「谷川俊太郎さんが語る河合隼雄」の講演会に行ってきた

連休最終日の9日、谷川俊太郎さんの講演会に行ってきました。

友人でもあった河合隼雄さんの没後10周年記念企画です、

場所は学習院大の創立百周年記念会館で行われまして、

インタビューアーは河合隼雄さんのご子息である河合俊雄さんでした。




b0247073_23131864.jpg





b0247073_23132300.jpg





b0247073_23132686.jpg




家族で楽しみにしてた講演会でしたが

開始時間が17時半だったので、この手の講演会にしては

遅い時間でした。出来れば14時位がいいんですけど、

こればっかりは仕方ありません。

あと、とても残響がありスゴく聞きづらくて、その点が残念でした、

ちゃんと音響を工夫して欲しいと思いますね、

講演会で話が聞きづらいというのは救われません、

それでもなんとか一生懸命聞き取りましたけどね。


谷川俊太郎さんは詩だけでは無く、翻訳や脚本や絵本とか、

とにかく谷川さんの作品に触れたことが無い人は居ないんじゃないかと

思うくらいのお方です。

初めて生で拝見しましたがとてもお元気そうでしたし、

とても素敵なおじいちゃんでした。

あの鉄腕アトム、♬空を超えて~ラララ・・は谷川さんの詩ですからね、

それを知った時は驚きましたけどね。


ワタシは「20億光年の孤独」というとても有名な詩が、

今でも好きです、あの最後がいいんだよなぁ~。

子供の頃、夜空をボケーッと見上げてた時に突然感じた

あの閉塞感は何だったのか、

この詩に出会った時に、あれは子供心に初めて知った

絶対的な孤独だったのだろうかと思ったものです。




今回の講演会でも谷川さんの朗読で

この20億光年の孤独を読んでくれました、

感動しましたね、やはり作った本人から語られる

言葉の響きは格別なモノです。


しかし、河合隼雄さんにはもう少し長生きして欲しかったなと思います、

そしてその話を聞きたかったなと。

定期的に大阪の天王寺にあるあの四天王寺で講演されてたと知った時は

もう遅かったんですけどね。

沢山の著作が残っているので河合さんの言葉は生き続け、

何かと疲れた心を優しく包んでくれると思います。



b0247073_23133099.jpg




最後は河合隼雄さんの死を悼んで書かれた「来てくれる」を

朗読されて、講演会は終わりました。

谷川さんや河合さんのとても無邪気な一面を知ることが出来たし、

とても良い時間を過ごせました。





b0247073_23133241.jpg

by opaphoto | 2017-10-13 23:00 | 美術館・博物館・イベント | Comments(2)

Commented by rollingwest at 2017-10-14 10:08
8月に栃木県の室の八嶋・間々田八幡宮・道鏡塚・結城の町並み・下野国分寺跡・太平山神社等を廻ってきたのですが、益子町までは足を延ばせませんでした!次回こそこの街に行ってみます!昨日からは一挙に気温が下がり晩秋のような長雨天気になっていく予報ですね。1週間以上は行楽に向かない日々となるようですがまた再び天高い青空を長く楽しめる日々を心待ちにしたいと願っています。
Commented by opaphoto at 2017-10-14 21:15
RWさん、こんばんは。
歴史散策楽しんでますね、
次回は益子町も是非。
晩秋を過ぎ初冬のような・・と言えば大袈裟ですかね(^_^;)
美しい日本の秋を長く楽しみたいもんです。