御朱印・九州、大分県(真木大堂・富貴寺・宇佐神宮)

妹夫婦を訪ね、大分から福岡を巡った二泊三日旅、

それは2010年(平成22年)のことでした。

今思い出しても、湯布院は良かったなぁ、

のどかな街並と名湯と由布岳の眺め、旅情を感じた旅でした。


そしてもちろん神社仏閣も訪ねました!

巡礼旅では無かったので時間があまり取れなかったのですが、

それでもここだけは!という思いで厳選しました。


まずは・・・豊後高田市にある名刹二箇所、

最初に訪ねたのは「真木大堂」です。

ここの仏像には驚きましたね、大威徳明王がカッコ良かったなぁ、

奈良並みの迫力ある仏像群でしたよ。



b0247073_15282229.jpg





【ちなみに仏像は古いお堂では無く収蔵庫に置かれていました】
b0247073_15284187.jpg




【真木大堂・阿弥陀如来】

b0247073_15284890.jpg




【真木大堂で九州寺院用に御朱印帳も買いました(なんかあまり特徴ないけど(^_^;)】

b0247073_15285479.jpg





次は富貴寺、こちらも趣ある寺院でした、

こちらの大堂(阿弥陀堂)は国宝です、

確かにどこか優雅な佇まいでした、周りの風景も素敵だったな。

そしてその堂内にいらっしゃる御本尊は阿弥陀如来、

こちらも重文でした。





b0247073_15290125.jpg




【一見、締め切ってあるように見えますが正面から見て右側面に出入り口があります、

 人が入るとセンサーでライトアップされた阿弥陀如来像が浮かび上がります・・・素敵でしたよ(*^_^*)】

b0247073_15290627.jpg




【富貴寺・梵字で「阿弥陀如来」と書かれています】

b0247073_15291228.jpg





大分と言えば、やはりここですね、宇佐神宮。

全国にある八幡宮の総本宮となります。

三つの御殿があり、祀られているのは

・八幡大神

15代・応神天皇の御神霊として29代・欽明天皇の時代(571年)に現れたと言われてます、


・比売(ひめ)大神

日本書紀には「宗像三女神」が宇佐嶋に降臨したとあり八幡様より古いのです、

やはり宇佐神宮はかなり古くからの信仰の地だったのですね、

ちなみに比売大神は宗像三女神の総称です。


・神功皇后

応神天皇の母ですね、かなり勇ましい女性という印象ですが

八幡様は武力の神ですから当然と言えば当然ですね。



とにかく宇佐神宮は広大でした!

奥に進むにつれ厳かな気持ちになりました、

本殿は前殿と奥殿を連結させた八幡造で国宝でしたね。

昼間は前殿、夜は奥殿へと八幡様は移動されるそうです。


b0247073_15292020.jpg





b0247073_15292659.jpg





b0247073_15293367.jpg




【宇佐神宮では御朱印帳も買っちゃいました】


(表紙)

b0247073_15294888.jpg



(裏)
b0247073_15295603.jpg


今回、改めて写真なんぞを見たりして思ったんですが、

真木大堂や富貴寺は人がほとんど居なくて、

実にゆったりと見仏が出来ました(^_^)

さすがに宇佐神宮は結構居ましたけどね、団体さんとか。

それでもふと人が居なくなる時間があるので

シャッターチャンスは多いです。

この時はまだデジイチじゃ無いので

どうしても画質がなと思うわけですが・・・。

まぁ、またそのうち行って撮り直せばいいか!(笑)




では、次回の御朱印紹介をお楽しみに。



by opaphoto | 2018-04-21 23:00 | 御朱印(御朱印帳) | Comments(0)