人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ちょい読みの2冊

1冊目は珍しく漫画です。

久しぶりに漫画を読みました。


「奈良へ」 大山 海(リイド社)


ちょい読みの2冊_b0247073_17584021.jpeg





「奈良」というワードに興味をそそられ

何となく読み始めて、途中でついて行けなくなり(笑)

一旦、戻って再度話を追いかけるも、また迷子になる、

自分で想像しつつ、恐らくそんなことなのかなと

思いつつ結局最後まで読まされたなと。

奈良を舞台にした群像劇だけど、現実と夢と妄想が時空を超えて絡み合い、

混乱しつつも、どこかに真理を垣間見る。

この作者の感性は面白いなと感じました。

町田康氏のあとがきを読んでなるほどと思い、

もう一度ページを捲るという、なんとも面白い漫画でした。


この感覚はどこか、つげ義春に似てるかなと感じたら

やはり著者は影響受けてると語られていました。




2冊目は


「ど忘れ書道」 いとうせいこう(ミシマ社)



ちょい読みの2冊_b0247073_17590570.jpeg

ワタシも最近ど忘れが多いので、内容的にはとても共感出来ました。

とにかく、顔は出てるけど名前が出ないことは良く有ることで、

忘れたままじゃとても気持ちが悪い。

芸能人とかはスマホでなんとか調べられるけど・・・

すぐスマホで検索するのも、脳の機能低下に拍車をかけそうなので(笑)

しばらくは自力で思い出そうとしますが、それも出る時もあれば出ない時もあり。

その時、なんとか関連のあるものや人を思い出そうとして、

最悪、それすらもど忘れしてることに気付き、

恐怖のど忘れ連鎖に陥る場合もあります。


ワタシもこの本のように、ど忘れして思い出した言葉を

メモに書いたりしておけば、ポンコツ化していく脳味噌に刻まれるかなと思う反面、

もはやこの期に及んで・・・とも思うわけで、やれやれって感じです。(笑)




by opaphoto | 2022-08-02 23:00 | 本の雑記 | Comments(2)

Commented by rollingwest at 2022-08-05 15:54
大山海さんて漫画家さん、名前を初めて聞きましたが、なかなかユニークな感じですね。奈良出身、にちげー中退の個性派かな。
Commented by opaphoto at 2022-08-06 15:26
RWさん、こんにちは。
ワタシも初めて知りましたが、才能ある方が登場し、
その作品が評価されるのは良いことだと思います。
なかなか深く、読み応えがありました(^^)