2015 SW・初秋の近畿遊訪記 【5】ー京都・嵐山 鹿王院から法金剛院へー

9月21日、SW旅の最終日となりました。
神戸から奈良と来て最後は京都を巡ります。

この日はまず桂駅へ行き、構内一番端の嵐山線ホームへ、
阪急の嵐山線は桂ー嵐山間を運行し10分もかかりません、
途中の停車駅は二つだけ、上桂駅と松尾大社駅です。
阪急利用して嵐山行く方は桂駅で乗り換えますので
花灯路みたいなイベント時は狭いホームが凄く混んでますが
普段はのんびりしたローカル線の雰囲気です。

早速来た電車の飛び乗ると目に入ったのはザックを背負った中高年ハイカーの方々でした、
詳しく調べたことはないんですが嵐山界隈はいろんなハイキングコースがありそうですね、
この日も気持ちのいい秋晴れでまさに山歩き日和でした。
東京で言えばちょうど休日の奥多摩に向かう青梅線に乗ってる感じでしたね(^^)

もうすっかりお馴染みの阪急嵐山駅、とても良い駅ですが
さすがに駅舎の写真はもう撮りませんねぇ~(^_^;)
渡月橋へ向かってぶらぶらと行くと途中サイクリングロードがありました、
ここが起点になっているらしく【木津・泉大橋まで45K】って道標が立ってます、
後で調べたら奈良の近くまで行くんですよねぇ、
なかなか気持ちの良いCRみたいです。
以前からそのうち自転車持ち込んで京都や奈良を走りたいなと
思っているんですけどね、
あと途中一泊で琵琶湖一周ライド&神社仏閣自転車巡礼とかも考えたりしてるんですが・・
やりたいことはいっぱいあるけどなかなかねぇ~(^_^;)

b0247073_2342261.jpg


続きはコチラでーす(^^)/

by opaphoto | 2015-10-31 23:58 | 京都&奈良&近畿 | Comments(0)

読書週間ということで・・・その2(^^)

前回の続きで、今年読んだ本の中から
パラパラと紹介しております。
昔から気に入った作家の本は連続して読む傾向にありまして
そのせいかあまりにその文体に馴染んでしまって
次の本を読むまでに多少のブレイクが必要になります、
特に長編の後は余韻がいつまでも残るんですよね、
まぁ残したいというか、それも楽しいですから(^_^;)
ただ読後感が重いものの後はキツイです、
そういう時は軽いエッセイとか紀行本とかを読んで間を埋めますね。
あと買っては見たけどんんか入り込めずに面白くなかったり、難解なものも当然あります、
それは出会いですからしょうがないと諦めとりあえず理解できないなりに読み切ります、
時間を置き再読すると意外と面白さに気づくことがありますが
それは恐らくワタシが歳を取ったってことなのかなと感じたりします(^_^;)
意外と純文学系にそういうのが多いかな、
人生は長い暇つぶしなんでいろいろ読んでいきたいなと思ってます。


ということで、まずは太田和彦さんの2冊、
太田和彦さんのことは実はかなり前から知ってました、
あの椎名誠の「怪しい探検隊」の初期のメンバーのひとりでしたからね、
二十代の頃椎名さんの本は楽しくて読み漁りましたからねぇ~
その頃からたしか居酒屋の達人と呼ばれてましたっけ(^^)
太田さんの文章はいいですね、最近はいつも楽しみに見てるTV番組があるんですが
御本人の声もすっかりお馴染み、なので
本読んでてもあの声で語られてる感じがいいんですよね、
酒場エッセイはやはり太田さんが一番好きですね!

b0247073_0273076.jpg


続きはコチラでーす(。・_・。)

by opaphoto | 2015-10-30 23:00 | 本の雑記 | Comments(2)

昨日から読書週間ということで・・・

読書週間と言っても読む人はいつも読んでるし、
読まない人は読みませんよね、
本は習慣なのでそれはしょうがないですが
本を読む人生は本を読まない人生より遥かに楽しいと
自信を持って言えます。・・・なんか読書啓蒙的ですが(^_^;)

本のカテゴリを作ってますがなかなか更新してないので
ここらで一気に・・・読書週間ですし(^_^;)
ちなみにワタシはタブレットとかで本は読みたくない派です(^_^;)
人それぞれでしょうが本は手にとって読みたいし
ページめくり派なので・・そうしてます。
本屋が好きなので出来るだけ本屋で本を買います、
ただ古い本や絶版系はネットを利用したりします。

子供の頃読まされてた読書はつまらなかったですが
それでもひととおり偉人伝とか読みました、
十代の頃にとあるきっかけで出会った筒井康隆の「日本列島七曲り」
がとにかく面白かった!
それまで読まされた感がある夏目漱石や森鴎外とか比べても
とてつもなく面白くて、こんな本なら楽しく読めると、
読書に目覚めましたね(^^) それ以後筒井康隆は当時出版されてた本は全部読みました、
「七瀬ふたたび」とか、とても懐かしいなぁ~、ワクワクしながら読んだことを思い出します。
それからはいろんなジャンルの本を読みましたね、
本に教わったことがとても沢山ありますね。

