カテゴリ:本の雑記( 36 )

一瞬の宇宙 KAGAYA


「一瞬の宇宙」KAGAYA・河出書房新書



b0247073_22344760.jpg





年末に購入して、正月休み中に読みました、

KAGAYAさんのフォト&エッセイです。


ワタシはTwitterで知ったKAGAYAさんをフォローしてまして、

そのツィートにいつも和まされていました、

「空をご覧下さい」という常套句から始まり、

その日の空の様子を教えてくれます、

掲載される写真もステキなのです。


子供の頃からぼんやりと空を眺める事が好きでした、

屋根の上で寝転がって見たりしてました、

見つかると、瓦が割れるから降りろと言われましたね、

ワタシが落ちたりすると危ないから・・とは言われなかったなぁ(笑)

その頃の家は高台にあったので町を見下ろすように港の方まで見えて

その上に空がありました、夏には入道雲が湧き、

その風景がとても好きでしたね。


太陽が動き光の色が変わる、月が形を変え空に浮かび、

無数の星が瞬く。

当たり前のことだけど、実は素晴らしい天体ショーをいつも見ているのです。

空を見上げることで。


とかく見たくないモノまで見せられてしまう今の時代、

たまには空を見上げ、心をリセットする必要があるのではと思ったりします。


この本を読んでいると宇宙の広大さを知ると共に

実にちっぽけな自分の存在に気付かされます、

それがとても心地良いのです。


一度、ちゃんと星景写真に取り組んでみたいけど

夜に狙った構図を求め、動くなんてことが

なかなか出来ずにいます(^_^;)

テント泊登山とかが一番のチャンスなんだけどなぁ。



by opaphoto | 2019-01-12 23:00 | 本の雑記 | Comments(2)

冷血 高村薫

「冷血(上・下)・髙村薫 ・新潮文庫」


「冷血」と言ってすぐに浮かんだのが

トルーマン・カポーティに同名小説でした、

実際に起こった事件を書いたノンフィクション・ノヴェルでした。

ワタシは未読ですが有名なので内容はなんとなく知っていました、

ただその重さに・・・読む機会がありませんでした。それとも避けてた?(^_^;)


今回、好きな作家である髙村薫さんが書かれた「冷血」を買ったのは、

まず文庫化されたこと、

帯に「合田刑事」と書かれていたことですね。


トルーマン・カポーティ版と違い、あくまで特定のモデルケースがない小説だとご本人が言われてると何かで読みましたが、

そう言われても、いくつかの実際に起こった凶悪事件の事を

思い浮かべてしまいました。

内容はトルーマン・カポーティの「冷血」に似ているので、

髙村薫版「冷血」と言うべきでしょうか。


b0247073_17541871.jpg


続きはこちらーです(^_^)

by opaphoto | 2018-11-18 23:00 | 本の雑記 | Comments(0)

ピーターバラカン ロックの英詞を読むー世界を変える歌ー

「ロックの英詞を読むー世界を変える歌ー」ピーター・バラカン 集英社インターナショナル


昔、レコードを買う楽しみといえば、

その溝に刻まれた音を聴くことはもちろんでしたが、

歌詞カードというか、付属ブックと言った方がいいのかな、

そこに書かれた歌詞や訳詞、さらにライナーノーツ、

中にはレコーディング風景のスナップが掲載されていたり、

ちょっとしたアート集みたいなものもありました。

レコード買うと当たり前のように付いてくるので

それが楽しみでした。

古いモノには一枚の紙の表裏に書かれてるだけの

素っ気ないモノもありましたが。

そうそう、各楽器の演奏者の名前なども書かれていて、

おっ、ドラムはジム・ケルトナーか!とか

そんな感じでワクワクしながら読み、そして聴いていたもんです。


今、音楽も配信主流へと大きく変わり、

購入も一曲単位で便利になっていく反面、

一枚のアルバムを隅々まで楽しんだ頃が

懐かしくもあります。


b0247073_17491661.jpg


続きはこちらでーす(^o^)

by opaphoto | 2018-11-04 23:00 | 本の雑記 | Comments(4)

