2018 GW・京都&奈良、青もみじが呼んでいる!万緑の巡礼路【その9】

【清水寺~建仁寺~六道珍皇寺~智積院~三十三間堂~東本願寺】



早朝にホテルをチェックアウト。

空は曇り空、でもこの日は傘マークが外れ

午後には日が差すと言うことで予報が変わりました。

巡礼効果ですかね(^_^;)

前日の雨は龍神の慈雨として感謝したいと思ってますが・・・

晴れるに越したことはないわけで(^_^;)


まずは京都駅へ行き、

新幹線に近い八条口のコインロッカーに大きな荷物を預けます、

それから中央口のバス ターミナルへ。

この日からGWが本格的にスタートするので朝の京都駅は賑やかです、

これで東京からの便が到着し始めると大混雑になりますね。

その前に・・・というわけで

最初の寺院は京都観光のメッカ「清水寺」へと参りました。





b0247073_22350388.jpg





数年前に訪れた清水寺、その時も混んでましたね、

あまりの混雑に一度でも巡礼出来れば良いかと思ってたんですが、

後々調べると、実は清水寺、朝が早いのです。

開門時間がなんと午前6時!

この界隈が混むのは周辺の多くのお店のせいもあるわけで、

つまりそれらのお店が開店する9~10時、その前に訪れることが出来れば

実に静かな参拝が出来るんです。

ただし、注意するべき点がありまして、

御朱印を頂けるのが8時からになるんですね。

清水寺に御朱印所はいくつかありますが、

すべて8時開始です。

となると・・・8時前に境内に入り、見仏しつつ

8時過ぎてすぐに御朱印を貰い、ぐるっと巡るというのが

ワタシが思うベストな清水寺見仏巡礼になりますね(^_^)

そうすれば日中は大混雑の音羽の滝もそんなに待たずにあの聖水が飲めます。

よって・・・10時以降は、目的が無ければ近づかない方がいいエリアです(^_^;)




b0247073_22352763.jpg





b0247073_22353463.jpg




久々の清水寺、さすがに堂々たる佇まい、

仁王門からその右奥に西門、その奥にシンボル的な三重塔、

やはりテンション上がりますねぇ(^_^;)

そして経堂を越え、清水の舞台がある本堂へ。

ちなみに現在、清水寺の本堂は檜皮屋根の葺き替え工事中です、

50年振りの平成大修理は2017年2月から始まっていて

完成は2020年3月になってます。

たしかに外からの見栄えは良くないけど、

内陣の仏像群には影響なく、じっくりと見仏出来ました。

左右に風神と雷神、中央にご本尊の千手観世音菩薩(お前立)

でその両脇に毘沙門天、二十八部衆などの仏像群。

最近はLED照明でくっきりと魅せてくれる寺院もありますが

ここは薄暗く、どこか異界を思わせる雰囲気に溢れてます、

これはこれで趣がありますね。






b0247073_22354318.jpg





b0247073_22355168.jpg





b0247073_22355871.jpg





b0247073_22360555.jpg





b0247073_22361176.jpg





b0247073_22361927.jpg




外へ出て、次は釈迦堂を覗いての阿弥陀堂。

立派な丈六の阿弥陀如来は眩しいほどの光を放ちながら

どこか優しげにワタシらを見守ってくれてます、光背も見事!

人間は誰しも最後はこの方に導かれ旅立ちます、

その時は神々しい光に包んで欲しいなぁ~と手を合わせておきます。


そして隣に建つ奥の院。

こちらも暗い内陣の奥に千手観音菩薩始め多くの仏像が

置かれていました。

目を凝らして見仏した後、その場所から振り返れば

新緑の中に本堂が浮かび、その先には京都中心部が見えています。

うーん、朝の清水寺イイね!




b0247073_22362834.jpg





b0247073_22363545.jpg





b0247073_22364140.jpg





b0247073_22364966.jpg





b0247073_22365615.jpg




順路に従い音羽の滝へ、

以前はあまりの多さに並ぶことを止めたんですが

今回は大丈夫です(^_^)

三筋に別れて流れ落ちる清水を長い柄杓で掬い取り、

六根清浄、所願成就を願い一口。




b0247073_22370513.jpg




修理中の本堂を見上げながら仁王門の前まで戻ります、

そこでふと目が善光寺堂に導かれます(^_^;)

前回も覗いた事を思い出して、御本尊の如意輪観音へ挨拶をしておきました。




b0247073_22371310.jpg




徐々に人が増えてきましたので清水寺を後にして

とりあえず朝食の場所を目指して産寧坂~二年坂と下ります。

産寧坂は万城目学さんの小説「とっぴんぱらりの風太郎」の舞台となった場所で、

ここに来るとつい瓢箪屋へ寄らずには居られません(笑)

読んだ方ならこの気持ちわかって貰えます(^_^;)

今回は二度目の訪問、もちろん瓢箪を買いました(笑)

まだ半分以上のお店が開いていないので

のんびりと歩けました。






b0247073_22372143.jpg





b0247073_22372890.jpg





b0247073_22373598.jpg





b0247073_22374375.jpg





b0247073_22374937.jpg




そして目的の場所へ到着、高台寺近くの「前田珈琲店」です。

京都には良い喫茶店が沢山あります、

まずイノダコーヒーがすぐに浮かびますが、

イノダは何度も行ったので今回は前田にしてみました、

看板の書体が素敵です、雰囲気も良いし。

店内に入るとタイミング良く席が空いてましたので

すぐに座れます、注文はモーニング。

朝から良い見仏した後のモーニングは最高でしたよ(^_^;)

あ~近所にこのレベルの喫茶店があればなぁ~。




b0247073_22375568.jpg


ゆったりと朝食を楽しんだ後は

また、のんびりと歩いて次の寺院を目指します、

次の寺院は今まで「見仏」からは外れていた寺院なのですが、

機会があれば一度行かねば!と思っておりました、

今回やっとそれが出来ました、あと目的もあったので

楽しみにしてたんですよね。


勝手知ったるもんで、建仁寺の入り口はすぐにわかりました、

今まで何度もここを通り抜けてたんですがね(^_^;)

いよいよ初めて境内へと入ります・・・広いなぁ~!


< 続く>



by opaphoto | 2018-07-04 23:00 | 京都&奈良&近畿 | Comments(0)