カテゴリ:音楽転々♬( 74 )

冬の午後のクラシック・ピアノ

昨日はクラシック・ピアノの演奏会へ行ってきました。

クラシックの演奏会なんてまず行かないんですが(^_^;)

それでも最近は大分抵抗が無くなりました。

それは多分、村上春樹作品のお陰かなとも思います、

村上作品ではお馴染みで、

小説の背景に流れる音楽が一層、物語に奥行きを与えてます。

物語の中で流れている音楽を聴きながら読むと、

グッと入り込めます。


そんなわけでクラシックを聴きながら

頭に浮かぶ風景を楽しもうと思いました。

場所は市ヶ谷のルーテル市ヶ谷ホール、

行ってみたら、そこは教会内にありました。


今回の演奏会は4名のピアニストがそれぞれソロで演奏されるんですが、

そのうちのおひとりが、カミさんが長い事習ってるピアノの先生なのです。

カミさんより全然若いんですが。



b0247073_21293263.jpg



ホール内に入れば、そんなに広くないけど

教会らしい荘厳な感じがします、

ステージの中央にポツンと置かれたグランド・ピアノは

世界的銘品 Steinway&Sons、

一流のアーティストが弾いてることでお馴染みのメーカーです。


さて、演奏曲目をここに書き連ねたところでワタシも

ワタシもよくわかりませんから(笑)

かろうじて、バッハ、リスト、ドビュッシー、ブラームスという名前は

わかりますが(^_^;)

その中で演奏されたリストの「巡礼の年・第1年 スイス オーベルマンの谷」

これは村上作品「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」で、

まさにテーマ曲でもありました。

パンフレットには主人公の苦悩や感情の移ろいが描かれているとあります、

目を閉じてその風景を思い浮かべると

その旋律の表現に揺さぶられました。


しかし、ピアノって凄い楽器だと改めて思いましたね、

奥深いクラシックピアノのほんの一部分を理解できたような気がしました。


でも、ワタシ、鍵盤では・・・エレピが好きですけど(笑)



by opaphoto | 2019-01-27 23:00 | 音楽転々♬ | Comments(2)

2018 クリスマス イヴ

先日、FM東京で「村上RADIO」の第三弾、

~村上式クリスマス・ソング~を放送してました。

もうすっかり春樹さんの声にも慣れて、

顔と声が一致してイメージしやすくなりました(^_^)

何を聴かせてくれるかが楽しみなんですが、

今回、定番なWhamを流すとはある意味「らしい」かなと思いましたね(笑)

まぁイントロ部分が珍しいハワイアン風でしたが。


何がぁ、クリスマスだよ!なーんて言わずに(笑)

この時期、世界中で流れるクリスマス・ソングに耳を傾けて

素直に楽しんだら良いと思います、

この日に良いことや悲しいことや、まぁ~

いろいろあるかも知れないけど、

意外と時間が経てば、どちらの場合も

心を温めてくれる思い出になっていたりします。



b0247073_18161787.png


続きはこちらーです(^_^)♫

by opaphoto | 2018-12-24 19:00 | 音楽転々♬ | Comments(0)

魂(soul)のゆくえ ピーター・バラカン

「魂(ソウル)のゆくえ」 ピーター・バラカン著 アルテスパブリッシング



改めて「ソウル・ミュージック」とは何ぞやと思い、

一度ちゃんと押さえておこうと言うことで

前から気になっていたこの本を購入しました。


上手い構成でとても読みやすく、

今までの自分の中にあった「点」が「線」で結ばれた思いです(^_^;)

いろんな関係性が面白く、ゴスペルから始まるソウル・ミュージックの変遷を

知ることが出来ました。




b0247073_22284016.jpg


続きはこちらーです(^_^)♫

by opaphoto | 2018-12-06 23:00 | 音楽転々♬ | Comments(0)

二本の映画

音楽絡みの映画が公開されます、1本は昨日かな(11/9)公開しましたね。

で、その公開された1本が「ボヘミアン・ラプソディ」

クイーンの楽曲のタイトルがそのまま使われています。

とうとう、あのフレディ・マーキュリーが映画になったんですね、

最初はクイーンのドキュメンタリー映画かなと思ったんですが

正真正銘の伝記映画でした。

フレディを映画化すると言うことは他のメンバー三人も

役者が演じるわけですが、どうなんだろなぁ~と思ってたんですが

予告編をYouTubeで観て、いや~さすがに見事に演じられていますね、

全員なんとなく似ているし。

特にフレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレック、イイじゃないですか!



