人気ブログランキング | 話題のタグを見る

夏にこの1曲


レゲエの発祥地 ジャマイカの伝説、

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ。


それはもう多くの名曲があります、そしてカバーされた曲もいくつかすぐに浮かびますね♪

そんな中であえて「夏にこの1曲」を選べば、


「Waiting In Vain」


まぁレゲエ自体が暑さを連想させますが、

この曲はどこか涼やか(^^)

昔から聴いてるけど飽きませんねぇ~、

この曲をずっーとリピートで流しながら、

暑い陽射しのシャワーの中で、

よく冷えた瓶ビール(コロナが良いかな)を飲みたいなぁ♪

そんな気分にさせてくれます。

名曲ですね。

これぞレゲエと言わんばかりのギターが刻むリズム、

ドラムとベースラインの絡み、

間奏のギターソロも痺れます、

そして肩の力を抜いてゆったりと唄うボブ・マーリー。



夏にこの1曲_b0247073_15263492.jpeg




センセーショナルなレゲエとの出会いは「LIVE!」というアルバムでした。

元々はクラプトンがカバーした楽曲との出会いが先でしたけどね。

しかし、あのアルバム・ジャケットはカッコ良かったなぁ~、

ラスタ・カラーの衝撃に撃たれましたよ。

ギブソン・レスポールと揺れるドレッド・ヘア。


1981年、わずか36歳でこの世を去ったボブ・マーリーだけど、

人生を季節で例えるなら、ボブ・マーリーは未だ永遠の夏の中に居るわけです、

彼の残した多くの楽曲と共に。





by opaphoto | 2022-08-06 17:00 | 音楽転々 | Comments(1)

Commented by たぱら at 2022-08-08 18:22 x
昔おいらがいた職場で、翻訳関連を担当していたお姉さん
「わたし、米国留学中にBob Marleyのライブ観たのよ」
楚々としたお姿で平然と微笑まれるのですが、そりゃあうらまやしいってありゃしない、ですわ^^~