人気ブログランキング |

2020 夏旅・蒸暑の京と蝉時雨の巡礼路(その1)

早いもので、夏の京都を訪ねてから、もうひと月半程が経ちました。
とりあえずコロナのことを気にかけての旅でしたが、
まぁ、大丈夫でした(^_^)
強引に始まった感がある「GO TO」ですが、
なんだかんだ言ってもお得なので、また利用したいなと思っています。
ちなみに今回の分は還付されました。(´∀`)
ということで、いつもよりスタートが遅くなりましたが、
旅の記憶を少しずつUPしていこうと思います。

最近、やっと朝晩涼しくなり、秋の気配を感じられるようになりましたね。
猛暑の疲れや、コロナ疲れ?がどっと来る頃です、ご自愛下さいませ。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

【初日巡礼地・八坂庚申堂~法観寺(八坂の塔)~八坂神社~青蓮院門跡

~永観堂(禅林寺)~金戒光明寺】


8月1日 9時15分。

長い梅雨が明けたばかりの京都駅、新幹線ホームに降り立ちました。

いつものように心で「ただいま!」と言います。

乗降客は少なく、聞いていたとおり

観光客激減の京都駅の光景ですが、目の当たりのすると不思議な感じを受けました。

年がら年中、常に多くの観光客が行き交い、目が回るような喧騒の中心地が、

人も疎らでとても静かです。

カミさんは「トイレ待ちで並んでいないよ!」と驚きつつも喜んでました。

改札を抜け、どこか観光名所のないような町へ来た感覚に戸惑いつつ、

駅舎に掲げられた「京都」の文字を確認しときました。(^_^;)


先ず向かったのは、今回2連泊するホテルの駅前店。

ここ数年は、居酒屋「神馬」に近いと言う理由もあり

千本通り沿いのホテルを良く利用してたのですが、

たまには雰囲気変えてみるかと、

烏丸通から2本入った新町通り沿いにあるホテルにしてみました。

界隈に系列のホテルがいくつかあり、京都駅近にもあるのです、

そのホテルのサービスがバゲージサービスで、

宿泊するするホテルへ1回300円で荷物を届けてくれます。

もちろん、チェックアウト時は逆に駅前店へと届けてくれます。

これを利用しない手はありません!

いつもロッカーを利用してる身としては、とても助かります。


荷物を預け、身軽になってバスターミナルへ、

いつものように市バス1日券を購入しました。

清水方面界隈を抜ける206系統は人気ルートで、

いつもバス待ち客が並んでいるのですが、

誰も居ません、逆に不安にあるくらい(笑)

乗客は数人程度ですぐに出発しました。


今回は「空いている」京都と言うことで

普段は敬遠していた場所から始めようと思い立ち、

まずは定番中の定番、定番過ぎて行くことすら忘れていた

「八坂の塔」こと法観寺を訪ねます。

京都と言えば、東寺の五重塔か、八坂の塔をすぐに思い浮かべます、

ちなみに京都タワーには全く興味がありません(^_^;)




2020 夏旅・蒸暑の京と蝉時雨の巡礼路(その1)_b0247073_22260162.jpg


続きはこちらでーす(´∀`)

# by opaphoto | 2020-09-17 23:00 | 京都&奈良&近畿(巡礼旅行記) | Comments(0)

リトルフィート・歴史の残るライヴ盤「ウェイティング・フォー・コロンブス」

一時期、夢中で聴いていたのが「リトル・フィート」でした。

詳しく言えば、ローウェル・ジョージが居たリトルフィートですので

70年代になります。


振り返れば、ワタシが最初にリトル・フィートを聴いたのは

なんとライブ盤「ウェイティング・フォー・コロンブス」でした。

1978年です。

すべてにおいて完璧なライヴ盤だと思ってますが、

特に「ディキシー・チキン」ビル・ペインのピアノにはぶっ飛びました!

ニューオリンズなど南部色の多彩さを詰め込んだような楽曲で

めくるめく構成というか展開に、わけもわからずスゴいなと思ったモノです。(^_^;)

ひとつのジャンルに収まりきれない、リトル・フィートはまさに

ミュージシャンズミュージシャンなバンドだとすっかり惚れ込んだわけです。

リッチー・ヘイワードのパーカッシヴでテクニカルなドラミングのカッコ良さは、

今聴いても惚れ惚れしますね。

そしてローウェル・ジョージのスライド・ギター・・・堪りません。

そこから遡って何枚かのアルバムを買いましたね。

CDでも買い直して持ってたんですが、とりあえず見つかったのは2枚、

あれ?もっと有ったんだけどなぁ~、探すの面倒なんで、その画像だけ(^_^;)