今でも常に10冊程の読まれる順番を待ってる本を抱えてますので
なかなか進みませんがそれでも毎日何かは読んでいます。
別に活字中毒までは行ってませんが
世の中には一生かかっても読み切れない本が巨万とありますし、
常に新しい本も出てるので死ぬまで読む本が無いと困ることはないでしょうね(^_^;)

b0247073_22461236.jpg


続きはコチラでーす(。・_・。)

by opaphoto | 2015-10-28 23:00 | 本の雑記 | Comments(0)

2015 秋のG1シリーズ 第76回 菊花賞

菊花賞が昨日京都競馬場で行われましたね。
秋華賞に続き、またハズレました、どハズレです(T_T)

このレースの難しい所は各馬、初体験の距離を走るということで
アプローチ的には長距離血統が重視されますが
それも絶対ではないんですよね。
出走すれば恐らくダントツの一番人気だったであろう二冠馬ドゥラメンテが
骨折休養中。軸不在でもしかしたら伏兵の台頭で荒れるのかとレース前はいろいろ悩みました。

リアルスティールが好きな馬なんで
週中から調教とかチェックしてたら絶好調との事、
ただ軸としては不安あるし人気的においしくない。
更にディープ産駒はこの菊花賞では
いい成績残してません、
そこで新たな長距離血統が誕生する予感を感じつつ、
ワタシが狙ったのはハービンジャー産駒三頭。
これらが絡めばいい配当が期待できそう。

そこから人気上位の馬へ流すフォーメーションで
三連複、三連単、馬連と上手く行けば三倍儲ける欲張りパターンで
馬券購入!
この時点でなんか当てた気になってたんですから・・バカですですよね(゚∀゚)

【菊花賞には関係ない古いレース写真です】
b0247073_23441364.jpg


続きはコチラでーす(^^)/

by opaphoto | 2015-10-26 22:00 | お馬さんが走る | Comments(0)

槇原敬之25周年コンサートに行ってきた♪~(´ε` )

デビュー25周年ということで
この秋、東京と大阪で計5回、特別編成で開催されるアニバーサリーコンサート、
東京公演は計3回、10月23・24・25日
大阪は計2回で11月末に行われます。
まぁ~ファンの方には5年毎の恒例のコンサートらしいですね、
そんなわけで昨日そのプレミアムなコンサートに出かけてきました。

暖かな土曜日、16時の開場に合わせ千駄ヶ谷駅に到着、
東京体育館の入口前、青いゲートの上にゆっくり回る星のオブジェ、
当然多くの方、記念撮影中です。
なんか来場者約一万人とか聞きましたけど
そんなに入るんだなと驚きましたね!

外にテントが並んでてそこでグッズの販売してました、
パンフだけ欲しくて探したけど・・作ってないみたいですね、
販売リストに出てませんでした、ツアーじゃないからかな。
他のグッズはその時点でほぼ完売状態でしたけど・・。

b0247073_2241670.jpg


続きはコチラでーす(^^)♬

by opaphoto | 2015-10-25 23:00 | 音楽転々♬ | Comments(0)

2015 秋のG1シリーズ 第20回 秋華賞

10月18日(日曜日)に京都競馬場で行われた
三歳牝馬クラシック最後のレースが秋華賞です。

秋のG1シリーズ、まずは幸先の良いスタートを切ったので
ここも気合が入りましたが
結果は惨敗でした・・・(T_T)

今回の出馬表を眺めてたらなんとなく直感で桜花賞馬のレッツゴードンキが逃げ切るのでは・・
と思いました(^_^;)
たしか将棋の羽生さんが直感はかなりの確率で信じていいようなことを
書いたか言ったかしてましたが、ワタシも今までの経験でそれは信じてます。
オークスで10着と負け過ぎて、秋初戦のローズSでも4着、
それでも特に人気は落ちずに今回も3番人気。
1番人気のミッキークイーンとは勝負付けは済んでると思う反面、
G1は何が起こるかわからんという考えに縛られました。
そう思ったんなら素直に買うかということで
馬単、三連単と手広く買いました、来ればウハウハです。

さてレース開始、ドンキは逃げず・・・おいおい(*_*)
ハイペースでバテバテな展開・・・あらまぁ〜
直線さらにズルズルと後退していくドンキ・・・ぎゃあああー!
あの桜花賞は幻だったのか?・・・幻だったんだなぁ〜(*´Д`)
結果は17着って・・岩田ぁーー!負け過ぎ!

