートルズがやってくる」とか脳天気に楽しい映画の後に
「Let it Be」を観て複雑な気持ちになったことを覚えてます・・
ロング・アンド・ワインディング・ロードを歌うポールが見つめる先に
ジョンとヨーコが・・・(~_~;) もうダメだなって画面から伝わるんですよねぇ〜、
印象的なシーンでした。

b0247073_2313270.jpg


続きはこちらです (^o^)/

by opaphoto | 2013-11-20 23:02 | 音楽転々♬ | Comments(0)

Jessica ーThe Allman Brothers Bandー

ジムでダラダラとトレーニングしてる時には
やっぱり軽快な音楽が必要ですよねぇ〜
そこで最近全然使用してなかった「iPod shuffle」を
引っ張りだして、中の曲を総入れ替え!
まぁ、いろいろと体が自然に動き出すような曲を
入れてみました♫(^^)

(初代iPod shuffle、これが発表された時に驚きましたねぇ〜
ジョブズが首から下げて登場したのを覚えてます、
即購入したもんです!今でもこのデザイン最高だと思いますね)
b0247073_22203494.jpg



で、前回1時間ほど自転車を漕いだ時に
一番軽快に足が動いたのがこの曲でした、
オールマン・ブラザーズ・バンドの名曲ジェシカ!
とにかく疾走感が気持ちいい(^^)
ジム室内でしたが目をつぶるとまるでアメリカ大陸横断してるような
錯覚(^_^;)楽しかったですね、やっぱトレーニングは楽しまないとねぇ〜





b0247073_22275288.jpg

by opaphoto | 2013-08-15 22:28 | 音楽転々♬ | Comments(0)

ひこうき雲

ジブリの最新作「風立ちぬ」
あの丘の上で写生してるポスターいいですねぇ〜
絵であそこまで表現できるってさすがです(^_^;)

さて、流れてる曲は荒井由実の「ひこうき雲」
ワタシが中学生の頃によく聴いていた曲です、
もう30年以上前・・(^_^;)
それがいまだに新鮮な響きで聴こえてくるって・・
やはり名曲なんでしょうね。
この曲がCMで流れる度に遠い日々へ時間を越えていく不思議な感覚を覚えます、
音楽の力なんでしょうかねぇ
アルバムとしては「ミスリム」がワタシは最高だと思ってます、
参加ミュージシャンも錚々たる面々だしね。
ただこの曲だけは、なぜか感慨深いものがありますね。
映画も良さそうなんでそのうち観に行こうかなぁ〜。

ユーミンにはティン・パン・アレイのメンバーとバンドスタイルで、
ライブやって欲しいけど・・無理だろうなぁ〜(^_^;)
やっても当然チケット取れそうもないし・・・。



b0247073_23531881.jpg

by opaphoto | 2013-07-30 23:54 | 音楽転々♬ | Comments(2)

I Got You

このカテゴリではワタシの年齢的に(^_^;)
古い曲が多くなるのですが、
今回は新しい曲です(^^)
よくFMから流れてますが
Jack Johnsonの「I Got You」
大好きですねぇ、この曲!
最初聞いた時になんともレイドバックな雰囲気プンプンで
南部辺りのカントリー&ウェスタン系の人かと思ったら・・
ハワイはオアフ出身の方でサーフ・ミュージック系な方でした(^_^;)
YouTubeでこの曲のPV見たら、切り替わる背景のなんもとハワイな感じがいいですねぇ(^^)
もうひとつひたすら流れる雲だけのPVもあります

最初に聞いた時、ゆる~い感じの曲調が心地良く感じたのは
ハワイの風を感じたからなんですね(^^)
この方のことをワタシは全く知らなかったのですが
結構日本に来てLIVEしてるみたいだし、
これをキッカケにほかもいろいろ聴いてみようと。







b0247073_22324562.jpg

by opaphoto | 2013-07-26 22:33 | 音楽転々♬ | Comments(0)

Just the Way You Are

とにかく、当時やたらラジオから流れてた「The Stranger」
あのキャッチーなイントロ・・・好きじゃなかったですね〜(^_^;)
ビリー・ジョエルって名前を知った大ヒット曲なんですがね。

そんなStrangerにうんざりした頃に流れた曲・・それにぶっ飛びました!
「Just the Way You Are」
この曲が気に入り、アルバムを買っちゃいましたね(^^)
ラルフ・マクドナルドのパーカッション、フィル・ウッズのアルト・サックス、
NYですねぇ〜(^^)

ビリー・ジョエルのアルバムはその前後数枚購入して
聞きましたが、この曲を超える出会いはありませんでした、
気に入った曲はいくつかありましたけどね。
でも今でも大好きでよく聞いちゃう曲は「Just the Way You Are」だけですねぇ〜(^_^;)

名曲は時代を超えますね。





b0247073_23223531.jpg

by opaphoto | 2013-06-22 23:20 | 音楽転々♬ | Comments(0)

キャロル・キングの歌声は梅雨空に溶けてゆく

この時期、特によく聞くわけでもないけれど
キャロル・キングの「Tapestry」を聞くと
梅雨空と妙に合ってる感じがなかなかいいのです。
もはやROCK史上に燦然と輝く名盤なので
いまさら何を語ることはないのですが・・(^_^;)

So Far Away〜It's Too Late〜You've Got a Friend・・
時代を超える名曲の数々は今聞いても素晴らしい!
そんなキャロル・キングが初来日を果たしたのは
1990年3月、NHKホール・・・ワタシは友人と行きました!

(スクラップブックから探した当時のチケット)
b0247073_23321849.jpg



とにかく東京に来て何が嬉しかったか?
それはLIVEなんて見ることは無いだろうと諦めてた
若いころに聴きまくったミュージシャン達に会えたことでした(^^♪
キャロル・キングもそんな一人です。
聞きたい曲はすべて演奏してくれましたね、最高の夜でした、
特にサビの部分の大合唱「You've Got a Friend」
あのキャロル・キングとひとつになれた感・・泣けちゃいました(^_^;)

(ジェームス・テイラーとキャロル・キングの名演)


続きはこちらでーす(^O^)/

by opaphoto | 2013-06-13 22:49 | 音楽転々♬ | Comments(0)

雨に微笑みを

空梅雨ですね、どうしちゃったんでしょうか(^_^;)
降る時期には降って欲しいですねぇ〜
そうしないと後が怖いような・・、
集中豪雨は勘弁して欲しいです。

雨の季節にふと思い出すメロディってたくさんあると思いますが
ニール・セダカのこの「LAUGHTER IN THE RAIN」も
梅雨時期の鬱陶しい雨を楽しめるようになる素敵な曲です、
あまりニール・セダカってオールディーズなイメージでお調子者な感じが
好きじゃなかったのですが(笑)
FENから流れたこの曲があまりに素敵だったので
誰が歌ってるのかとおもいきや、ニール・セダカって言ってて
驚きましたね(^_^;)
ワタシが14歳の頃です(^_^;)手当たり次第にいろんな音楽を聞いてた頃で
ギター弾いて拓郎とか歌ってた頃ですねぇ〜。

この曲だけは好きでiPodに入れてますし、youtubeのお気に入りに入れてますが、
それでもニール・セダカの代表的な曲「カレンダーガール」とか
「恋の片道切符」とか「おお、キャロル」とか
よく知ってますけど、なーんか好きじゃないんですよねぇ〜(^_^;)
脳天気なスカスカ感が(笑)





b0247073_23234748.jpg

by opaphoto | 2013-06-06 23:25 | 音楽転々♬ | Comments(0)