【このポスター、カッコいいなぁ〜(^_^)♫】
b0247073_14393695.jpg



続きはこちらーです(^_^)♫

by opaphoto | 2018-11-11 15:00 | 音楽転々♬ | Comments(2)

やはり、MISIAは素敵だった!

日曜日の東京フォーラム、

待ちに待ったMISIAのライヴでした。


「20th Anniversary・MISIA 星空のライヴ X 2018 

 ー オールナイトニッポン スペシャル ー」


16時過ぎに現地に到着、開演は17時です。

比較的スムーズに会場入り出来まして、

早速グッズ購入の列に並びます、

でも、パンフはありません、ざっと見て購入したのが

「星空の金平糖」と「LEDライト仕様のキャンディ」

あと、CD「アイノカタチ」です。




b0247073_22344838.jpg


続きはこちらで〜す(^^)♪

by opaphoto | 2018-10-16 23:00 | 音楽転々♬ | Comments(4)

MISIA 星空のライヴ X 2018

今年はデビュー20周年という事で、

精力的にツアーを行っているMISIA。

前々から、その歌声を生で聴きたいなぁと思っていたアーティストです。

で、今年は東京フォーラム、千葉文化会館と申し込んだのですが・・・

まぁ、あっさり外れました。


ところが先日、オールナイトニッポンスペシャルと言うことで

追加公演が東京フォーラムで急遽決定しまして、

とりあえず申し込みました。あまり期待せずに。

で、抽選結果は・・・当選でした!(^o^)

公演日は10月14日(日)ということで明後日になります、

ただ発券してら、席は2階の後ろの方だったけど(^_^;)

あと、当日はなんと、清水ミチコがゲストとのアナウンスもあり、

それはそれで楽しめそうです。



【MISIAのCDを探したら、とりあえず2枚「LOVE IS THE MESSAG」と「JUST BALLADE」】

b0247073_21590299.jpg



続きはこちらで〜す(^^)♪

by opaphoto | 2018-10-12 23:00 | 音楽転々♬ | Comments(0)

偉大なる歌声は永遠に

先日、アレサ・フランクリンの訃報がニュースで流れました、

その数日前から危篤状態との情報があったので

気にしてましたが・・・残念です。

あっ!ちなみにどーでも良いことだけど・・・

日本人の英語が通じない元凶のカタカナ英語(笑)で発音すれば「アレサ・フランクリン」ですが、

正確には、「アリーサ・フランクリン」ですので

そう発音しましょう、その方が自然です(^_^;)


もうね、その名前は随分前から知ってましたし、

楽曲も聴いたことがありましたが、

ワタシに強烈な印象を残してくれたのが

映画「ブルース・ブラザーズ」でした。



【ワタシの好きなジャケット写真は「アリーサ・ライヴ・アット・フィルモア・ウェスト(1971年)】

b0247073_23103946.jpg


続きはこちらで〜す♪

by opaphoto | 2018-08-22 23:00 | 音楽転々♬ | Comments(2)

村上ラジオ (FM東京)

少し前になりますが、8月5日の日曜日、19時から1時間、

あの村上春樹さんがFM東京で初DJをやってくれました、

じっくりと生声を聞いたことがなかったし、

なにはともあれ、多かれ少なかれ(^_^;)

その音楽の造詣の深さにこれまでかなり影響を受けていたので、

とても楽しく拝聴しました。


最初はなんかぎこちない雰囲気がこちらにも伝わり、

やれやれ・・・と思ってましたが(笑)

そのうち目の前で自然に話しかけてくれているような

感じになりましたね、良かった良かった。

こんな感じで水丸さんとも飲みながら話してたのかなぁと

思っちゃいましたね。


流れる楽曲もすべて村上さんの選曲(もちろん、そうでないと意味ないけど)