ということで今週は菊花賞、
ダービー終了時に3冠確実かと期待されてたドゥラメンテは
6月末に前脚の骨折で全治6ヶ月、
3冠は夢と消えました。
不動の軸がいないので混沌としてる菊花賞ですが
ワタシの好きな馬が元気で出てきます、
リアルスティール、1番人気になるのかな?
今のところ、なんとなく人気サイドで決まりそうな気がしますが
どうなることか・・
まだ時間あるんでゆっくり考えようと。

・・・今回は先週と違って直感が来ないな、まぁ〜どうせ外れる直感は来なくていいけど(^_^;)

b0247073_23382234.jpg

by opaphoto | 2015-10-22 23:38 | お馬さんが走る | Comments(4)

どんなときも。

今週末の土曜日(10月24日)は久々のライヴ!
「槇原敬之 デビュー25周年記念コンサート」が東京体育館で行われますので
それに行く予定です。

25年前というと1990年頃か、
まだバブルの余韻が残ってた頃ですかね〜
「どんなときも〜♬」って楽曲が良く流れてた頃は。
なんかやたら印象に残ってますね、あの頃のこともこの曲のことも。
とても心地良いポップなナンバーですが
その当時は失礼ながら一発屋な雰囲気を感じて・・・(^_^;)
でも、その後の活躍は言うに及ばず、ヒット曲多いですよねぇ。
いや〜才能溢れる方です、
シンガーソングライターとして長い期間第一線で活躍してるということは
そういうことなんでしょう!
SMAPが歌った国民的ソングもあるしなぁ。

b0247073_23502974.jpg


続きはコチラでーす(^^)♬

by opaphoto | 2015-10-21 23:51 | 音楽転々♬ | Comments(2)

2015 SW・初秋の近畿遊訪記 【4】ー奈良・安倍文殊院と秋篠寺ー

神戸三宮を出て目的の奈良県桜井市の桜井駅に着きました、
約1時間40分の旅でした。

桜井駅からバスを考えてたんですがスカスカの時刻表を見て
諦め、素直にタクシーを利用して「安倍文殊院」へ向かいました。
久し振りに逢いたかった仏像とは快慶作の躍動感溢れる造形美の極み(*´∀`*)
何度見て見飽きることはない国宝の渡海文殊菩薩群像です。
空間を超え衆中を救いに下界へ訪れるシーンを再現した
まさにヒーロー登場の瞬間なんですね(*´∀`*)

前回来た時はGWで車でした、
たしか金剛峯寺へ行き、次に長谷寺へ、
そこで思ったより時間がかかったので、
閉館時間を気にしつつ訪れたことを思い出します。
渡海文殊菩薩群像が国宝に指定されたのは2013年2月でして
その年の5月に初訪問してるんですよね、そんな前でもないのに
なんか随分昔のような気がします(^_^;)

b0247073_23141135.jpg


続きはコチラでーす(^^)/

by opaphoto | 2015-10-19 23:30 | 京都&奈良&近畿 | Comments(2)

2015 自転車日和・成田山新勝寺まで行ってみた

以前から自転車で行きたいと思ってた成田山新勝寺。
・・・行ってきましたぁ〜(^o^)

三連休最終日は快晴でしたね、
気持ちいい秋日和、まさに自転車日和です。
少し早起きして自宅を7時半頃に出発、
とりあえず御瀧不動を目指して漕ぎます、
渋滞道路も祝日の朝は空いてます。

御滝不動を超えてすぐ右に入り、
新京成の滝不動駅前の線路を横切り道なりに進んで行きます。
57号線に出て右折、少し進んだら湯殿神社の鳥居が有るところを
左に進んでいきますと手繰川沿いを走る谷津道へ、
この道が長閑でいいんです、懐かしい田舎道へタイムスリップしたみたい。

風も心地良く気持ちよくペダルを漕いで軽快に進みます、
で、16号に出る直前に右方向を見て驚きました・・橋が出来てる!
そう言えば工事してましたがまさか橋を造ってたとは
またそれに合わせ、新川沿いのCRもキレイになってます。
この新しい橋を渡れば対岸の道の駅やちよ、そしてCRへすぐ入れます、
こりゃ〜嬉しいです、こういう工事は大歓迎ですね。

b0247073_2315089.jpg


続きはコチラでーす(^^)

by opaphoto | 2015-10-12 23:30 | 自転車 | Comments(0)

秋の夜長に女性ヴォーカル・アルバムを。

先日、といって一月くらい前なんですが、
出かけたついでに久々にレコード店(この言い方、古いか(笑)
CDを2枚購入しました。
最近はほとんでNetでポチッとしちゃうんですが
たまに探して買うってのもイイもんですね。

秋の夜はしっとりと女性ボーカルの楽曲でも聴きながら
写真整理とか現像とかするととても優しい気持ちになれます(^_^;)

まずはダイアナ・クラール。
素敵な方です、歌心あるしねぇ~、うっとりしちゃいます。
この方の歌声を最初に聴いたのは
あのクリント・イーストウッド主演監督作品「トゥルー・クライム」でしたね、
人生にグダグダな新聞記者が無実を確信した死刑囚を救うべく
真相を追いかけていくという、もう最期はハラハラ・ドキドキの映画でしたが
そのラストシーンで流れる素敵な楽曲と歌声、
ダイアナ・クラールが歌う「ホワイ・シュッド・アイ・ケア」
心に沁みましたねぇ~、調べてすぐに購入したのを憶えてます。
ちなみにその曲の作曲をしたのはなんとクリント・イーストウッドということで
いやはや多才です。

b0247073_22472887.jpg


続きはコチラでーす(^^)

by opaphoto | 2015-10-11 23:00 | 音楽転々♬ | Comments(0)