村上春樹の100曲 

「村上春樹の100曲」 編著・栗原裕一郎 立東舎


村上春樹さんの小説に登場する音楽の数々、

それらを各音楽分野に精通する方々が

物語との関係性などを掘り下げつつ

読み解く内容になっており、

最新の「騎士団長殺し」までカバーしています。

ちなみにワタシは読んでなかったのですが

以前出版された「音楽で読み解く村上春樹」

を全面的に作り直した本になっています。

タイトル的には今回の方が好感が持てますね、

読み解くと言われるよりは、100曲!って言われた方が

なんかガイド本的な取っつきやすさを感じますね(^_^;)


ジャンルとして四つに分けられています。

ロック・ポップス・クラシック・ジャズ。

それぞれ専門の評者が書かれています、

ただこういう趣旨の本なので音楽専門書的なアプローチよりは

まず、物語と曲の関係性が重視されているので

村上ファンにはとても興味深い内容になってます。


b0247073_17110195.jpg


続きはこちらーです(^_^)

by opaphoto | 2018-10-21 17:00 | 本の雑記 | Comments(0)

「みんな、絵本から」  柳田邦男・著

「みんな、絵本から」柳田邦男・著 石井麻木・写真 講談社


手に取ってパラパラとページを捲ると

まず写真が印象に残りました、柳田邦男さんの文章もまるで詩のように

吸い込まれていきます・・・で、買いました(^_^;)


もうとっくに子育ては終わったんですが、

それでも柳田さんの文章は心に刺さります、

環境が心を育てていくのは昔から変わりませんが、

その環境が昔と今は善し悪し別にして大違いですよね。


ただ変わらないモノがあるとすれば

絵本(物語)の読み聞かせなのかも知れませんね。

ワタシもよく寝る前に読んで貰ったなぁ~(^_^;)

是非、子供の心に吸い込まれていく物語を話してあげて欲しいなと

思いますね。


言葉や感性、感情が心を豊かにして

物語の文脈理解力はやがて人間関係においても役立つことでしょう。


・・・今、絵本が必要なのは大人なのかも知れませんね(^_^;)



b0247073_22030408.jpg


by opaphoto | 2018-08-06 23:00 | 本の雑記 | Comments(0)

HOSONO百景(いつか夢見た音の旅)細野晴臣

とても楽しく読ませて頂きました、

細野さんの本は以前から気になってたんですが

まず最初に文庫で出てたこの本を手に取りました。


この本は細野さんが書かれたのでは無く

中矢俊一郎氏がインタビューしつつ纏めたモノなのです、

ご本人は前書きで「気ままにしゃべったもの」と言われています、

その細野さんが気ままに話された話が

面白い(^_^)

あの朴訥とした語りを聞いているように読み進めます、

しかし、さすがに世界の音楽に対してとてつもなく詳しい、

感性の豊かさだけでは語れない魅力のある方です、

やはり只者ではありませんね、当たり前だけど(^_^;)

世界を旅してるようにいろんな国の音楽が聞こえてきます、

そし現在と過去、旅はタイムトンネルもくぐり抜けます。

細野さんの音楽は最近はもうなんというか、

自然とにじみ出てくるような感じで、

心地良いリズムとメロディ、いろんな音に塗れて

あの年齢に達せなければ出せないものなのだろうなと

感じます。

まぁ、昔から自然体なイメージのある方だったと思いますけど。


若い頃の写真もあれば、いろんなアルバムの紹介もあり、

のんびり読むにはもってこいの本でした。

「50年代の音楽はあの世の音楽だ」

いろんな意味で深く沁みる言葉です。

ワタシには60年代の音楽もそう言えるような気がするけど、

いやいや、やはり50年代の音楽の方が・・・うん。


【HOSONO百景 (いつか夢に見た音の旅)細野晴臣 中矢俊一郎編・河出文庫】

b0247073_14500919.jpg

by opaphoto | 2018-07-07 15:00 | 本の雑記 | Comments(0)

ピーター・バラカン 音楽日記

今回の本は「ピーター・バラカン 音楽日記」です。

まず本のことを書く前に、

ワタシはピーター・バラカン氏にお会いしたことがあります(^_^)

もう大分前の話だけどドクター・ジョン&ネヴィル・ブラザーズの

ジョイント・コンサート会場でした。

そんな大きくないライブハウス的な場所で全員立ち見でしたね、

ワタシのすぐ近くにピーター・バラカン氏が居て、目が合ったので会釈したら

笑顔で返してくれました、まぁ~それだけなんですが(^_^;)