【左・「アメイジング!」1974年   右・「ウェイティング・フォー・コロンブス」1978年】
リトルフィート・歴史の残るライヴ盤「ウェイティング・フォー・コロンブス」_b0247073_23332154.jpg


続きはこちらで〜す(´∀`)♫

# by opaphoto | 2020-09-09 23:00 | 音楽転々 | Comments(4)

椅子を買い替えた。

かれこれ10年位使用している椅子が

へたってきたので買い替えようかなと思い、

Amazonで物色しました。


特に問題も無く使ってきましたが、

唯一、背面の角度調整が出来ませんでした、

当時、なんでそんなのを選んだのかわかりません(笑)

座り方が悪いと腰などへの負担は多少あったと思います、

長く座っていると、ついつい前方へずれて、

だらしない座り方になっちゃうんですよね。

そういうのが腰痛へと繋がるので、

気を付けてはいたんですが、なかなかねぇ〜。


椅子で検索すると、やたらとヒットするのが・・・ゲーミングチェア!

これ人気なんでしょうね、恐らく数年前、いや、もっと前からなのか?

ゲームをやらないので、その周辺のモノがまったくわかりません(^_^;)

YouTubeにもやたら動画が上がっていまして、

ちょっと観たりしてるうちに、なんか気になってきたわけです(^_^;)


この手の商品の常套句「人間工学云々・・・」はまぁ、良いとして、

思うに、大体ゲーマーの方々は長時間座ってるわけですよね、

そんなヘビーに使用する方々のために作られた、

快適な椅子がゲーミングチェアだとすれば、

ワタシのようにゲームしない人間からしても、

疲れにくくスゴく快適な椅子なのかも・・・と思ってしまったわけで。

まぁ、デザインの好き嫌いはあると思いますが、

自宅で使用する分には特に見た目は関係ないし。


後は値段、総じて高めですが

あまりに安価な物は逆に怖い。

で、まぁ、そこそこのお値段2万以内の中から探したら、

ちょうどクーポンで値引き中の商品がありまして、

商品説明読むとなかなか良さそうなので、それにしました。

それが、

「EXRACING ゲームチェア」

クーポン配布の対象カラーが「青」だったので

その一択でした。


【この手の商品、やたらRACINGやらRACERやらのブランド名が付いています】

椅子を買い替えた。_b0247073_23355476.jpg


続きはこちらでーす( ̄∀ ̄)

# by opaphoto | 2020-09-05 23:00 | モノ 道具(家電・雑貨・衣料・車など) | Comments(2)

春風亭一之輔 ドッサリまわるぜ 2020 (千葉文化センター)

2020年8月30日 日曜日。

今年も行ってきました。

春風亭一之輔独演会、「ドッサリまわるぜの」千葉公演です。

チケットは早くから購入してました、

その時点で、普通は1回公演なのですが、コロナ対策で

同日2回公演に分け、客を半分ずつ入れての開催となってました。

今年の「ドッサリ」は半分ほどが公演中止となっているので、

とりあえず開催されて良かったなと思いました。


ただ、1日二回公演と言っても、

基本は同じ内容で(気分で変えるかもと言ってましたが)

大変そうだけど(^^)

その辺りのギャラの配分について面白おかしく話してくれましたが、

やはり2回分のギャラは無理だとしても、1.5位になると

イイのになぁと思いましたよ。


【チケットは一つ飛ばしの席番号でした】

春風亭一之輔 ドッサリまわるぜ 2020 (千葉文化センター)_b0247073_23120032.jpg


続きはこちらでーす(´∀`)

# by opaphoto | 2020-08-30 23:00 | 美術館・博物館・イベント・舞台 | Comments(2)

「ぐっとくる仏像」 みうらじゅん

『ぐっとくる仏像 ーご当地仏真正面!ー』 責任編集 みうらじゅん 写真 帆足てるたか (枻出版社)


この本、予約特典のサイン本です。

まず、そこに釣られて買いました(^_^;)

仏像写真本はいくつか持っているのですが

仕方有りません。

この本のコンセプトはシンプルで、

あくまで真正面から見た仏像写真集となってます。

みうらじゅんさんもはじめにこう書かれていました。


【敢えて真正面のみの仏像写真集を思い立ったのは、それが一番仏師の望んだことだろうし、

ぐっとくるファーストインプレッションだと思ったからである】


「ぐっとくる仏像」 みうらじゅん_b0247073_17265942.jpg




「ぐっとくる仏像」 みうらじゅん_b0247073_17270598.jpg


基本的に仏像はずっと変わりません、当たり前ですが(^_^;)