やはりというか一筋縄ではいかない、斜め方観た選曲で、

あ~村上さんらしいなと思ってました。

誰もが知ってる名曲を意外な方々がカバーしたバージョンで聴かせてくれました、

ジョーイ・ラモーンがカバーした「この素晴らしき世界」

ベン・シドランがカバーした「天国への扉」など。

そして、ブライアン・ウィルソンもかけてくれましたが

それがなんとディズニー曲集!「ハイ・ホー」とかね、

これは知りませんでしたね。

その後、ビーチボーイズも当然、かかりました「サーフィン’ USA」

ラジオから流れる音楽を聴くという行為はどこか懐かしくて、

今更ながらイイもんだなと思いましたね、昔もこうやって聴いて、

気に入った曲のタイトルやアーティストの名前をメモしてたなぁ~。

そうやっていろんな音楽に触れ、世界が広がっていきました。

時々、受信状態が悪くて雑音まみれで聴いたりしてたけど、

あれはあれでその時代の音だった。


とある本で、「60年代的価値観」という言葉があり、

それが70年代はかろうじて有効だった時代で

80年代はそれが通用しなくなった時代というふうに分けていました、

たしかにそう言われればそうだなと思ったもんです。

村上作品の中でもいろんな音楽が登場します、

今思えば、村上さんの作品にシンパシーを感じたひとつは

まさにその「60年代的価値観」だったのかも知れません。

もちろんワタシは11歳ほど下なので、同時代を共有したわけでは無く、

後から振り返り追いかけた世代として。


番組の最後に村上さんが引用した好きな言葉として、

スライ&ファミリー・ストーンのスライ・ストーンが言った言葉を記しておきます。


「僕はみんなのために音楽をつくるんだ。誰にでも、馬鹿にでもわかる音楽をつくりたい。

そうすれば、誰ももう馬鹿でなくなるから」



b0247073_23371319.jpg

by opaphoto | 2018-08-16 23:00 | 音楽転々♬ | Comments(4)

山下達郎 PERFORMANCE 2018・(松戸 森のホール21)

昨日観てきました(^o^)

初めて行くホールでしたが、なんせウチ(船橋市)から近い。

武蔵野線で1本、乗車時間は数分でしたね、

駅からは徒歩15分なんだけど

タイミング良くバスに乗れたので楽でした(^_^)


ホールに着いた頃には本降りの雨、見上げるホールの外観は

何度かこの前を自転車や車で通ったことがあるので知っていました。

ホール入り口の右側にはもう入場を待つ列が出来ていましたね、

時間は16時、開場1時間前です(^_^;)


とりあえずチケット有る無しにかかわらず

グッズの先行販売が16時半まで行われていました、

並んでいる方々は恐らくチケット入場者しか購入できない、

「ご当地プレート」狙いがいらっしゃるんでしょうね。

「ご当地プレート」」って何?って方もいるでしょうけど、

達郎ファンにはお馴染みのアイテムです、

ワタシも中野サンプラザの時に欲しいなと思ったんですが・・・

並んでる途中で売り切れました。

毎年、公演場所で違うのですからこういうのは集め始めると

キリが無いのです・・・ですが、まぁ~欲しいかと言われれば、欲しい(笑)




b0247073_22001145.jpg


続きはこちらで〜す(^^)♪

by opaphoto | 2018-06-24 22:00 | 音楽転々♬ | Comments(0)

いよいよ明日は!

待ちに待った山下達郎さんのコンサートです(^_^)♪

PERFORMANCE 2018 ツァーの初日になります、

去年も2017年3月の初日公演に行けましたので

あれから約1年3ヶ月振りになります。


いや~楽しみですね!

今年もまたあの素晴らしい歌声と

心地良いグルーブ感を味わえるのかと思うと感無量です。

いつものように3時間を越えるステージになるでしょう、

どんなセットリストで楽しませてくれるか、

ワクワクしております(^o^)


b0247073_22050558.jpg


ということで、まぁ、勝手に前夜祭ということで

YouTubeから数曲をUPしてみました。




続きはこちらで〜す(^^)♪

by opaphoto | 2018-06-22 22:00 | 音楽転々♬ | Comments(2)