ワタシはピーター・バラカン氏の評論が好きだったので感動したもんです。


今回の本はそんなピーター・バラカン氏のあらゆるジャンルの音楽への造詣の深さを十二分に

感じられる内容でした。


【ピーター・バラカン 音楽日記 ・集英社インターナショナル】

b0247073_22334048.jpg


続きはこちらで〜す(^^)♪

by opaphoto | 2018-06-06 23:00 | 本の雑記 | Comments(4)

しゅりけん とうちゃん

これは見ての通り絵本です。

ただ他の絵本と違うのは・・・あの忌野清志郎さんが絵を描いてます。

それだけで買っちゃいました(^_^;)


内容は実にあっさりとしたものです(笑)

でも、ここに描かれた絵から発散されるパワーは

さすがだなぁ~と感じます。

これは確かに「ROCK」なのです。


ROCKは音楽じゃなく生き方なのです、

そしてその生き方の表現は多々あります。

そして、間違いなく忌野清志郎は「ROCK」だった!



【発行・岩崎書店、作・寿 金之輔、絵・忌野清志郎 】

b0247073_22470241.jpg


by opaphoto | 2018-05-15 23:00 | 本の雑記 | Comments(0)

「山の神さま・仏さま」

久しぶりに本の雑記です。

今回は・・・


「山の神さま・仏さま ー面白くてためになる山の神仏の話ー」   

・太田昭彦

・ヤマケイ新書



山と神仏に関する四方山話になってます。

読みやすくて、ちょっとしたトリビア的内容になってまして

楽しく読ませて頂きました。

神仏と山との関係に興味があればお薦めです(^_^)

 

山登りしていると良く目にすることがある石仏や小さな祠、

その大半はかなり朽ち果ててますが、

登山道の脇にひっそりとあるその存在感、

ついつい無意識に手を合わせたり、黙礼したりしています。


元々山頂は神が御座す神聖な場所なんですよね、

そこへ続く登山道は言うなれば参道みたいなものでしょう、

ある意味「登参道」なのかもなと思います。


日本の山々、その多くは山岳信仰の対象になってます、

そこは修験道の開祖、役行者の存在が大きいですね、

役行者はあのカッコいい蔵王権現を感得し

霊力さえ身につけたと言われる、まあ、天狗のような超人です、

本書ではそんな役行者を日本最初のアルピニストだと言ってます。

遠い遠い昔に各地の山々を歩き開山していった方ですからね、

そりゃもう間違いなくアルピニストです。





b0247073_22314902.jpg




続きはこちらで〜す(^_-)

by opaphoto | 2018-04-27 23:00 | 本の雑記 | Comments(0)

BRUTUS

この雑誌、久しぶりに買いましたよ(^_^)

・・・とは言え、2月の初めだったかな、一月前の話になりますが。

その内容がなんとあの山下達郎をほぼまるごと特集してたからです、

ただ本人と言うよりは25周年記念のラジオ番組の方なんですけどね。


毎週日曜日、午後2時から放送されているFM東京「山下達郎のサンデーソングブック」

その特集なのです、もう25周年になるんですね。

ワタシも毎週では無いけどタイミング合えば必ず聴いてる番組で、

あの達郎さんの語り口がね、なんともイイんですよねぇ~、

落語を好きな方の語り口というかね、味というかリズムがあります。


内容はかなり読み応えありました、内容は「読むラジオ」って感じで作られてます、

ファンならば永久保存ですね(^_^;)

ドゥーワップから始まり、その多岐にわたる音楽への造詣はさすがに深いですね。

今まで放送された中から厳選された放送を書き起こして編集されています。

もちろん楽曲の紹介もあるわけで

そこで取り上がる方々がそうそうたる方々なのですよね、これがまた。

紹介されている中で知ってる人や曲もあれば知らない人や曲もあり、

それがまた興味を抱かさせてくれます、

ひとつの曲をその作り手からレコーディングメンバーに至るまで

語り尽くせるなんてどんだけ音楽が好きやねん!って感じですね(^_^;)

今回ワタシも聴いてみたいなと思うアルバムがいくつもありましたから、

そういう楽しみを改めて頂いたわけです。




b0247073_23261990.jpg




続きはこちらです (^_^)♫

by opaphoto | 2018-03-02 23:00 | 本の雑記 | Comments(2)