前回見た時より表情が変わってたなぁ~とかは有りません。

自分の心の問題でそう見える方が居るかもですが。


ただ写真となると若干違って見える場合があります、

写真家の持つ表現力がそうさせるのでしょう、

流石、プロなのです。

技術的な部分は当然として、そこに精神性な部分が加味される必要があると感じます。

仏像写真の難しいところです(^_^;)


この本には、これまでに会った仏像が沢山登場してます。

ぱらぱらとページめくり、そんな写真見ていると

お堂で会った時と同じ感情が湧き起こります。

それは、対峙したときの一瞬の歓喜ようなもので、

見仏時と同じ視点で写された仏像の姿に、

そう感じたのかも知れません。

仏師はひれ伏し見上げる衆従の目線を計算し、仏の尊顔を彫り上げていますので、

そう考えれば、真正面からの撮影こそ、ベストポジションなのかも知れません。


この本を見ていると、また見仏巡礼旅に行きたくなります。

その地に住む人々の祈りに触れる旅に。



# by opaphoto | 2020-08-23 18:00 | 本の雑記 | Comments(2)

「一人称単数」 村上春樹

『一人称単数』村上春樹(文藝春秋)


村上春樹さんの新しい単行本を早速買って読みました。

今回は短編集でした。

短編集は一冊でいくつかの物語を楽しめるお得感がイイですね。

どこかレコードでアルバムを聴いて楽しむ感覚にも似ています。

あくまでCDではなくA面とB面があるレコードです(^_^;)


8編が収められていて、そのうちの7編はすでに「文学界」で

発表されている作品、そこに新たに1編書き下ろして

今回の本になりました。


・石のまくらに

・クリーム

・チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ

・ウィズ・ザ・ビートルズ With the Beatles

・「ヤクルト・スワローズ詩集」

・謝肉祭(Carnaval)

・品川猿の告白

・一人称単数

「一人称単数」 村上春樹_b0247073_15285686.jpg


続きはこちらなのだ(´∀`)

# by opaphoto | 2020-08-17 23:00 | 本の雑記 | Comments(2)

「ホキ美術館」で写実絵画を。

立秋の過ぎたとは言え、秋の気配など微塵もなく、

ひたすら猛暑の日々が続いてます。

どうぞご自愛下さいませ。

ワタシは・・・グッタリです(^_^;)


こう言う時は、涼しい美術館でのほほんと過ごすのがイイので、

千葉市の外れ、あすみが丘にある「ホキ美術館」へと出かけました。

ここは写実絵画で有名な美術館でして、

以前から行ってみたいと思っていました。

去年、千葉を直撃した台風の被害を受け、

9ヶ月間も休業していましたが、

今月1日からリニューアルオープンしたので、

丁度良い機会となりました。

ちなみに、コロナ対策で人数限定されるため、事前にHPから予約が必要でした。



「ホキ美術館」で写実絵画を。_b0247073_12183315.jpg



続きはこちらでーす(´∀`)

# by opaphoto | 2020-08-16 15:00 | 美術館・博物館・イベント・舞台 | Comments(0)

「JOKER」をやっと観た。

昨年、かなり話題になった映画です。

主演のホアキン・フェニックスは

この演技で2020年(第92回)のアカデミー主演男優賞を受賞しました。

映画館でもロングラン上映されてたのですが、

いつものように「そのうち・・・」と思ってたら終わってました。

そうなるとWOWOW待ちになります(笑)

で、先日、放送されました。


久しぶりに腰を据えて観ました。

その善し悪しの味は後にして、なんとも言えない思いが痼りのように胸に残る作品でした。




「JOKER」をやっと観た。_b0247073_10562921.jpg





絶望から狂気へと開花していく様は

まさにホアキン・フェニックスのワンマンショー!

その演技は圧巻でした。

今もあの笑い声が耳に残っています。

妙に考えさせられる作品なので、

いろんな捉え方があると思いますが、

見終わった後には、なんか取れない場所に棘が刺さったような感じを受けました。


しかし、バットマン作品は悪役が面白いですね、完全に主役を喰ってるし。

最初のジョーカー役のジャック・ニコルソンやペンギン男のダニー・デビートとか

思い出すけど、バントマン役はいつ変わったっけ?となるわけです( ̄▽ ̄;)

あとロビンやバットガールなんか、どこか軽すぎてバカみたいだし(笑)

ヒース・レジャーがジョーカーを演じた「ダーク・ナイト」とか思い出しても、

バットマン映画の悪役にこそ、とても魅力を感じます。

あ~そうそう、ワタシが好きなミシェル・ファイファーのキャット・ウーマンも良かったなぁ~(*´▽`*)


さて、その後、ホアキンジョーカーがどうなるか、(結果はわかっているけど)

観てみたいけど、絶対「JOKER 2」は無いよなと思うわけです。


最後に、デ・ニーロ・・・年取ったなぁ~としみじみ思いながら

観ちゃいました。なんかこの映画が「タクシードライバー」と比較して語られる事もありますが、

そこまで掘り下げなくても良いかなと思いますけどね(^_^;)



タグ:

# by opaphoto | 2020-08-12 23:00 | シネマの記憶 | Comments(2)

長崎 原爆の日

8月9日、ワタシの故郷 長崎に原爆が投下された日です。
今年で75年経ちました。
縦に長い長崎、ワタシの生まれた町は地図で見れば上の方なので
被爆地からは遠いのですが、それでも長崎に生まれたことには変わりはなく、
原爆の日はとても身近に感じていました。
そして、いくつになっても変わることなく、
毎年そのニュースが流れる度に
多少なりとも思うことがあり、また痛みもあります。
ワタシに出来る事はただひとつ、祈ることだけです。


【2018年夏・長崎 出津教会堂にて】
長崎 原爆の日_b0247073_17060879.jpg

# by opaphoto | 2020-08-09 11:02 | 日々雑感 | Comments(2)

「GO TO」してきました。

2020年の夏休み、今日で終わりです。

朝の涼しいうちにと思い、庭の草むしりをしたのですが、

汗だくだく・・・ヤバいくらいにぐったりです( ̄▽ ̄;)

梅雨明け10日というように、快晴続きで良いのですが、

いきなりの連日猛暑は堪えます。


さて、8月1日から3日まで京都巡礼旅をしてきました。

春の京都旅は非常事態宣言が出てキャンセルしましたが、

まぁ、あの時は寺院なども拝観中止が相次ぎましたので

仕方無い状況でした。

一応今回は諸々気にしつつも、7月早々に予約入れまして、

状況を注視してましたが・・・

政府の【旅行に行って下さいキャンペーン】の後押しもあり、( ̄▽ ̄)

無事行けることになりました。


でも、実際のところ、

還付はどうなるか良く分からなかったのですが・・・、

最終的には都民じゃ無いので、還付も受けられそうです。

いや~、スゴくお得な旅になりました(^_^)

しかし、なぜかいつもより散財したので、

そんなに変わらない出費額でしたが。


今回の巡礼旅、4月の時の「しおり」を組み直して予定を立てました。

京都の夏は暑いので、これまでは避けてきましたが、

今年はさすがに「仏像」飢えで(笑)

心頭滅却すればの心境で出かけましたが、

歩いていると盆地の暑さは堪えました、それに加えマスクが蒸れて(>_<)

そんな中、ただの川風がこんなに心地良いのかと知ることも出来ましたが。


あと、こんなに観光客のいない京都は初めてでしたね!

京都駅、バスターミナル、四条通、八坂、祇園・・・至る所でそう感じました。

訪ねた寺院も人が少なく「密」とは程遠い、ほぼ貸切状態の開放感を味わえました。

こんなこと言っては何ですが・・・コロナのお陰でもあります。

でも、早く終息して欲しいということで、

京に住む古の諸仏に手を合わせて参りました。(^_^)


毎度の事ながらいつもの巡礼記、

ぼちぼち書いていきます。



【京都奥嵯峨・祇王寺にて】
「GO TO」してきました。_b0247073_12253121.jpg

# by opaphoto | 2020-08-05 15:00 | 京都&奈良&近畿(巡礼旅行記) | Comments(4)

ノート PC(Win機)

少し前になりますが、Windowsのノート PCを新調しました。

ワタシのメインはiMacなので、Win機は使用頻度は低いのですが、

無いと困るのです。

カミさんも使っているので。


8年前に安く買ったバイオのノートが、

さすがに劣化したので、

その入れ替えです。

随分長く使いました(^_^;)


使用頻度や使い方を考えると

高性能なものは必要無いので、

コスパの良いといわれるPCを探しました。

メーカーにも拘りありません。

そこで見つけたのが「Lenovo」

直販モデルで「Ideapad S540」

特に追加装備の必要も無く

そのままで十分でした。

注文したら思ったよりも早く

3~4日程で着きました。




ノート PC(Win機)_b0247073_08401105.jpg



続きはこちらでーす(´∀`)

# by opaphoto | 2020-07-31 23:00 | PC・スマホ・ 周辺機器 | Comments(4)

2020.07.30 山下達郎ライヴを自宅で楽しむ♫

山下達郎さんの初の配信ライブが今夜行われました(´∀`)♫

告知されていた配信内容は、

京都のライヴハウス「拾得」と

「氣志團万博」出演時のものということで

チケット購入して楽しみにこの日を待っていました。

達郎さんがラジオで、納得できる音で配信できるから

やりますと言われたので、

それならば購入してでも観る価値はあると思いました。






2020.07.30 山下達郎ライヴを自宅で楽しむ♫_b0247073_23161652.jpg


続きはこちらで〜す(´∀`)♫
タグ:

# by opaphoto | 2020-07-30 23:00 | 音楽転々 | Comments(0)

夏休みとNikonのファームウェア

先週末は4連休、グダグダでした(*´▽`*)

何なんですかねぇ~あの天気、いい加減スカッと梅雨明けして

ギンギンギラギラの暑い夏が来て欲しいもんです。


ということで、

今週末辺りがどうも梅雨明けしそうな気配です、

で、ワタシも丁度夏休み突入です。

確か次の週も3連休でしたから

例年より連休の多い夏なのです。

まぁ、ほんとならオリンピックで大騒ぎの夏だったわけですが、ただ連休が多い夏になってます。(^_^;)



さて、今年の夏休みは、静かに仏像と対峙する、

コロナ退散祈願巡礼見仏旅の予定です。( ´ ▽ ` )。

もちろん、うつさずうつらずで。




【去年の夏旅は「出雲」でした。】

夏休みとNikonのファームウェア_b0247073_23095346.jpg




久しぶりに持ち出すレンズのこと考えてたら、

タイミング良く、今日Nikonからのメールで

ワタシの使用してるカメラ「Z6」とマウントアダプターの「FTZ」の

ファームアップのお知らせが届きました。


週末から旅に、まさにグッド タイミング。

最新ファームで良い写真撮ってこなきゃ!


夏休みとNikonのファームウェア_b0247073_23102551.jpg

# by opaphoto | 2020-07-28 23:00 | カメラ レンズ 機材 写真 | Comments(2)

2020・春 うましうるわ奈良(大神神社・山の辺の道)

コロナ騒ぎですっかり忘れていました!

2020年春のJR東海のキャンペーン。

もう、季節は夏なのですが・・・。

この夏の「そうだ、京都行こう」などのCMは今のとこありませんね、

秋はどうなんだろ?

こんな状況だからいろいろ仕方無いのだけど(^_^;)


さて、うましうるわし奈良は今回「大神神社」でした。

去年秋旅で訪ねたばかりなので、何か嬉しいもんです。

そして、CMやポスターなどを見れば、また旅情を掻き立てられるわけですが。





2020・春 うましうるわ奈良(大神神社・山の辺の道)_b0247073_17520836.jpg


続きはこちらでーす(*´▽`*)

# by opaphoto | 2020-07-26 18:00 | 京都&奈良&近畿(巡礼旅行記) | Comments(0)

「キネマの神様」原田マハ

『キネマの神様』 原田マハ(文春文庫)


志村けんさんが亡くなられたというニュースを見たのが、

なんか遠い昔のことのような気がします。

荒井注さんがいる頃からドリフの番組は楽しみに観ていたので、

志村けんさんに変わった時は、正直ガッカリしたような記憶があります。

でも、いつからかその存在は、ドリフと言えばカトちゃんだったのに

志村けんへと代わりましたよね。


振り返れば、もう随分長い間、笑いを届けてもらいました。

そんな稀代のコメディアンである志村けんさんには感謝しかありません。

一コメディアンとしてその生涯を全うしたカッコ良さ、

もし、元気ならば、これからも「となりの志村」などで魅せてくれたペーソス溢れる

コントをさらに突き詰められていたと思います。

そして、きっと、いかりやさんに負けないくらい味のある役者としての

素晴らしい未来もあったはずです。

あの映画「鉄道員」のシーンを観てそう思いました。

そんな志村けん主演の映画を観られるはずでした・・・。


しかし、残念ながらクランクイン前に亡くなられ、それは幻の主演映画となりました。

その映画のタイトルは

「キネマの神様」

原作は原田マハ。

監督は山田洋次。

志村さんの代役は後日発表があり、盟友である沢田研二さんが引き受け、

撮影すると知りました。


そこで、原作を読んでみることにしました。

あくまで志村けんさんをイメージしつつ。





「キネマの神様」原田マハ_b0247073_22483395.jpg


続きはこちらでーす(*´▽`*)

# by opaphoto | 2020-07-21 23:00 | 本の雑記 | Comments(2)